ハスとヒマワリ
 愛西市のヒマワリを見に行く。 車を停めるつもりでいた道の駅は満車だった。
 そのため、少し離れた所にある臨時駐車場に車を停める。 そこで思わぬもうけモノ。

f0066555_13344871.jpg ハス田に向う道にヒマワリが満開。
 ハス田に向う観光客が何人もカメラを構えている。
 岐阜にも休耕田を利用したひまわり畑があるが、それに比べ時期も早く、何より花が大きい。
 観光よりも栽培を目的に作られているような気がする。

 ちょうどこの日、帰ってからテレビでウクライナのヒマワリの話題を目にした。
 ウクライナのヒマワリは、まだ東西冷戦時代にソフィアローレン主演の「ひまわり」の撮影の場にもなり、とても有名だそうだ。
 そして今、ウクライナ政府はバイオ燃料として利用する為、ヒマワリの栽培に力を注いでいるそうだが、今年は天候不順なため思うように育たず、2度、3度とタネを蒔きなおしているいるという話題。

f0066555_13534498.jpg さて、目的のハス田。
 木曽川下流の愛西市は大半が海抜0m地帯。
 見るからに水はけが悪そうな泥田には、レンコンの栽培が適しているのかもしれない。
 周囲にはこの花バスいがいにも、レンコン畑が広がっている。
 そちらの方は花の時期が遅いのか、緑の葉の間に白い花が時折ちらりと見える程度。

f0066555_14114633.jpg ハスは花が開き始めところが、もっとも形もよく美しいと思う。
 私達が来た頃には、かなり開ききった花が多く、もっと早く来るべきだったか。
 朝花が開き、夕方閉じるというが、一度それを見てみたいとも思う。

f0066555_14115967.jpg 何年も前、初めて花びらが散った後のこの形を見て、ビックリした。
 「ジョーロの先みたい…」と。 でも本当はたとえるなら、蜂の巣。 (ネットで調べてみたら)
 特にタネが抜け落ちた後はと書いてあった。
 そしてヒマワリ同様、種子も食用になるらしい。
[PR]
by t_ichib | 2007-07-10 14:42 | 今日もまた留守にしています
<< あ~あ 会いたくなったら >>