カテゴリ:今日もまた留守にしています( 118 )
霧が峰ガイドウォーク
 昨年8月の後半に出かけた霧が峰に、「少し違う季節の花を見たい」と、急に思い立って出かけた。
 梅雨の時期なので、天気予報とにらめっこ。 昨年は1泊したが、今年は日帰り。 5時半起床、空模様を見て6時半には出発。

f0066555_10495754.jpg 最初は八島湿原。 昨年見たおなじみのシシウドやハクサンフウロの名を思い出す。
 マツムシソウ、ツリガネニンジン、ヤナギランなどはさすがに8月になってからのようだ。

 湿原を一回りした後、入口の所の掲示で花の名を確認していると、横からパークボランティアの方が、気さくに花の名前を教えてくださる。
 その一つ、キバナノヤマオダマキ

f0066555_10574576.jpg 今回是非見たいと思っていたのが、ニッコウキスゲの大群落。
 霧が峰自然保護センターで場所を聞き、車山肩へ。
 駐車場は満杯。 歩いて15分くらい離れた駐車場に停めることに。
 散策路はバスツアー、マイカーの観光客でイッパイ。 土曜日曜はどうなんだろう。
f0066555_1172730.jpg
 中には何度も来ているらしい人が、口々に「まだ5分咲きくらい」、「いやまだ3分」とか言っておられる。 私はこれで十分堪能できたのだが。

 後で聞いたのだが、ニッコウキスゲは「1日花」(=1日とか1日半くらいで花を閉じる)とか。
 この花の後に見える蕾が次々に開いていくのか。

f0066555_11195535.jpg もう一つ期待していたのが、霧が峰自然保護センターの「ガイドウォーク」。
 200円の参加費で、1時間ほど散策路をガイドしていただける。
 とてもユニークな案内で、花を触って、匂いを嗅いで「花を見る診てみましょう」と。
 ある子供は「お父さんの足の匂い」と言ったとか、確かにあまり良い匂いではない。
 イブキトラノオの名は形からだけでなく、動物のしっぽの匂いからも来ているのだろうか。 「でも、人間には良い匂いでなくとも、虫たちが集まってくる匂いなんです」と。

f0066555_1134367.jpg このノアザミには手で触ってみるようにと。
 花のつけねはネバネバしている。 茎は毛でザラザラ。
 地べたを這ってくる虫を寄せ付けず、飛んでくる虫だけを受け入れる。
 遠く離れた花との受粉をしようとする、花の戦略だとか。
 花を指先でトントンと叩くと、白い花粉が出てくる。 虫たちが花に止まった時だけ、花粉を有効に利用する花の戦略。

f0066555_11431812.jpg ウツボグサの謂われは、戦国時代弓矢を入れた「うつぼ」と言われる武具に似ているからだと。
 花の名を聞いてもすぐ忘れてしまう私にも、この花の名は覚えられそう。

 草原の中に林が広がる一角がある。 そこで1本の木に触ってみるようにと。
 幹が水を含んでいるよう。→「ミズナラの木です」と。
 霧が峰は雨が少ないのだが、霧から水を取り込んでいるのだと。

 草原と林、それが多様な生物が住める環境を作っている。
 その草原は人間が牛などを育てるため、一部の林を焼き作り出し、手入れをしてきた。
 今、その草原に木々が増えてきている。 国定公園であるため自由に木を伐採できず、草原が少なくなれば、多様な生き物が生息できなくなることを心配しておられた。
[PR]
by t_ichib | 2007-07-20 12:12 | 今日もまた留守にしています
ハスとヒマワリ
 愛西市のヒマワリを見に行く。 車を停めるつもりでいた道の駅は満車だった。
 そのため、少し離れた所にある臨時駐車場に車を停める。 そこで思わぬもうけモノ。

f0066555_13344871.jpg ハス田に向う道にヒマワリが満開。
 ハス田に向う観光客が何人もカメラを構えている。
 岐阜にも休耕田を利用したひまわり畑があるが、それに比べ時期も早く、何より花が大きい。
 観光よりも栽培を目的に作られているような気がする。

