山陰旅行⑧ 最終日の朝は
 11月20日(木) 帝釈峡-尾道・千光寺公園-自宅

f0066555_8295565.jpg 翌朝の駐車場のようすです。
 実際には私たちが宿に着いた頃がピークで、1時間ほど遅く着いた修学旅行の小学生達のバスには、あまり雪が積もってなかった。

 昨日、到着後すぐに入った露天風呂は雪がチラチラしていて、風情を感じられたが。

f0066555_855386.jpg 道の雪が、そして車の雪が溶けるのを待って、出発はチェックアウトぎりぎりの10時にして、宿の周りを散策。

 神龍湖は紅葉ではなく、冬景色。

 散策の後は朝風呂で体を温めてから出発。


f0066555_91494.jpg 10時を過ぎていたせいか、神龍湖の船着場周辺の散策路には雪はほとんど残っていない。

 奥のほうに見える橋は神龍橋。

 上帝釈方面は前日に行った(一部)ので、湖を1周。 ゆっくり歩いて1時間ほどだった。


 後は尾道を目指して南下。 カーナビが教えてくれた道は県道〇〇号線、国道だとずいぶん回り道に思えるし… えぃっと。
 はじめの2~30分は良かったのに、だんだんとなんだか淋しい山道に。 カーナビ頼りのドライブ旅行だと、毎回1度はこんな道を走る。

 それにしても、ドンドン山道を下る。 どこまで行っても下り坂、改めて帝釈峡が高地にあったと実感。


f0066555_9505816.jpg 尾道の千光寺公園からしまなみ海道を見下ろす。

 ここでようやく遅めの昼食。 レストランからの眺望も良かった。
 それにしても雲が多いものの、今朝の帝釈峡の雪が信じられないくらいの暖かさ。


 この眺めが今回の旅行の最後の観光。 後はノンビリと高速を走るのみ。
[PR]
by t_ichib | 2008-11-27 10:06 | 今日もまた旅の空
<< せめて暖かい年末を… 山陰旅行⑦ 晴れ女、最大のピンチ >>