<   2006年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ようやく託児所の終了
 昨日春音の長い託児所生活の終わりに、感謝のしるしとして娘夫婦から食事の招待を受けた。 実はそれ以外にお礼+誕生祝(私たち夫婦は二人とも4月生まれ)で、ノートパソコン(娘の夫の社内販売)を買ってもらった。 この投稿はそのノートで。 その前日から娘と春音は我が家で最後(?)のお泊り。 こちらを出発する直前まで買い物などをしていたものだから、先にお店についていたパパはやきもきして待つことに…。
 お店は金華橋近くの長良川に面しており、早く予約したおかげで、川に面した2階の個室に落ち着くことができた。 当然春音の食事は取ってなかったのだが、お店のサービスでスープと最後にアイスクリームが用意された。
 大人たちにはいいのだが、ゆったりとした2時間半の食事時間は春音には退屈だったのか、部屋中を歩き回り、ついには廊下の向こうの隣の部屋(お互いの部屋の入り口はついたてが有るだけ)にまで…。 幸いお隣は女性ばかりのグループで、9ヶ月の男の子がおり、その子も春音が近づくと声をたてて喜んでいた。 もちろん、春音もその子が見たくて隣の部屋をのぞくのだが。
 子供同士の良さはこんな風にお互いに興味を持つというところか。 5月1日から始まる保育所もこんな風に、楽しいといいのだが。
 連休中に、家内の兄弟たちと豊橋で食事会がある。 その時に娘も春音を連れて一緒に行きたいと言う。。 その後は(保育所でのトラブルがなければ)しばらく会えないことになる。 春音に忘れられないよう、1ヶ月に1度くらいは会えるといいのだが。
[PR]
by t_ichib | 2006-04-30 22:31 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
臨時託児所もあとわずか
f0066555_22393475.jpg 娘の職場復帰後、5月入所の保育所へ入るまでの我家での託児所もあとわずか。 今日で春音は1才2ヶ月。 その間に随分成長した。
 言葉こそまだでないが、私たちの言うことは理解できる。 絵本の「ボールはどこへ行ったかな…」という文を読んでいた時、私の手をとってココって言うように指差し、得意そうにする。
f0066555_22555672.jpg 岐阜市内のマンション・保育所では、なかなか味わえない自然のよさをと、我家の目の前のレンゲ畑での写真を撮った。
 が、同じ自然でもこちらのドロ遊びの方がお気に入りらしく、表情もまるで違う。 写真では分からないが、「キャーッ」という歓声を上げて喜んでいた。
 少し寂しくなるが、早く保育所になれてほしいと思う。 今までは両親をはじめ大人たちとだけの生活。 同じ年齢の子供達との生活で、また新たな成長をすることだろう。
[PR]
by t_ichib | 2006-04-27 23:06 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
悪徳商法は
 息子が二十歳になった1年半前、「△△(女性の姓)ですが、○○(息子の名)クンいますか」という電話がかかってくるようになった。 妻が名前を控えて、息子の下宿に電話すると、「20歳になると、そういう電話がかかってくるらしい。 携帯の番号とか教えないでよ」と言われた。
 デート商法とかいう悪徳商法だと分かる。 その電話は誕生日直後が頻繁だったが、今もちょくちょくかかってくる。 それにつけても、思うこと…。
 ① かけてくる少女(声は20歳前後の女の子)達のモラルはどうなってるんだろうか。 声をかけて相手が引っ掛かれば、高額の商品を売りつける。 被害者の(経済的だけでなく)心に傷を残すことになる。
 ② 怖いと思うのは、電話番号などの個人情報が漏れ、悪用されていること。 今度のことや、(危うく被害者になるところだった)振り込め詐欺等は、高校の同窓会名簿等の悪用か。
 中学や高校時代、しつこく掛かってくる塾の勧誘など「どこから情報を調べているんだろう」くらいにしか思っていなかったが、今や笑って済まされない。
[PR]
by t_ichib | 2006-04-25 22:14
再び、兄弟達との旅行
 4月22日(土)
f0066555_1037034.jpg 豊橋に住む妻の兄弟たちが、寸又峡への旅行を計画してくれましたが、(前から一度は乗ってみたいと思っていた)大井川鉄道のSLで出かけるんだとは、当日まで知らないのんき者でした。 客車の最後尾でしたので、下車した千頭(せんず)駅でせめて写真だけでもと撮りました。
f0066555_1052795.jpg バスで寸又峡温泉に着き、荷物を預けて夢の吊り橋・飛龍橋を散策。 少し足の弱くなった人もいましたが、上り下りのきつい1時間半のコースを無事歩けました。 余裕のある4名は往復40分の猿並(さんなみ)橋まで、足を延ばしました。

