<   2006年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ゲジゲジ?
 発見しました、イラガの幼虫。 2、3日前、柿の葉が薄く透けて見えるので、「なんだろうと?」と見上げると、孵化したばかりのイラガの幼虫がびっしり。
f0066555_18123980.jpg 例年は、もう少し大きくなってから、腕などを刺されて気がつくのですが…。
 よく見ると、フェンスに這わせたツルバラ、モミジなどにもついている。

 妻に声をかけ、2人で(さされると痛いので)「ワーワー」「キャーキャー」と言いながら、葉っぱごと摘みとって駆除。 田舎のことゆえ、庭の隅に井戸があるので、農薬などはあまり使いたくない。

f0066555_18331736.jpg 妻はゲジゲジと言う。 形からそう呼んでしまうようだ。 私のすむこの地方では、(記憶違いかもしれないが)オコジョと呼んでいる。 小さい頃、ガキ仲間が「オコジョに刺された」と言っているのを、聞いた。 (勿論、ゲジゲジは別の虫、オコジョは哺乳類)

 「うわー、気持ち悪い」「ブログにこんな写真を載せるなんて、趣味が悪い」とおっしゃる方、ごめんなさい、もう一枚は少しだけ大きくなった幼虫です。
[PR]
by t_ichib | 2006-06-28 18:38
日本昭和音楽村
 私も妻も働いていた頃、職場でのストレスが溜まると、(お酒が飲めないので)ちょっと背伸びをしたクラスのレストランに、家族でディナーなどに出かけたものです。
 それが、退職した今は、精神はいたって平和、青空の下で手作りのオニギリを食べた方がおいしいと、まったく回数が減りました。 (今も、努力を認めてくれない上司、口ばかりで頭を使わない部下に悩んでいる現役の皆さん、申し訳ないです)

 急に思い立って久し振りに出かけることに。 ただし、ストレスの溜まり方が少ないので、家から近い上石津の「アルペジオ」のランチです。
f0066555_1434097.jpg 少し早めに家を出て、手前にある「緑の村」を散策することに。
 天気予報より早く降り出した雨のため、傘を差しての散歩でしたが、少しお腹を空かせることが出来ました。
 このあたりは山の中なので、紅葉の頃であれば見事でしょう。 山道のそばにアジサイが咲いていました。

 水嶺湖という人工の湖のほとりに、日本昭和音楽村というのがある。 その中心に江口夜詩(上石津出身の作曲家で、「憧れのハワイ航路」で知られる)記念館があり、その音楽専用ホールでは、時々コンサートが開かれています。

 レストランと同じ建物の中に、「FN音楽館」という施設があり、1960年代~70年代のフォーク・ニューミュージックのジャケット等が展示されていた。
 私達も食後に立ち寄ってみたが、実に懐かしくランチタイムより長く見ていたのかも知れない。

 松崎クンと悦チャンのデュエットでしか知らないチェリッシュが、当初は5人のグループだったなどとは、オドロキでした。
[PR]
by t_ichib | 2006-06-25 15:16 | 今日もまた留守にしています
「ITサポーター倶楽部」説明会に出席
 妻はお誘いを受け、元の職場の同僚F看護師長さん宅(関ケ原にお住まい)に、梅の収穫に出かけた。 今年はすでに、たけのこの時期にもお誘いがあった。
 たまたま四国に旅行に出かけた時のお土産を持参したが、2時過ぎに帰って来た妻が、貰ってきたどっさりの梅に比べたら、安くて申し訳ないくらい。
 2人ともお酒が飲めないので、梅酒は無し。 梅干、梅酢、梅ジュースなどを、明日から妻が作る予定。

 私は妻が出かける少し前、岐阜ふれあいセンターで開かれる「ITサポーター倶楽部に出かけた。
 昨年私は「ITボランティア養成講座」を受講(45名)した。 その修了生の38名が、岐阜県や国が主催で、ふれあいセンターで開かれるIT関係のセミナーのアシスタントとして、受講生をサポートしようというもの。
 県や国で予算が出て、手当てが支給されるもの、私たちが自主的に企画運営する、まったく無報酬のアシスタントもある。
 予算の関係で、人数が制限されているが、(無報酬を前提に)自主的なアシスタントとしての出席はかまわないとのこと。 無報酬でかまわない、参加したいという人の多い、熱意のある会だった。 (私自身、人員外で協力できたらとおもっている)

