カテゴリ:今日もまたジジ馬鹿・親ばか( 119 )
ホタル
 春音はやはり手足口病だったよう。
 「まぁ、小さいうちに済ませておいた方がいいかも」と思っていたが、(免疫はあるらしいが)手足口病のウィルスは何種類もあり、違う種類の型には何度も罹る可能性はあるとのこと。

 口の中がしみるのか、硬いもの、味の濃いもの等を嫌がるが、今日は昨日より食欲もあり元気。
f0066555_22194330.jpg 水遊びが好きで、たらいの中に自分から入り込む。 とても、病気で保育園を休んでいる子には思えない。

 《今日のイタズラ》 ジジが大切に育てていたサニーレタスの苗を引っこ抜きました。

 春音が家に来ている2日間、娘も臨時の里帰り。 今日はその2日目、風呂上りに皆で近くのホタルを見に行く。
 本当にいるかと心配したが、幸い5~6匹光っているのを見つけた。
 毎年毎年少なくなっていくが、せめて春音の記憶に残る年令まで(本当はもっとその先まで)持ちこたえて欲しい。
[PR]
by t_ichib | 2006-06-21 22:42 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
手足口病
 午前中、ちょうど外出から戻った時に、娘から電話。 「保育園から、春音が手足口病らしいから…」と電話が入る。 さっそく、娘に代わって保育園に迎えに行く。
 保母さんのお話では、「先週、園で手足口病が流行り、春音ちゃんのお尻に発疹があるので…」とのこと。
 元看護婦の妻によれば、「手足や口に異常はないし、熱もないし」と、可能性は低いのかも。
f0066555_22502389.jpg 保母さんも「違うのかもしれないけど」と申し訳なさそうにおっしゃるが、妻は「(孫とすごせるので)うれしいです」と引き取ってきた。
 家に着いても、元気イッパイ。 芝生に出て遊ぶ。
 《新しい発見》 今まで、我家の階段をハイハイの要領で登っていたが、今日は階段の壁に手をつき、立ったままで2、3段登った。 ジジは(落ちたら怖いので)ハラハラ。
 娘夫婦のマンションには階段がないので、たまたま我家に来た時に、いきなりできてしまう。 子供の成長はスゴイ。

 夕方、かかりつけの小児科に連れて行く。 我家から45分の車の中で、お昼寝をしたせいか、38℃くらいの発熱があり、「木曜まで休ませてください」という診断。
 火、水曜は我家で預かることになり、妻は(私も)内心喜んでいる。
[PR]
by t_ichib | 2006-06-19 23:10 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
今日は何の日
 今日出かける車の中で、突然妻が「ウチは子供の教育を間違えた」と言い出す。 何のことかと思ったら、母の日も父の日もメール一つよこさない子供に怒っている。
 4/30のブログにも書いたが、娘からノートパソコンをもらっている。 「あれは、お礼と誕生祝、父の日母の日、全部をかねていると思うからいいけど…」と、矛先はもっぱら息子の方へ。

 息子よ、2年ほど前1日遅れで、母の日のお祝いメールが届いた時、

☆☆☆☆キャー☆☆☆☆

と、これくらいは喜んでいたんだから。

 とはいえ私も学生時代、そういう心遣いをしたことはない。 言い訳になるが、その頃はインターネットやメールもなかったし、両親の家には電話も引かれていなかった。

 2、3日前、その息子から電話がかかっていた。 「8月始めに院試がある」から、夏休み帰省はその後、あわせて受験費用を送ってほしいとのこと。
 お金が必要なのに、電話があったことで喜んでいた。 どこの母もきっとそうなんだ。
[PR]
by t_ichib | 2006-06-18 17:39 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
未来のネットサーファー?
 四国旅行から帰って、いつ春音の所へお土産を持って行こうかと考えている間もなく、娘から電話。 「土曜日(3日)、春音を預かって」と。
 娘の誕生日が5月末、そのお祝いに夫婦でランチを食べに行きたいとのこと。 実際には前日の夕方、春音を保育所まで迎えに行き、娘が会社から我家に、1晩の里帰り。
 こんなことも春音いのちのジジババだからできること。
f0066555_2163771.jpg 2週間ぶりに会う春音は、ずいぶんお姉ちゃんになった(ような気がする。) 口を開くと、上下2本ずつの歯が見えるせいか。 お父さんに言わせると、「いたずらっ子ぽく」見えるそうだ。
 ナルシストの春音は、自分の写真が壁紙になっているパソコンが大好き。 ピカピカ光るマウスもお気に入り。
 10時半過ぎ、大好きなお父さんが家に来ると、さっそくダッコの要求。 お昼前、お父さんとお母さんが、車でお出かけしても泣かずにいられる。(これはジジババの自慢)
 1時間ちょっとお昼寝して、夕方前には岐阜の家に帰って行った。
[PR]
by t_ichib | 2006-06-03 21:26 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
ポリオ
 しばらく前に頼まれていたので、会社勤めの両親に代わって、私たちで春音を保健センターに連れて行った。 予防接種(とばっかり思い込んで、泣かれるんじゃないかと心配していた)ではなく、ポリオだった。(妻はチャンと知っていたが)
 会場の市橋保健センターの近くまで来ると、渋滞で車が動かない。 これ全部が保健センターに向かう車? 雨の中、少し手前のお店の駐車場などで車を止め、赤ちゃんを抱きかかえて急ぐお母さん達もいる。 少子化といわれていても、岐阜市などの都会では赤ちゃんの数も多いんだな。

