2014年 05月 02日 ( 1 )
花三昧の一日
 大型連休のさ中、翌日から妻の実家へ行く予定しかないこの日、「花でも見に行こうか」と。


f0066555_206457.jpg 【赤坂御茶屋式のボタン】

 最初はごくご近所といっていいくらいの近さの赤坂に。
 今年は暖かだったせいか、予想に反しボタンは終わりに近い。

 その中でこの黄色はちょうど見ごろ。


f0066555_20154553.jpg といっても、出遅れて咲いた花などは、ちょっと遠目にカメラで撮った分には、けっこう鮮やかに見える。

 白や赤、中でも花びらの先端がぎざぎざになって尖った白い花を見つけ、「ちょっと変わった形なのに、今まで気づかなかったな」と。


f0066555_20412851.jpg 【赤坂スポーツ公園のフジ】

 お茶屋敷からは車で10分ほど。

 フジもやはり遅すぎたようで、シーズンの盛りには観光バスが止まっているほどだが、今日はそのような雰囲気ではない。
 それでも朝早く来た私たちが帰るころには、駐車場はいっぱいになっていた。


f0066555_20484425.jpg スポーツ公園の名のとおり、写真に写るグランドやテニスコートなどを取り囲むように藤棚が設置されている。

 フジ棚の下の通路はウォーキングをする人たちが、ダラダラ歩きの私たちをさっそうと追い抜いていく。

 グラウンドゴルフやゲートボールを楽しむ人たちが、競技の準備に余念がない。


f0066555_20581024.jpg 【花フェスタ記念公園】

 次は同じ岐阜県でも、西と東に離れた可児市の「花フェスタ」まで。

 ここは何をおいてもバラなのだが、その時期にはまだ2週間ほど早い。
 早咲きのものがかろうじて、一つ二つ。


f0066555_2175571.jpg 当初からバラはまだだろうと思っていたが、他にも花は咲いているだろうと。
 オオテマリやハナミズキなどの木の花も。

 そして芝桜の花も。
 この場所は、愛知万博が開催されたころには、いくつかの小中学校など「花壇コンクール」が催された場所。

 ここ数年はちょっとさびしい場所。 芝桜も天敵のスギナに侵食されている。


f0066555_21165644.jpg ポピーの花はもう少し後のほうが、盛りになるのだろうが、明るい花の色は心も明るくしてくれる。

 もう少し先になれば、赤一色の土手に青い花なども咲き始め、もっと目に鮮やかな印象を与えることだろう。


f0066555_21294523.jpg 今日、花フェスタ記念公園で一番期待していたのは、ハンカチの木

 ポピーの咲く土手の上に、ズラリとハンカチの木が並び、ちょうど花の時期。

f0066555_21321461.jpg 花だけを近くで撮ったもの。

 中国原産の木で、白い2枚の苞葉(花びらとは違うのか?)が、確かにハンカチを思わせる。
 「幽霊の木」とも呼ばれるそうだが、(納得できるものの)広まってほしくない名。


f0066555_215614.jpg 最後はちょっと懐かしい花。

 2年前だったか、北海道とりわけ礼文島でよく見かけたオダマキの花。

 礼文島では珍しい赤のオダマキを見たが、さすがにここでは青と白のみ。
 青の先に一点白い部分のあるのが、オダマキらしい。
[PR]
by t_ichib | 2014-05-02 19:54 | 今日もまた留守にしています