 ちょうどこの日、帰ってからテレビでウクライナのヒマワリの話題を目にした。
 ウクライナのヒマワリは、まだ東西冷戦時代にソフィアローレン主演の「ひまわり」の撮影の場にもなり、とても有名だそうだ。
 そして今、ウクライナ政府はバイオ燃料として利用する為、ヒマワリの栽培に力を注いでいるそうだが、今年は天候不順なため思うように育たず、2度、3度とタネを蒔きなおしているいるという話題。

f0066555_13534498.jpg さて、目的のハス田。
 木曽川下流の愛西市は大半が海抜0m地帯。
 見るからに水はけが悪そうな泥田には、レンコンの栽培が適しているのかもしれない。
 周囲にはこの花バスいがいにも、レンコン畑が広がっている。
 そちらの方は花の時期が遅いのか、緑の葉の間に白い花が時折ちらりと見える程度。

f0066555_14114633.jpg ハスは花が開き始めところが、もっとも形もよく美しいと思う。
 私達が来た頃には、かなり開ききった花が多く、もっと早く来るべきだったか。
 朝花が開き、夕方閉じるというが、一度それを見てみたいとも思う。

f0066555_14115967.jpg 何年も前、初めて花びらが散った後のこの形を見て、ビックリした。
 「ジョーロの先みたい…」と。 でも本当はたとえるなら、蜂の巣。 (ネットで調べてみたら)
 特にタネが抜け落ちた後はと書いてあった。
 そしてヒマワリ同様、種子も食用になるらしい。
[PR]
by t_ichib | 2007-07-10 14:42 | 今日もまた留守にしています
写真の拙さは…
 毎年と同じ時期に、またまた谷汲のユリ園に出かけた。 最初に出かけた年は、入口の前に長蛇の車の列が。
 今年は平日、しかも開園時間の直後に出かけたため、今日はお休みかと思うほど閑散としていた。 帰る頃には、それでも駐車場はかなり混雑し、入口には10数台の車の列が。

 ユリ園の中央は畑のようになっていて、1筋ごとに同じ種類の花が並ぶ。 随分いろんな種類があるようなのだが、とても覚えきれない。

f0066555_8223290.jpg そして、周囲の斜面にはある程度のササなどの雑草に混じり、色とりどりにユリの花が咲き乱れている。
 整然とした花が並んでいるより、こんな風に咲いている方が、私には好ましく思える。
 さらに山側にはアジサイが植えられている。 ユリには青い色がないので、ユリもアジサイも映える。

 会場には、立派なカメラを持った方が何人もおられる。 妻は遠慮なくそういう人に話しかける。
 「どこを狙って撮っておられるんですか?」
 「そこの光が当たっている所、後が暗くなっているからいい写真になる」
 たしかに、展示会などで見る写真はアングルが素晴らしい。
 「覗かせてもらってもいいですか」と、覗いた妻は納得したようにうなづいて見せるが、本当に分かっているのか。
 その方は「絶対に覗かせない人もいるんだよ」と、「苦心して見つけたアングルを盗られたくないんだ」と、その心の狭さを批判する口ぶり。

 「すごく立派なカメラ! 高くつく趣味ですね」
 「いやぁ、こんなモノ。 アルコールに比べれば、安いものですよ」と。
 でも、カメラはきっとン十万のはず。 お酒の飲めない私には比較ができない。

f0066555_859535.jpgf0066555_8592757.jpgf0066555_8594539.jpg

 さらに別の方に近づき、「高くつく趣味ですね」と。
 その方は苦笑しながら、「いえ、私はプロなんです」と。
 その話を、離れた所にいた私は後から聞いた。 親切にカメラを覗かせてもらった後、「じゃあ、教室で教えたりもするんですか?」と聞いた。
 「前は教えていたこともあります。 チョット知っている人は、中々言うことを聞かない。 何も知らない人の方が、結局モノになる」とも。