 質問や意見も多く出た。(私も質問) 特に自主活動の内容、会の予算についての質問と「すべて決まってから報告するのでなく、検討段階でメールなどで知らせてほしかった」という意見など、皆さん真剣でした。 この会が長く続けられるように。
[PR]
by t_ichib | 2006-06-24 21:56
初の収穫
 昨日、わが家庭菜園でナスときゅうりを1本づつ収穫した。
f0066555_2040896.jpg それぞれ、焼ナス・野菜サラダにして、初物として味わう。(冷蔵庫の中には、スーパーで買ってきた数本のナス・きゅうりが有ったが、あえてわが家庭菜園で収穫したものだけで、食卓に載せた)

f0066555_20431414.jpg そして今日、妻に「ししとうが3本なっている」と言われ、これも収穫し焼いて食べる。
 わずか1本半づつの高級食材。 おいしかった。

f0066555_20491856.jpg 収穫した後に、「あっ、記念の写真を」と思いつき、撮ったのが3枚の写真。
 実際に食べた初物の野菜でなく、収穫まで1~3日くらいの別の野菜。 なにより、1枚はししとうでなく、ピーマンの写真になっている。

 今は、1本・3本などなさけないかわいらしい収穫だが、その内に夏野菜のてんぷらが楽しめるようになる。
 実際には、夏野菜と言いながら、わが家庭菜園の収穫のピークは(特にピーマンなど)9月、10月になる。 どこの家庭菜園でもそういうものなのか。
[PR]
by t_ichib | 2006-06-24 21:03
ホタル
 春音はやはり手足口病だったよう。
 「まぁ、小さいうちに済ませておいた方がいいかも」と思っていたが、(免疫はあるらしいが)手足口病のウィルスは何種類もあり、違う種類の型には何度も罹る可能性はあるとのこと。

 口の中がしみるのか、硬いもの、味の濃いもの等を嫌がるが、今日は昨日より食欲もあり元気。
f0066555_22194330.jpg 水遊びが好きで、たらいの中に自分から入り込む。 とても、病気で保育園を休んでいる子には思えない。

 《今日のイタズラ》 ジジが大切に育てていたサニーレタスの苗を引っこ抜きました。

 春音が家に来ている2日間、娘も臨時の里帰り。 今日はその2日目、風呂上りに皆で近くのホタルを見に行く。
 本当にいるかと心配したが、幸い5~6匹光っているのを見つけた。
 毎年毎年少なくなっていくが、せめて春音の記憶に残る年令まで(本当はもっとその先まで)持ちこたえて欲しい。
[PR]
by t_ichib | 2006-06-21 22:42 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
手足口病
 午前中、ちょうど外出から戻った時に、娘から電話。 「保育園から、春音が手足口病らしいから…」と電話が入る。 さっそく、娘に代わって保育園に迎えに行く。
 保母さんのお話では、「先週、園で手足口病が流行り、春音ちゃんのお尻に発疹があるので…」とのこと。
 元看護婦の妻によれば、「手足や口に異常はないし、熱もないし」と、可能性は低いのかも。
f0066555_22502389.jpg 保母さんも「違うのかもしれないけど」と申し訳なさそうにおっしゃるが、妻は「(孫とすごせるので)うれしいです」と引き取ってきた。
 家に着いても、元気イッパイ。 芝生に出て遊ぶ。
 《新しい発見》 今まで、我家の階段をハイハイの要領で登っていたが、今日は階段の壁に手をつき、立ったままで2、3段登った。 ジジは(落ちたら怖いので)ハラハラ。
 娘夫婦のマンションには階段がないので、たまたま我家に来た時に、いきなりできてしまう。 子供の成長はスゴイ。

 夕方、かかりつけの小児科に連れて行く。 我家から45分の車の中で、お昼寝をしたせいか、38℃くらいの発熱があり、「木曜まで休ませてください」という診断。
 火、水曜は我家で預かることになり、妻は(私も)内心喜んでいる。
[PR]
by t_ichib | 2006-06-19 23:10 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
今日は何の日
 今日出かける車の中で、突然妻が「ウチは子供の教育を間違えた」と言い出す。 何のことかと思ったら、母の日も父の日もメール一つよこさない子供に怒っている。
 4/30のブログにも書いたが、娘からノートパソコンをもらっている。 「あれは、お礼と誕生祝、父の日母の日、全部をかねていると思うからいいけど…」と、矛先はもっぱら息子の方へ。

