突然ですが、ジジ馬鹿
 スイスの旅行の記録も後3日分残っているが、何があったか思い出しながらなので、すごく遅い。 たくさん撮った写真を見ながら、思い出しているが…
 実は、何の写真だったのか、思い出すのに苦労もしている。 そして記事にした後、「あっ、書き洩らした」と思うこともたくさん。

 たとえば、24日の「ツール ド モンブラン」。 旅行から帰って調べたのだが、完走するのに、トップランナーで20時間、大半の人は40~50時間とあった。
 夕方6時出走、標高1,000mを超える地での昼夜を徹してのレースなので、私達が町で出会ったランナーたちのいでたちも、それなりの服装。 手にストックのような物を持ち、背中にきっと防寒着を入れたナップザックを背負っていた。


 旅行中、海外から3度携帯メールを娘、息子に送ったが、娘からの返信には
  「テレビで線香花火をしているのを見て、春音が『○○ちゃん(私のこと)と
  やった』と言いました」

と、あった。 「よく覚えているなぁ」と、旅行先でのジジ馬鹿。

 金曜日、娘へのお土産(賞味期限もあり)を持って行くことにした。 その日、春音のお父さんが、飲み会(お盆休み返上で取り組んだ仕事が完了)で、「帰宅がすごく遅くなる」と、逆に母子がわが家に泊ることに。

f0066555_1054549.jpg ずいぶん大きくなり、収穫が楽しみなリンゴと一緒に記念写真。
 朝早くなので、表情が今ひとつにこやかでないのが残念。

 保育園では、字の読めない2才児のために、動物や乗り物のシールで持ち物や机を区別させている。
 春音のシールは「クマ」。 今、着ているT-シャツはクマなので、お気に入り。

 一方、息子へのお土産は腐る心配のないもの。 千葉での「インターンシップ」も8月31日で終了、「夜行バスで帰るので、家には寄らない」と。 まぁ、いいか。

 息子がやっていた「鳥人間」サークル。 そのコンテストが9月6日(木)、読売テレビ系で放映される。
 主力は3年生だが、手薄なのでOBになった4年生、大学院生も応援に駆けつける。
 息子が3年生の時は2,000mを越え、5位だった。 今年はそれより少し記録は劣るが、強豪チームの思わぬ不振で、なんと3位になったとか。
 一瞬でも、豆粒のようにでも「息子が写ってないか」と見てみるつもり。
[PR]
by t_ichib | 2007-09-02 11:23 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
<< シヨンの虜囚って スイス⑥ えっ、フランスなの スイス⑤ >>