 そういえば、パソコン教室などで、チョット知っていて教室を引っ掻き回したりする人がいる。 で、あまり覚えることもなく、教室を終える。

f0066555_9145680.jpgf0066555_9151494.jpgf0066555_9152892.jpg

 せっかく来たのだからと、斜面をくまなく歩き回る。 園内はそう広くもなく、人出も多くないので、先ほどのプロの方が別の人と談笑しているのに出会う。
 妻を見かけて、「この人もプロだよ。 この先生の写真は1枚5万円位する」と紹介してくれる。
 今まで考えたこともなかったが、こういう所ではこんな比率でプロの方がおられるのか? それに比べて、すべて「AUTO」で撮影している写真を掲載するのは、恥ずかしいのだが。

f0066555_9305997.jpgf0066555_9315497.jpgf0066555_932819.jpg

 会場を出る前に、隣接する即売所でユリの花を買って帰る。
 「洗剤を少し入れておくと、臭くならない」、「10円玉を入れておくと、ボウフラが湧かない」と親切なアドバイスも。
[PR]
by t_ichib | 2007-06-28 09:51 | 今日もまた留守にしています
琵琶湖、ほぼ一周
 雨が降らない日が続き、やっと梅雨入り。 そして、1日おきくらいで30℃を超える暑さと、土砂降りに近い雨が。
 この雨が、すでに水不足に苦しんでいる地方の水がめに振ってくれればいいのにと思う。 とは言っても、今年は雪が少なかったので、私の住む地でも他人事ではないかもしれない。

 せっかくの梅雨の晴れ間、琵琶湖にでも出かけてみようかと。
 関ケ原を抜け国道8号で、木之本そこから琵琶湖の西岸へ。
f0066555_10491076.jpg ともかく早く琵琶湖を見たいと、マキノビーチのキャンプ場に車を停める。
 沖に見える小さな島が竹生島。 その前を一人乗りのカヌーをこぐ人が、あっという間に目の前を過ぎていく。
 ここには始めてきたが、キャンプ・湖水浴などが楽しめるよう。 子供が小さい頃は、琵琶湖に泳ぎに来たこともあるが、もう10年以上遊んでもらっていない。

f0066555_1059694.jpg しばらく琵琶湖の西岸を南に下っていると、風車公園と言うのが。
 面白いかなと立ち寄ると、折から「花しょうぶまつり」というのが開催されており、凄い人出。
 池の水はあまりキレイではないが、よく見ると大きな鯉が何匹も泳いでいる。
 手前に写る機械で水を撹拌している。 魚が酸欠にならないようにか?

f0066555_11134410.jpg 今回の一番の目的地、高島市畑の千枚田。
 日本の棚田百選にも選ばれており、前々からテレビで見たりしていた。
 近くまでバスが通っており、その先の集落への道はかなりの急勾配。
 私達が行ったこの日も、草刈などの農作業をしている人が3、4人いた。
 平地の田と田の仕切りのような畦と違い、土と水をしっかり支えなければならない。 ここまで荷するのには大変だったと思う。
 そして「棚田百選」に選ばれたことで、それを維持していくために今後も大変だと。

 琵琶湖を1周するなら、勢田の唐橋の方まで行かなければならないが、琵琶湖大橋を渡りほぼ一周と言うことに。

 京都への行き帰りなどでしょっちゅう通る醒ヶ井。 養鱒場は有名で出かけたことも有るが、もう1つ「梅花藻」と言うのがある。
f0066555_1147623.jpg 写真の小さな花が、梅の花の形に似ているからそう呼ばれるのか。
 花の時期に合わなくて、今回が初めて。
 ごく普通の町の中を流れる水路に群生している。 が、それだけ町の人が、その川を汚さないように心がけているからこそ、梅花藻が今も生きていける。

 自宅に帰りつくと暑い、気温30℃を超えている。 そういえば、琵琶湖の周囲では28℃くらいが最高だった。
 湖水を抜ける風で涼しいのか。 琵琶湖の人々へのもう1つ贈り物。
[PR]
by t_ichib | 2007-06-24 12:04 | 今日もまた留守にしています
山アジサイの寺
 2、3年前カラカラの梅雨だった時、可哀そうなくらいアジサイの元気が無かったことがあるった。
 今年も今のところ、梅雨入りしたはずなのに雨が降らない日が続く。 どうなのかな?

