あやうく
 すんでのところで、なりすまし詐欺に引っ掛かるところだった。 ひと頃、連日のように報道され注意を呼びかけられていたのに、世の親ばかを信じさせる詐欺の手口は、ドンドン進化していると思った。 家内が電話を受けたのだが、電話の向こうの声を息子と信じきっていた。

 8割かた信じかけた妻も、「もしやオレオレ…」と疑いがぬぐえず、念のために携帯に電話すると、息子の呑気な声が…。 良かった

 それにしても、周到な準備をしている。 どうして調べたのか、うす気味が悪くなるが、息子の名前、息子の携帯番号、こちらの自宅電話番号等を調べている。
 こちらから確認を取りにくくするため、なりすましの息子に「携帯を落とした」と言わせ、そしてホントの息子の携帯には、その時間帯に何件ものイタズラ電話がかかっていたそうだ。 そのイタズラ電話のちょっとの間隙に、こちらからの電話がつながったのは、本当に運が良かった。

 悔しいのは、警察に連絡をとっても何もしてくれないことだ。(事例として、注意を呼びかけることはしてくれる) 犯罪グループが使っているのが携帯電話なので、難しいそうだ。(せめて、彼らが使った携帯番号を使えないようにして欲しい)
[PR]
by t_ichib | 2006-02-27 17:56 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
<< 春音、1才の誕生日おめでとう 岐阜百年公園へ >>