わがまま
 その昔のこと、(妻の言によれば)わが家の娘は

   1  幼い頃デブだった弟に、寝ている所を踏んづけられて、涙を出した。
   2  それでも、母から「小さくて分からないだから…」と言われ、ぐっとガマン。
   3  ガマンできない時、そして甘えたいのに母を取られたように感じた時など、
     見つからないよう、よちよち歩きの弟の前に足を出して転ばせた。 (8才も年上なのに…)


 でもその弟は、ず~っと一人っ子だった娘が「どうして妹とか弟とかいないの?」とポロっと涙を出した結果生まれた。 だから、本当は大の仲良し。

 その娘の子供の春音は、今はちょっと母が妹のことばかりなのが不満。 あわせて3才というのは、(これも妻の言によれば)第1反抗期。
 そんな訳で、超わがままだったり、ちょっとしたことで泣き出したりと、私たちを手こずらせます。
 普段は、食事時に箸やお茶碗を並べたり、庭の花に水やりをしてくれたり、お手伝いできることがすごく楽しい、いい子なんですが…


f0066555_23113028.jpg で、少しでも娘が楽できるように、私たちで外へ連れて行きます。
 妻に買ってもらったばかりの砂遊びセット。 バケツやジョウロはお風呂にまで持ち込むほど、お気に入りです。

 こんなに楽しそうにしているのに、夜寝る時は「お母さんと」でなきゃダメなのは、やはりジジババの限界。


 一方の彩乃。 眠っている顔などを眺め、ず~っと飽きません。 赤ちゃんって何もしなくても大スターなんだと思います。 特にわが孫だと。
[PR]
by t_ichib | 2008-05-24 22:59 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
<< あと少しの間 あやの(彩乃)です! >>