 ガイドブックを片手に山県市の三光寺を目指す。
 山アジサイの美しさに魅せられ、20年位前から住職や檀家の人たちが色んな品種を育て、今では140種8,000株もあるという。

f0066555_13585341.jpg その中でも一番の人気がこの種類、紅(くれない)と言うんだそうだ。

 写真の腕が拙くて申し訳ないが、赤い色が実に可憐な花だった。

 境内では、この種類をはじめ色んな山アジサイの苗を販売していた。

f0066555_14223142.jpgf0066555_14225355.jpgf0066555_14231216.jpg

f0066555_14252555.jpgf0066555_14254921.jpgf0066555_1426229.jpg

 いくつか、気に入った花を撮ってみた。 がくアジサイといわれるものが多い。
 一重、あるいは八重の淡い色合いの可憐な花びらに思えるのに、これががくだなんて。
 そういえば、たしかに雄しべ・雌しべなどがついてない。
[PR]
by t_ichib | 2007-06-21 14:41 | 今日もまた留守にしています
花しょうぶ
 週末は天気が良かったので、岐阜百年公園に出かけてみた。 実は週の初めに同じ所を目指して出かけたんだが、休園日だった。

f0066555_144389.jpg 2度も出かけたりしてのお目当ては、この花しょうぶ。

 少し前、出かけた先で妻が立ち話をした女性が「今年は雨が少なかったせいか、どこもしょうぶがいま一つなのね」と、言っておられた。

 写真の奥のほうの青い花はアジサイ。 こちらも水不足とこの日の暑さで、特に陽に当たる所では元気が無かった。

f0066555_14121322.jpg しょうぶ園のすぐ近くに、池があってそこにスイレンが花をつけていた。

 この池には鯉がたくさんいて、実はこの鯉に餌をやるのがここに来たもう一つの楽しみ。
 妻が餌を投げ始めると、大きな水音を立てて鯉が群がってくる。
 パンのヘタをたくさん持ってきたので、声をあげて寄ってきた子供たちにも少し分けて、一緒に投げて与えていた。

 梅雨入りしたはずなのに、この日は汗ばむほどの暑さ。 しかもこの公園にいた間は風がなかった。
 朝出かける前、そして帰ってからも自宅の方は、凄く強い風が吹いていたのに。

f0066555_1426312.jpg わが家では強い風はあまりありがたくない。 せっかく大きくなり始めたリンゴの実が、強い風で落ちてしまう。
 写真では大きさは分かりにくいが、ちょうどゴルフボールくらい。
 妻がためしにと一口かじってみたが、ひどく渋かったとのこと。
[PR]
by t_ichib | 2007-06-18 14:38 | 今日もまた留守にしています
みたけの森ササユリ
 去年の6月半ば、みたけの森までササユリを見に行った。 満開だと思ったが、地元の人達は「もう1週間前が1番だった」と言っていた。
 「じゃあ、今日でもちょっと早い程度かな」と、出かけていってみたが、思っていたよりは早すぎた。

f0066555_12485041.jpg 蕾でさえ、まだまだ固そう。
 遊歩道を歩き始めた頃、もう帰り始めたご夫婦に出会う。
 「そこで、やっと1つだけ咲いているのを見た」と、おっしゃる。