 4月23日(日)
f0066555_142318100.jpg 翌日は奥泉から井川線で、井川ダムまで。 この井川線はダム建設の資材を運搬するため作られ、完成後の昭和34年からは観光用に営業を開始したそうです。 特にアプトいちしろ~長島ダムの1区間は(90/1000の急勾配のため)歯車をつけた電気機関車で後押しをして登る、アプト式ということで知られているそうです。 いちしろ駅では説明を聞きながら、機関車の連結作業を写真に撮りました。 左側に見える客車は貨車を改造したもので、右側の機関車に比べ随分小さく見えます。
f0066555_14351684.jpg 井川線は全体の1/3が写真のような鉄橋やトンネルです。 駅員さんに聞くと、目的地に着くには(渓流に沿って曲がりくねっているので))バスよりずっと遅いそうですが、その分、渓谷の眺めはすばらしいものでした。
 紅葉の時期であれば、半年前でもなかなか予約の取れないところだそうですが、今のように新緑の時期も、八重桜、山吹、桃などが咲く中を歩けていいものです。
[PR]
by t_ichib | 2006-04-23 23:33 | 今日もまた旅の空
芝桜が見事でした
 他の方のブログを見ていた私の後ろから覗いた妻が「わーきれい」と言ったので、養老から1時間半の洞戸の芝桜を見に出かけました。(板取のStorm、Badehausなどへは5~6回は出かけているので、洞戸は通ったことがある。)
f0066555_1017669.jpg 道の駅ラステン洞戸で道を聞き、見事な芝桜の丘に着いた。 写真の芝桜には赤・白・赤紫・青紫の4色が見えます。 本当はもっとあるのかもしれません。
 ここに着くまでの家々の庭などにも、色とりどりの芝桜そして黄色の水仙が咲いており、本当に色鮮やかでした。 写真の後方の果樹はキウイです。 洞戸はキウイも有名です。
 たまたまご挨拶をした近くの奥さんが、「主人が造園業をしていて、近くの人に苗を差し上げたんですよ。 未だ咲いていないんだけど、裏にもう少し薄い紫の芝桜があるのよ」とおっしゃっていました。
 写真とは別の見事な芝桜のところで見とれていると、通りがかった車から「これを見に来てくれたの? これは私が植えたんだよ」と声を掛けられました。
 花は見知らぬ同士が話をしやすくする力を持っているようです。 これほど見事な芝桜にするには草取りなど、大変なようです。
 花の時期はいつごろまでなのだろう、北海道では6月に見たことがあるが。
[PR]
by t_ichib | 2006-04-18 20:28 | 今日もまた留守にしています
木曽三川公園、チューリップ祭
 チューリップ祭は4/5~4/17。 今日が最終日です。 実は12日にも一度来たのですが、その時は少し咲きそろっていなくて、今日もう一度来たわけです。
f0066555_1625694.jpg 昨日の日曜日は入園者が87,000人となり過去最高だったそうです。 今日は平日でしたが、小さな子を連れた家族連れ(実は私たちも)で賑わっていました。
 着いたのが、11時過ぎだったので、さっそく場所を決めお昼にしました。 おなかの具合が良くなってから少し遊びました。 広い芝生があるので、子供を放し飼いにできここはいいです。
 食事40分、チビの運動60分、花の観賞20分の2時間くらいで木曽三川を後にしました。 チューリップ祭は今日までですが、花壇は23日(日)までは見ることができるそうです。
[PR]
by t_ichib | 2006-04-17 16:58 | 今日もまた留守にしています
吉野千本桜、薄墨桜
 4月15日
f0066555_1458960.jpg バスツアーで吉野の千本桜を見に行く。 残念ながら、朝から小雨模様。 ただ天気が良くなかったので、マイカーでの観光客が少なく、渋滞が緩和されているとガイドさんは言う。 ハンドルを握っていない私はイライラすることもないが、その分散策時間が短くなったり、帰着時間が遅くなったりするんだろう。
 写真は中千本あたりの桜、「かすみか、雲か…」という歌の通り、遠くまでピンクの帯が美しい。 3時間の自由時間では、下千本⇒中千本⇒上千本がやっとで、奥千本は行けなかった。

