兄弟会旅行① めちゃくちゃ強行軍
 前回の妻の兄弟たちとの旅行の帰り道、早くも「次回は山口の秋芳洞に行きたい」との話になる。
 そして、「じゃあ、新幹線?」「いやぁ、道中賑やかに行きたいし…」などと喧々諤々。
 「新幹線だと高くなるし…」「レンタカー1台で行けば、安く賑やかで楽しい」と話はまとまる。

 「安さ」は何よりも魅力、「じゃあ、高速代を深夜料金で節約しよう」と、ますますセコイ。

 9月には、妻の妹から大まかな日程表が届く。 夜11:30豊橋を出発、私たちは1:00頃養老サービスエリアで拾ってもらう予定。
 音羽蒲郡ICから美祢ICまで670Km。

 運転はその妹さんのご主人。 元プロのドライバーなので、自然とそうなってしまうのがお気の毒。 大きな車の運転には不慣れな私は、高速道路の一部のみを代って運転。


 最後のインター手前のサービスエリアで朝食を摂り、そこからは再び運転を譲り秋芳洞へ着いたのは朝の10時。

f0066555_2362267.jpg 鍾乳洞に入る前に秋吉台を眺めながら、思いっきり体を伸ばす。 いやぁ、実に強行軍だった。

 チョット道に迷ったせいで、鍾乳洞へは黒谷口から入る。 以前は正門?の方から入り、エレベータの所で出てしまったので、前回見ていなかった所も見ることができた。

 観光地に2度目に訪れる時は、いつも「あれっ、こんなんだったっけ?」と記憶のあやふやさに呆れることになるが、今回も「もっと広いと思っていた…」と。


f0066555_2322301.jpg 鍾乳洞を出た入口。
 「ああ、確かにこんな風だった」と記憶が甦る。
 が、橋の所には「平成16年」に築かれたとの文字が…、記憶なんてこんなものと、再び。

 上からは鍾乳石、下からは石筍が伸び、今にもつながりそうな所での説明。 1cm伸びるのに、400年。
 「そんなには待っておられない」などと冗談を言いながら、イタズラで折られたりしないことを願う。



f0066555_23342211.jpg 昼食は山口ザビエル聖堂の近くのレストラン。
 昼食を摂って、そのザビエル聖堂に。

 坂道を登ってくる間も、何度か鳴らされていた鐘。
 その鐘を鳴らしてみた他のグループの女性が、想像していたより大きな音に驚いていた。
 でも、きれいな心が休まるような響きでしたよ。


f0066555_23512040.jpg 1日目の最後は瑠璃光寺の五重の塔。

 五重塔は室町時代に建てられ、国宝。
 同じく室町時代にあった香積寺が、萩に移され跡地に瑠璃光寺が建てられた。 塔の方が寺より50年ほど古いことになる。

 ここにある「うぐいす張りの石畳」と言うのが面白かった。
 名前の通り石畳が動くのではなく、強く足踏みをしたり手を叩いたりすると、その音がきれいに反響する。


 今日の宿は湯野温泉。 湯に浸かり、強行軍だったせいで9時にはグッスリ。
[PR]
by t_ichib | 2008-11-08 22:30 | 今日もまた旅の空
<< 兄弟会旅行② 少し厳かな気持ちに 収穫 >>