 すれ違ってから間もなく、「立入禁止」のロープのずいぶん先に1輪見つけた。
 「あ~あ、今日はこれっきりか…」と。
 が、少し上の方に向う遊歩道に足をのばすと、あっちにもこっちにもと、何輪もの花を見つけた。
 きっと、さっきの方はお近くにお住まいで、「また来週にでも来よう」と足をのばすこともなく、さっさと帰られたんだ。

 私たちは近くではないので、もう少し欲張って上の方へ登る。 去年はもう少し上の斜面でもたくさん見つけた。
 が、今年はたまに見る蕾も、下よりも固い。
 登ったといっても、せいぜい高さでは3~40mほど。 それでも花の時期にすると、こんなにも違うのか。

f0066555_13191357.jpg 時間が余ったので(当初の予定でもあったが)、早々と花フェスタ公園に向う。
 たしか、土日は夜間ライトアップをしていたとか。

 今年はすでに色んな所でバラを見てきているが、やや遅いのか枯れ始めた花もある。

f0066555_13243148.jpg テレビでも紹介されていたブルーへブンも、やや枯れ始め。
 もともと、バラには青い色素がないそうで、世界中の人が青いバラを作り出す夢に挑んでいるそうだ。

 青く見えているバラもあるが、やはり青というより紫…
 その中で、このブルーへブンが最も青に近いとか。 ほとんど白に見えてしまうが、ほんのり青も感じられる。
[PR]
by t_ichib | 2007-06-05 13:36 | 今日もまた留守にしています
大野町バラまつり
 隣の隣くらいの近くの町、大野町のバラ公園に行ってきた。
 今週末19、20日に「バラまつり」が、開催される。 大野町に住む知り合いから、「もうすぐですよ」とお誘いを受けた。

 残念ながら、この週末は都合が悪い。
 でも、わが家のフェンスに這わしているツルバラをもう少し増やしたい。 わが家のツルバラはすべて大野町で買った。 その兄弟か親戚達を。
 たまたま、岐阜方面へ出かけるついでがあり、午前中出かけてきた。

 この季節には今まで何度も来ているが、バラが本当にキレイに咲いている。
 大野町は大垣市、岐阜市などにも近く、ベッドタウンとなっていると思うが、「バラと柿の町」と言われているように、水田のほかに柿畑などの田園地帯という感じ。

 が、田舎町とあなどるなかれ。 青いバラ「ブルーヘブン」が、誕生した地でもある。 専門家でもない私には、それがどれほどすごいことなのかは分からないが…。
 町の人の意気込みは、道路沿いにもバラにも感じられ、道行く人を楽しませてくれる。 そしてこのバラまつりの前後2週間くらいは、会場でバラの苗を販売している。

 私達が着いて間もなく、途中で追い越してきた近くの保育園の園児たちがやってきた。
f0066555_1533233.jpg 年長の子供たちが歌と踊りのリハーサル。
 公園の中央に丸い催し物ができる広場がある。 きっとここで、まつりのイベントとして披露されるのだろう。

 思いもかけない出しものに、私たち同様たまたま居あわせた人々は、写真を撮ったり拍手を送ったり。

 さて、肝心のバラの苗。 お店の人に色々聞いたりしていた妻が手ぶらで戻ってくる。
 「明日から旅行に出る」と言ったら、「植え替えて1週間の水遣りが大事」と、旅行から帰ってからきてくださいと言われたと。
 ただ売ればよいというのではない、お店の人の優しさに感謝。
[PR]
by t_ichib | 2007-05-16 15:25 | 今日もまた留守にしています
垂井町の曳山まつり
 毎年この時期に開催されている垂井町の曳山まつり。 我家からは車でわずか15分ほどなのに、一度も出かけたことが無い。
 垂井町の方には申し訳ないが、世間はゴールデンウィーク。 時期が悪かった。

 まつり期間は5/1~4、今日は平日なので人混みはまだまだ。 豪華な曳山と子供歌舞伎を堪能できた。

       【東町 鳳凰山】
f0066555_21481286.jpg

 演目は【恋女房染分手綱 重の井子別れの段】

 垂井の町は旧中山道の宿場町、その街道筋に沿って町が並ぶ。 でも、「曳山はどこ?」分からないので、紋付を着た町の人に聞く。 親切に教えていただいた上に、祭りのパンフレットも頂いた。

