上智、早稲田… そして京大でも?
 昨夜、息子から妻への携帯メール。
 「同じ研究室の人がはしか(麻疹)にかかったんでけど、僕って予防接種してる?」と。

 妻からのメールの返信。
 「2才8ヶ月の時にしている。 でも、抗体価が落ちているかもしれないから、熱があったりしたら病院に診てもらいなさい。」
 妻が言うには、「日本は予防接種後進国で、1回しか予防接種をしない。 外国では2回しているのに…」

 メールの返信を打つ前に、2階にある机の引出しから、「母子手帳」を取り出してきて確認していた。
 同じ引出しには、他に保育園の「お便り帳」とか、出産直後から3才くらいまで妻がつけていた「育児日誌」とかも。

 これらは、ちょうど今子育て中の娘の役に立っている。 春音の身体と心の発達と見くらべて、安心を得ているようだ。
 今回も自信をもって、「予防接種をしているよ」と言える役に立った。

 同じ引出しには、保育園・小学校低学年時代のお絵かき習字の作品なども。
 こちらは、将来何かの役に立つなど考えられないが、父親の私から見ても捨てるに忍びないものがある。
 ・・・いやもしかすると、将来2人の子どもたちが自分の才能がないのを、親からの遺伝と納得する役に立つかもしれない。
[PR]
by t_ichib | 2007-06-09 09:14 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
<< 早い! 久しぶり >>