2014年 11月 07日 ( 1 )
南アフリカ旅行① いつもながらの長い旅
 このところ、ブログへの投稿は旅行記ばかりとなってしまっている。
 もっともっと「日常のことを」と思いつつも、パソコンに向かうのが億劫になっている。

 せめて「楽しんできた旅行の後だけでも」と、自分にプレッシャーをかけて、数ヶ月ぶりのブログに。


 中部空港に集合し、添乗員に「今回の参加人数は?」と聞いたところ、「今お集まりの7名です」と。
 たしかこのツアーは「最少催行人数が15名」だったはず。

 「えっ」と絶句した後、「エボラ出血熱の関係で、キャンセルが...」と納得。


 今回の旅は、香港で乗り継ぎヨハネスブルグ、更にケープタウンに向かう。 その後ふたたび、ケープタウンからザンビア・ジンバブエ・ボツアナで、ビクトリアの滝や野生動物を目にする。

 ガイドの説明によると、以前はこの逆に回るのが普通だったが、南アフリカ政府がザンビア方面などから入国する場合には、「黄熱病の予防接種」を必要としたため、コースが逆になった。



f0066555_2171546.jpg 香港からは、南アフリカ航空の飛行機に乗り換える。

 香港までが3時間半、ここからヨハネスブルグまでは13時間半、さらにケープタウンまでが2時間。
 適当にうつらうつらしながらも、文庫本を2冊読了。 実に長い。


f0066555_2117474.jpg ケープタウン空港では、気の早いクリスマスツリーに出迎えられる。

 南半球では季節は初夏、ちょっと不思議な気のするクリスマス。 ・・・かな?

 実際にはヨハネスブルグ着が翌日の朝、ケープタウンは翌日の昼になっていた。

 さっそく2日目の観光に出発。
[PR]
by t_ichib | 2014-11-07 20:04 | 今日もまた旅の空