 午前中少し小雨が降った時があり、大事な重要文化財なので、写真のように大きなシートがかけられていた。
 この後もう大丈夫と言うことで、取り除かれ美しい曳山の全体を見ることができた。

       【中町 紫雲閣】
f0066555_2235480.jpg

 演目は【一条大蔵譚 奥殿の場】

f0066555_22192711.jpg 演じているのはいづれも、8~11才の男の子ばかり。 台詞もけっこう多い。 大人たちの指導の下、どれくらいの練習を積んだのだろう。

 子供歌舞伎は5/2~4までの3日間に、合計14回演じられる。 愛宕神社を皮切りに、町内の各所に場所を変えて上演する。

 上演が終わると、こんな風に勇壮に掛け声をかけながら曳山を移動していく。


       【西町 礬鱗(はんりん)閣】
f0066555_22371766.jpg

 演目は【忠臣蔵七段目 一力茶屋之場】

f0066555_22401874.jpg 前の2つの演目はタイミングが悪く、途中から見始めた。
 これだけは開演前から並び、最初から最後まで見ることができた。

 上演時間は実に50分ほど。 その長い台詞と動作を、どう覚えたのか。 もう一度感心してしまう。
 上はお軽と兄の平右衛門、下は大星由良之助と息子の力也。

 いずれも男の子とは思えないほどの艶やかさ、小学生とは思えない堂々とした侍ぶり。

 頂いたパンフレットを見ると演目は毎年違うようで、たとえば「妹背山」など。 できれば、来年もゴールデンウィークの1日を犠牲にしても、見る価値が有りそう。
[PR]
by t_ichib | 2007-05-02 23:14 | 今日もまた留守にしています
員弁(いなべ)の牡丹園
 時々通る山の中の国道306号線、岐阜県の上石津から三重県の藤原に抜ける道に、「梅林公園」の標識を前々から見かけていた。
 3月頃、その標識に沿って更に山中の県道を進み、梅を見に行った。 その時、「近くに牡丹がきれいな所がある」と教えていただいた。

 そんな偶然から、私たちは初めて知ったのだが、会場の駐車場には三重県だけではなく、名古屋など他県ナンバーの車で一杯。 結構有名なんだ。
 4/28~5/4間での「牡丹祭」の期間だけは有料。 入場料を払って会場を歩き出した途端に、カメラを忘れてきたことに気がつく。 …すごく悔しい。

f0066555_9513626.jpg 残念さのあまり、会場の職員に嘆いていると、「夜間、ライトアップをしますよ。 今日中であれば、その入場券で何度でも入場できます」と。

 と言う訳で、少し明るさの残る時間に再入場。 山の中なので実に広い、「普通?の牡丹園の3つ分くらい有るかな」などと思いながら。

f0066555_95884.jpg あまり見かけない種類の花、「島錦」とあった。
 会場全体では「7分咲き」だそうで、まだ蕾の固い品種もあった。
 祭の期間を終えると、牡丹の木を守るため花を切り落とすそうだ。 花をつけなかった蕾のものも。 ちょっとかわいそう。

f0066555_1075033.jpg ライトアップされ始めたばかりの会場。 上空に月が浮かぶ。

 会場は山の中、「夕食の後ブラブラと歩いて行って見ようか」と思うほど近くもない。
 昼間はあれほど賑やかだったのに、着いたころは私たち以外には数組。

 私たちはライトアップから2~30分で帰ってきたが、その頃でも駐車場には30台ほどの車しか。
 照明、発電機などの機材を揃えた意気込み程には、人が集まらず少し気の毒。 私達もカメラを忘れなかったら、ライトアップを見に来てなかっただろうし…。
[PR]
by t_ichib | 2007-05-01 10:23 | 今日もまた留守にしています