 息子よ、2年ほど前1日遅れで、母の日のお祝いメールが届いた時、

☆☆☆☆キャー☆☆☆☆

と、これくらいは喜んでいたんだから。

 とはいえ私も学生時代、そういう心遣いをしたことはない。 言い訳になるが、その頃はインターネットやメールもなかったし、両親の家には電話も引かれていなかった。

 2、3日前、その息子から電話がかかっていた。 「8月始めに院試がある」から、夏休み帰省はその後、あわせて受験費用を送ってほしいとのこと。
 お金が必要なのに、電話があったことで喜んでいた。 どこの母もきっとそうなんだ。
[PR]
by t_ichib | 2006-06-18 17:39 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
みたけの森、ササユリ
 先日年間パスポートを買ったので、遠距離をものともせず、花フェスタ公園に出かけやすくなった。
f0066555_16471227.jpg ただし今日は、御岳町のササユリが主目的。 2時間ほどで花フェスタ公園を後にする。
 バラの時期がほぼ終わった花フェスタが、少し閑散としていたのに比べ、みたけの森は3つほどある駐車場が、ほぼイッパイ。 とはいえ、施設・駐車場の規模が違う。 実際には人出は何十分の一と言ったところか。
 今日はバッチリお弁当、冷やしたお茶を持って来ていたが、ササユリの群生地に向かう所で、ほおば寿司・お茶を売っていた。 少し、残念。
f0066555_16561928.jpg ボランティアの方が、「ササユリの豆知識」を配っておられた。 それによると、種が発芽して花が咲くまでには7、8年かかる。 茎を踏んだり、根元で切られたりすると、球根は腐ってしまうそうだ。
 その方にお聞きすると、「1週間前くらいが見頃」だったそう。 そういわれて見ると、蕾の状態のものはほとんどない。
 私達は少しだけ足をのばして、「朝日の塔」へむかう。 群生地からは大分登ったような気がするが、道のすぐ脇にササユリが生えていたりして、写真を撮るには絶好。
 山道を降りる途中で、ハイキングのグループとすれ違う。 楽しみ方は様々で、スケッチブック片手にササユリを写している女の方も見かけた。
 「ササユリの監視員?」かと思い声をかけた方は、足しげく通っているカメラマンで、「花の時期はインターネットを見れば分かるよ」とのこと。 戻って確認すると、「シーズンの終りを迎えようと…」とあった。
[PR]
by t_ichib | 2006-06-17 17:37 | 今日もまた留守にしています
あじさいと花菖蒲
f0066555_2141918.gif 昨夜は大変残念な結果になりました。 ワールドカップの決勝進出はかなり難しくなったけれど、残り2試合ベストを尽くして欲しいと思います。

f0066555_21432626.jpg 昨日、近くの花菖蒲を見に行ったばかりなのに、気が乗ると止まらなくなる妻の命令で願いで、片道3時間くらいかけて、蒲郡の形原温泉「あじさいの里」まで出かけた。
f0066555_21494064.jpg 会場に着くと、いきなり真っ赤なアジサイに。
 (ついこの間淡路島で、真っ赤と濃い青のアジサイを見てきたばかりだが) 雨上がりの道でよく見かけるアジサイと趣が違う。
 右の写真のような珍しい種類のアジサイが、100鉢あまりも展示されていた。

f0066555_2265889.jpg 蒲郡まで出かけたのだから、豊橋の賀茂菖蒲園にも足を延ばす。 (静岡掛川のは加茂菖蒲園)
 2、3年前、ここに来た時は日曜日。 人も車も今日と比べようもないくらい多く、たくさんの地元の人が交通整理などをしておられた。 つい先日の土、日もキットそうだったろう。 それでいて、入場料、駐車料ともに無料。 そして、ここでも3人の女性がしおれた花を摘み取っておられました。
 そんな気持ちがうれしくて、隣接する賀茂神社の参道で売っていたイチゴ、破竹を買ってきてしまった。 それでも、まだ得した気分。
[PR]
by t_ichib | 2006-06-13 22:34 | 今日もまた留守にしています
曽根城公園の菖蒲
 梅雨入りした後、少しお天気が持ちそうだった今日、近く(と言っても車で約20分)の大垣市曽根上公園に菖蒲を見に行った。
f0066555_13425843.jpg 平日だったが、駐車場(そう広くはないが)はイッパイ。 右往左往する車がいる中、運よく1台分のスペースを見つけた。
 色んな品種、いろんな色の花があり、まだ蕾ばかりの種類もあり、これからしばらくは楽しめるのかもしれない。
 ボランティアでされているのか、しおれた花を摘み取っている人がいた。 「花は1日半か2日で枯れる」そうなので、訪れる人に綺麗な菖蒲を見てもらえるようにするためには、こうした作業も毎日必要なんだろう。
f0066555_13525792.jpg 年配の人が多い中、近くの池で釣りをしている子供達がいた。 今日は月曜なのに「なんで?」と一瞬考えたが、昨日は家の近くの学校でも日曜参観があった。 間違いない、近くに連れてきている母親らしき人もいる。 安心。
 ここはそう広くもなく、私達も以前はまったく知らなかった所。 でも、愛知県の方からも来る人も有り、お勧めなのかも。
[PR]
by t_ichib | 2006-06-12 14:04 | 今日もまた留守にしています