羽島東別院のフジ
 わが家から車でわずか3~40分の所にある羽島の東別院。 その樹齢300年と言われる見事なフジを、このところ何度か新聞・テレビで目にする。
 近いのにもかかわらず、数年前に一度出かけたことがあるきり。

 場所をうろ覚えだったが、近くまで行くと以前にも市役所の駐車場に車を停めたことを思い出す。
 この時期、フジを見に訪れる観光客に駐車場を開放してくれている。 東別院の近くは道が狭いので、路上駐車などの迷惑を避けるためだろう。

 市役所から東別院までは少し歩かなければならない。 それを苦痛に感じさせない配慮なのか、周辺の観光名所をめぐる「ウォークラリー」も開催されている。
 5ヶ所以上のスタンプを集めると粗品が貰える。


f0066555_984779.jpg 各地のフジの名所の多くは何本もの木で藤棚を作り、そこを散策できるようになっているが、ここでは1本の巨木が見事な房をつけている。

 これだけの大きな木なので、昔は暑い夏の頃には涼しい木陰で人々が憩いのひと時を過ごしたのかも知れない。
 現在は岐阜県の天然記念物になっており、その根元には立ち入れないようになっているが。


f0066555_9263045.jpg フジを眺めながら、ノンビリとお茶を飲んだりしている観光客に目もくれず、忙しく立ち働く何匹もの蜂がいる。

 一つ一つの花は小さいけれど、たくさんの花が蜂たちに十分な蜜を提供している。
 人間達にも甘~い香りのおすそ分けがあるが。


 東別院からの帰り道は、境内の案内所で地図を貰い観光名所のいくつかを回る。 以前に来た時は5つ以上回り粗品を頂いたが、今回は2、3ヶ所のみ。


 竹鼻のフジまつりは5月5日まで。 3日には豪華な山車の曳き揃えもある。
[PR]
by t_ichib | 2008-04-30 22:44 | 今日もまた留守にしています
<< ナンジャモンジャ 赤坂お茶屋敷のボタン >>