 娘のマンションに戻り、パパママの帰宅を待つ。 我家でも読み聞かせていた絵本を次々に持ってきたり、お気に入りのボールやおもちゃを見せに来たりする。 我家の居た時とは違う一面を見る。(成長したのかな)
 来週早々に旅行に出かけるので、次に会えるのは半月くらい先。 また成長した春音を見られるのかな。
[PR]
by t_ichib | 2006-05-19 21:15 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
豊橋動物園にて
 前日8時過ぎには家を出て、岐阜に寄って娘と春音を車に乗せ、豊橋へむかう。 恐るべし連休の高速道路、渋滞に巻き込まれついたのは12時半を過ぎていた。 その夜は兄弟たちとの会食。 先日の寸又峡の写真ができあがり、それに加えて子供の頃の写真を持ってきたりして、大いに盛り上がった。 出席した孫のうち最年長は20歳、おばあちゃんが私くらいのときの写真。 始めて見た、オドロキ…。
f0066555_14541131.jpg 翌日は、豊橋動物園へ。 今万博に展示されていたマンモスが、動物園の中の博物館に展示されている。
 マンモスを一目見ようと言う人、その上今日はこどもの日、開園の30分も前に着いたのに、駐車場に入る長い車の列。 大人はマンモスを見たいのだが、春音にとってはその人ごみはヒジョーに迷惑な話。 マンモスはもちろん撮影禁止、常設の恐竜の骨組みの前で1枚。
 「アー疲れた、それにしても目の前のコノ変なものはなんだろう」って言っているように見える。
 さてお目当ての動物園。 最初に向かったのはふれあい広場、小さな子供達がウサギやヒツジ、モルモットなどに触れることができます。
f0066555_1514613.jpg 膝に乗せたモルモットがピクピクッと動くたび、「これはナニ」って驚いたり、フェンスの外側から、妻が「春音ちゃーん」と声をかけるたび、気をとられたりしながらの1枚です。
 その後は動物園を一回り、鳥やゾウ、カンガルーなどが気に入ったようで、「アー」とか声を出しながら指差していました。
 帰りの高速道路はさしたる渋滞も無く、車の中で一眠りした春音は、2日間お留守番だったパパにご機嫌で抱きついていました。
 これで、2ヶ月の託児所+オマケの春音との毎日は、ようやく終りです。 これからはチョット見ない間の成長ぶりを楽しみに、会えるの待つことにします。
[PR]
by t_ichib | 2006-05-05 22:42 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
連休の京都へ
 京都で学生生活を送る息子の下宿へは、夏物と冬物の入れ替えのため、年2回は出かけることになっている。 息子のほうも夏休みと正月休みの年2回、我が家に2~3日づつ帰省する。
 月々の仕送り以外に、妻は顔を合わすたびいくらかの小遣いをわたしている。 出かけていくのを邪魔扱いされないため、そしてたまには家に帰って来いよという(親ばかの)深謀遠慮のようだ。
 今回は、電気釜が壊れたので新しいものを買ってやることにしていた。 古い電気釜は8歳上の娘が6年間の学生生活で使ったもので、延々9年間の使用に耐えた。 ところが京都へ向かう前日、少し小さいが誰かからの頂き物で、おかゆも炊ける電気釜というのが我が家にあるのを見つけそれを持っていった。 念のためお店ものぞいたが、いいものだと2万円近くする。 「少し小さいけど、これを使ってみる」と買わずに帰る。 少しは親の懐具合を心配する、いい息子に成長してきたか?
 今回は連休中でもあり、京都の観光はなし。 それでも帰り道は予想外に渋滞し、家に着いたのは7時近く。 明日から1泊で豊橋に出かけるが、早め早めを心がけないと…。
[PR]
by t_ichib | 2006-05-03 23:10 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
ようやく託児所の終了
 昨日春音の長い託児所生活の終わりに、感謝のしるしとして娘夫婦から食事の招待を受けた。 実はそれ以外にお礼+誕生祝(私たち夫婦は二人とも4月生まれ)で、ノートパソコン(娘の夫の社内販売)を買ってもらった。 この投稿はそのノートで。 その前日から娘と春音は我が家で最後(?)のお泊り。 こちらを出発する直前まで買い物などをしていたものだから、先にお店についていたパパはやきもきして待つことに…。
 お店は金華橋近くの長良川に面しており、早く予約したおかげで、川に面した2階の個室に落ち着くことができた。 当然春音の食事は取ってなかったのだが、お店のサービスでスープと最後にアイスクリームが用意された。
 大人たちにはいいのだが、ゆったりとした2時間半の食事時間は春音には退屈だったのか、部屋中を歩き回り、ついには廊下の向こうの隣の部屋(お互いの部屋の入り口はついたてが有るだけ)にまで…。 幸いお隣は女性ばかりのグループで、9ヶ月の男の子がおり、その子も春音が近づくと声をたてて喜んでいた。 もちろん、春音もその子が見たくて隣の部屋をのぞくのだが。
 子供同士の良さはこんな風にお互いに興味を持つというところか。 5月1日から始まる保育所もこんな風に、楽しいといいのだが。
 連休中に、家内の兄弟たちと豊橋で食事会がある。 その時に娘も春音を連れて一緒に行きたいと言う。。 その後は(保育所でのトラブルがなければ)しばらく会えないことになる。 春音に忘れられないよう、1ヶ月に1度くらいは会えるといいのだが。
[PR]
by t_ichib | 2006-04-30 22:31 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
臨時託児所もあとわずか
f0066555_22393475.jpg 娘の職場復帰後、5月入所の保育所へ入るまでの我家での託児所もあとわずか。 今日で春音は1才2ヶ月。 その間に随分成長した。
 言葉こそまだでないが、私たちの言うことは理解できる。 絵本の「ボールはどこへ行ったかな…」という文を読んでいた時、私の手をとってココって言うように指差し、得意そうにする。
f0066555_22555672.jpg 岐阜市内のマンション・保育所では、なかなか味わえない自然のよさをと、我家の目の前のレンゲ畑での写真を撮った。
 が、同じ自然でもこちらのドロ遊びの方がお気に入りらしく、表情もまるで違う。 写真では分からないが、「キャーッ」という歓声を上げて喜んでいた。
 少し寂しくなるが、早く保育所になれてほしいと思う。 今までは両親をはじめ大人たちとだけの生活。 同じ年齢の子供達との生活で、また新たな成長をすることだろう。
[PR]
by t_ichib | 2006-04-27 23:06 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
ジジ馬鹿・親ばかは?
 しばらく、春音のことを書いていないので。

