かっぱ?
 12日から昨日のお昼まで、毎年と同じように妻の実家に出かけていた。
 ただ今年は、水遊びが大好きな孫、春音に海を見せてやりたいと言うのが、妻のたっての希望。


 春音のお父さんは、再び春先と同じで納期に迫られた仕事を抱えており、このお盆の時期休みが取れない。 (わが息子も、今インターンシップで夏休みはないが)
 彼の方の実家からも、「お盆は何時帰ってくるの?」と、孫の顔見たさの催促の電話。 「ごめん、9月には行くから」と。

 で、私たち夫婦と娘と春音の親子が妻の実家へ。 と言うよりその先の、伊良子の海へ。
f0066555_1344392.jpg この伊良子岬へは、子供たちが小さかった頃、毎年のように連れて行った所。
 それも、息子が中学生になるまでのこと。 実に15年ぶりくらい。
 その後、子供に遊んでもらえなくなった私たちにとって、泳ぐことも15年ぶり。

 始め、私達が浮き輪から手を話すと怖がっていたのが、すぐに慣れてこのとおり。
 「きゃっ、きゃっ」とはしゃぐ声が、砂浜にまで聞こえてきて、ここまで連れてきて良かったと、報われる思い。

 まだまだ、泳ぎたいと言う春音を無理やり連れて帰った翌日、今度は豊橋の路面電車に乗ることに。
f0066555_13202196.jpg これも今の春音より、もう少し大きくなった息子がすごく喜んだ。
 全区間150円。 その終点で、電車を降りるところ。 左側が妻、手をつないでいるのが妻の姉。

 もう1枚撮ろうとしてモタモタしていると、運転手さんから「早く降りてください」と声。
 終点なので、急いで電車を車庫に入れなければならない。 「ゴメンナサイ」

 その日のお昼は、これまた例年通り兄弟たち揃っての会食。
 この日の主役は、6月に結婚したばかりの女の子。 私達の孫の世代、つまり春音のハトコにあたる。
 そのハトコを向うに回して、もう一方の主役だったかな?
[PR]
by t_ichib | 2007-08-16 13:39 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
<< つかの間の涼 希望をいえるなら、バイオ燃料に >>