 4月16日
f0066555_15392023.jpg 翌日、午前中は雨という天気予報だったが、朝降ってなかったので、急きょ薄墨桜に出かけた。
 以前、初めて薄墨桜に出かけた時はひどい渋滞に悩まされたが、少しづつトンネル等が開通し、渋滞が緩和され、今年は数年前からの高架工事が完了しており、一気に着いてしまった。
 樹齢1500年と言われる。 老桜ゆえ幾度もの枯死の危機、そして伊勢湾台風による被害を地元の人々の手によって乗り越えてきた。
 朝早く出かけてきたので、10時ころには帰路についたが、反対車線、薄墨桜に向かう車の列は少し長くなり始めていた。
[PR]
by t_ichib | 2006-04-16 16:04 | 今日もまた留守にしています
先生がやる気を失くすのでは
 今朝の新聞に、悪名高い(と私は思っている)都教委が「職員会議での挙手・採決禁止」と通知したとあった。 常は呑気な話題ばかりの私だが、これについては少し言いたいことがある。
 教育の現場で、先生方の多様な意見を封じ、校長(あるいは国)の意見のみで学校の運営を図るもので、自分の意見が反映されない先生方がやる気を失くすだけではない、協力を得られなくなる(反発を受ける)校長もやりにくくなる、一番の被害者はそんなギクシャクした環境で学ぶ子供達だろう。
 考え方に違いはあるだろうが、校長も元々授業をなさっていた先生だし、分かり合えると思うのだが。 都知事に任命される教育委員は、(元先生もいるだろうが)以前皇居の園遊会で赤恥をかいた某将棋さしのような素人も多い。 そうした人たちが教育現場に余分な対立を作り出しているのではないか。
 日の丸・君が代も多様な意見があってよいと思う。 (私自身は日の丸に礼をして演壇に立ったこともあるが、君が代は歌詞が時代錯誤、21世紀の国歌があっても良いと思っている。) それなのに、卒業式で起立しない先生をなくすため、教職員用の椅子を撤去するなど姑息だと思う。 
[PR]
by t_ichib | 2006-04-14 21:27
ジジ馬鹿・親ばかは?
 しばらく、春音のことを書いていないので。

 4月4日
f0066555_856542.jpg 水門川の桜を見に行った時の写真。 桜への関心はほとんど無く、川の中を泳ぐ大きな鯉に対してもイマイチ。
 でも、この鳩については興味を惹かれたらしく身を乗り出しています。 沢山の鳩が一斉にバタバタと飛び立った時はチョットびっくり。

 4月6日
f0066555_993767.jpg 彦根城に出かけた。 この時は「ダッコ」「オンブ」と甘えてばかりだった。 写真は彦根城のお堀の白鳥とのご対面。 よく見ると、両手を背中の後ろに羽根のように伸ばしています。 白鳥のしぐさを真似ているのではなく、夢中になった時よくやる姿勢です。 けっこう長い間じっと見つめていました。

 4月10日
f0066555_9282341.jpg 満開の頃再び水門川の桜を見に行きました。
 近所の飼い猫なのか、人なつっこい猫がいました。 この猫(特にしっぽ)に興味を持ち、手で触ろうとしています。 もう1匹黒い猫がいましたが、こちらには逃げられました。 すぐ触ろうとするんで、子供が苦手なのかな。
 春音はまだ、城とか花とかより、動物の方に興味があるようです。

 一方息子は
 心配していたが、無事4回生に進級できたと連絡があった。 この後は、夏休み明けくらいに大学院の入試が有るとのこと。 またまた心配…。
 でも、元気にやっているよう。
[PR]
by t_ichib | 2006-04-11 09:43 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
昨日は黄砂とかで大変でした
 昨日は、天気予報ではマズマズの天気だと思っていたのに、なんだか曇っているなァ…なんて呑気に考えていたら黄砂だったとか。 図書館に寄っていた何時間か後、駐車場に戻ってビックリ、夕方から振り出した雨で車の窓が泥だらけ…。f0066555_21211184.jpg
 その泥だらけの車で今日も出かけました。 ただし妻が1人で、元の職場の友人とランチです。 その間、私の方は芝生の雑草とり、それからわずか2坪位の家庭菜園を耕していました。 また今年も、ナスやらピーマン、サニーレタスなどを植えようかなどと考えているところです。
 ランチから帰って来た妻から「帰り道に見た桜が満開だったから・・・」と、強引に誘われ車で10分足らずの地元の名所の桜を見に行きました。
 先日別の所で、親子連れの父親が「この桜の花と蕾の数を数えて、半々だったら5分咲きなんだよ」と説明しているのを、「そうなんだ」と感心して聞きました。 その説明からすれば、今日のこの桜は、満開です。
[PR]
by t_ichib | 2006-04-09 21:44 | 今日もまた留守にしています