 4月4日
f0066555_856542.jpg 水門川の桜を見に行った時の写真。 桜への関心はほとんど無く、川の中を泳ぐ大きな鯉に対してもイマイチ。
 でも、この鳩については興味を惹かれたらしく身を乗り出しています。 沢山の鳩が一斉にバタバタと飛び立った時はチョットびっくり。

 4月6日
f0066555_993767.jpg 彦根城に出かけた。 この時は「ダッコ」「オンブ」と甘えてばかりだった。 写真は彦根城のお堀の白鳥とのご対面。 よく見ると、両手を背中の後ろに羽根のように伸ばしています。 白鳥のしぐさを真似ているのではなく、夢中になった時よくやる姿勢です。 けっこう長い間じっと見つめていました。

 4月10日
f0066555_9282341.jpg 満開の頃再び水門川の桜を見に行きました。
 近所の飼い猫なのか、人なつっこい猫がいました。 この猫(特にしっぽ)に興味を持ち、手で触ろうとしています。 もう1匹黒い猫がいましたが、こちらには逃げられました。 すぐ触ろうとするんで、子供が苦手なのかな。
 春音はまだ、城とか花とかより、動物の方に興味があるようです。

 一方息子は
 心配していたが、無事4回生に進級できたと連絡があった。 この後は、夏休み明けくらいに大学院の入試が有るとのこと。 またまた心配…。
 でも、元気にやっているよう。
[PR]
by t_ichib | 2006-04-11 09:43 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか