佐渡ヶ島-1 6月12日
 前もって調べていた大垣より一つ先の駅、垂井から出発。 各駅停車で米原まで行き、そこで「しらさぎ」に乗換え。
 乗り込むと、乗客の皆さんが席を立って座席を動かしている。 そうだ、ここから列車の進行方向が変わる。
 大阪方面へと進行していた列車が、ホームを逆走するように富山方面へと走り出す。 登山列車のスイッチバックみたいに。

 見慣れた山の風景が過ぎ海が見える頃には、「たまには列車の旅もいいもんだな」と思いつつ、窓から目が離せない。

f0066555_1554058.jpg 家を出てから8時間あまり。 やっと佐渡・小木港に着く。
 直江津から乗り込んだ佐渡汽船のフェリー。 4,000トンもあるそうで、私達が降りた後も何台もの観光バス、乗用車を吐き出していた。
 便の時間帯で乗船客に多い、少ないがあるようで、行きはユッタリ、帰りは修学旅行?の小学生が何校も。 にぎやかでした。

f0066555_152864.jpg 小木港の静かな入り江のような所で、観光の「たらい船」と言うのをやっていた。

 途中で、客に漕がしてくれるが、まわりを見るとどの船も動けないか、同じ所をクルクル回っているだけ。
 九州の柳川下りで竿を任せられ、立ち往生したのを思い出した。

 女船頭さんに寄れば、実際にワカメ採りなどに使われているようで、とても頑丈に作られているようでした。
[PR]
by t_ichib | 2007-06-15 15:52 | 今日もまた旅の空
<< 佐渡ヶ島-2 6月13日 早い! >>