日本の味は
 関西空港には13:10に着いた。 行きは約13時間、帰りが約11時間と2時間も早く着くのは、偏西風のおかげなんだろうか。


 中部国際空港からは直行便がないため、関空を利用となり、「面倒~」と思っていたが、一つだけ「ふーん」と認識を新たにすることが。
 バスで名古屋駅まで帰る途中の小休止のドライブイン。 皆さんほとんどの方が、うどんを召し上がっていた。
 なんともたわいもないことだが、日本の味に飢えていらしたんだと、妙に感心してしまった。


 お米はエジプトでも、トルコでも食べられた。 毎日ではなかったが。
 ただし、エジプトのご飯はバターライス風で油っぽい。 トルコでは、普通のふっくらご飯が出た。 そのせいだけではなく、私にはトルコの食事の方が合っていたと思う。


 海外の食事がどうしても合わない時、「せめてカップラーメンでも…」と思っても、ホテルに湯沸かし器など備え付けられていない。
 旅馴れた添乗員さんは、携帯できる湯沸かし器を強く勧めていた。
 持参したコーヒーが何の役にも立たなかったので、次回は…と思っている。


 エジプトでも、トルコでも遺跡や文化遺産がギリシャの物、ローマの物、エジプトの物…と、説明を受けてもごっちゃになってしまう。
 また、例えばギリシャとトルコはキュプロス紛争という火種を抱え、仲が良くない。 そんなことも知っておいた方がいいのかもしれない。

 もうチョットだけ予習しておけば、もうチョットだけ楽しめたかもしれない。 いや、訪問する国への礼儀かもしれない。

 旅行会社さんに頼り切ってしまうんでなく、チョットだけ努力すれば…と。

 以上で、13日間の旅行が本当に終わった。
[PR]
by t_ichib | 2008-07-18 00:14 | 今日もまた旅の空
<< リンゴ、大きくなりました 年をとれば、筋肉痛はもう1日後に… >>