<   2007年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
近江八幡水郷めぐり
 時々近くを通りかかるのに、一度も行った事のない水郷。 チラシを見てバスツアーに申し込んでみたが、(参加者が少なく)中止になった。
 ならば、そう遠くもないし直接出かけてみるか…と。

 国道8号線は混むかもしれないと、信号の少ない「さざなみ街道」で。 途中、彦根でちょっとしたオドロキ。 毎年恒例の「鳥人間コンテスト」が開催されていた。
 幸い、早い時間だったので渋滞に巻き込まれずにすんだ。
 今年から「タイムトライアル部門」と「ディスタンス部門」に分かれたので、息子の大学は明日の出場のはず。 昨年は散々の成績だったのに、分かれたおかげで今年もシード校。
 昨年からすでにOBなのだが、今晩辺りから応援に駆けつけるはず。 もしかすると、すでにどこかに。

f0066555_12524563.jpg 30分ほどの余裕を持って、10時からの乗合船に乗る。
 上天気ですでに30℃はあると思われるが、アシの間から吹きぬける風は実に爽快。

 アシの向うは水田。 耕地整理される前は道が無く、農作業するにもこうした船で乗りつけたそうだ。
 このアシは秋には刈り取られ、6尺、8尺と仕分けされ利用される。 屋根を葺くことは少なくなったそうだが。

f0066555_1372470.jpg 水郷めぐりから帰って来る船とすれ違う。
 観光船は4社ほどあるが、いずれも乗合船は10時以降の出発。
 ということは、この船は貸しきり船。 私達が1時間の乗船を終えて、船着場に戻った頃、大阪方面の観光バスが2台も停まっていた。
 水郷のベストシーズンは春と秋だそうだが、この時期も涼しくて人気なのかも。

f0066555_13141447.jpg 近江八幡は名高い「近江商人」の町。

 伴家もそうした豪商の1人。 残された建物は一時、小学校→役場→図書館として、現在は私立資料館として利用されている。


f0066555_13344015.jpg 近江八幡の発展は、豊臣秀次によるところが大きいと言われる。
 一度は関白にまでなったが、秀吉に実子秀頼が生まれると切腹に追い込まれ、八幡山城主としてはわずか5年。
 信長同様「楽市楽座」の政策と、この八幡堀と呼ばれる運河を築き、琵琶湖の海運の要として、近江八幡の反映をもたらした。

 帰り道、その信長の安土城跡に登る。 その石段と、猛暑に音を上げる。
[PR]
by t_ichib | 2007-07-29 13:48 | 今日もまた留守にしています
ちょっと残念
 他の人のブログで、コウホネ・ガガブタなどの浮揚植物の花の写真を発見。
 そういえば、近くのスポーツ公園でも咲いているかもしれない。 さっそく…

 杭瀬川スポーツ公園は、杭瀬川の河川敷を利用し、野球のグランド2面、ソフトボール2面、サッカー2面と、かなり広い。 そこに色んな植物が植えられた1隅がある。
 市街地から離れており、また河川の増水時には水に浸かってしまうこともあるせいか、あまり手入されていないのが残念。
 2、3年前、一度水仙が植えられ可憐な花を咲かせたが、その後は雑草に覆いつくされてしまっている。

f0066555_855214.jpg 雑草が生い茂っているが、緑ゆたかともいえるのかもしれない。 グランドの周囲なども含め、ウォーキングをする人に好まれている。

 流れに近い片隅に人工の池があり、そこにスイレンなどの浮揚植物が植えられている。

f0066555_9165952.jpg その池も2年程前に、新しく1つ増やされた。
 が、新しい池はまだ片隅にスイレンがある程度。

 そしてコウホネの花は咲いていたが、ガガブタ・アサザはすでに花の時期が終わっていたみたい。

f0066555_926798.jpgf0066555_9262379.jpg この時期いろんな場所で何度も見たスイレン。
 よどんだ水の中なのに、花はどうしてこんなに綺麗なのか。

 アサザなどの花の時期に遅れたことと、この辺りの手入れが行き届いていないことが、ちょっと残念。
[PR]
by t_ichib | 2007-07-25 09:42
梅雨明けが待ち遠しい
 台風が過ぎても中々からりとした日が訪れない。
 と言っても、久しぶりに今日は晴れ間が多く、30℃を超えた。 九州、四国では梅雨明けしたという。
 午後、小学生達がわが家の南側の通学路を集団で通る。 学校のプールへ通う子供たちだ。
 その子供たちのためにも、本格的な夏が来て、思いっきり日焼けできる日が来ることを。

 夏休み中の学校のプールの開放は、わが家の子供たちが小さい頃から続いている。
 その頃は今より子供たちの数が多く、地域を午前午後に分けていた。 今は人数が少なくなって、午後1回になったのかな。
 当時からプールで事故が起きないよう、母親達が交代で監視をしている。 今はその頃より働く母親が増えている。 当番が回ってくれば、休みをとるなどしているはず。 わが子に対する母親の愛情だと思う。

 妻がバイトに通うプールでも、前半は散々だった。 例年、雨の日は入場者の数は少ないが、今年はそんな日が多く、初めて”0”という日を記録した。
 たとえバイトとはいえ、入場者数が少ないのは残念なよう。 今年は3人の看護師で交代でやっているが、どうも妻の勤務の日は雨が多い。
 私の仕事ではないが、せっかく夏休みに入ったんだから、2000名、3000名の人が押し寄せるようになってくれるといい。

 そういえば、孫の春音との電話。 もっぱら妻が話しているのをそばで聞くだけだが、「今日プールした?」と聞くのがいつもの会話。
 「う~ん、しなかった」と言う返事が多かった。
 これからは、「したー。楽しかった」という言葉をたくさん聞きたい。
[PR]
by t_ichib | 2007-07-23 22:25 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
霧が峰ガイドウォーク
 昨年8月の後半に出かけた霧が峰に、「少し違う季節の花を見たい」と、急に思い立って出かけた。
 梅雨の時期なので、天気予報とにらめっこ。 昨年は1泊したが、今年は日帰り。 5時半起床、空模様を見て6時半には出発。

f0066555_10495754.jpg 最初は八島湿原。 昨年見たおなじみのシシウドやハクサンフウロの名を思い出す。
 マツムシソウ、ツリガネニンジン、ヤナギランなどはさすがに8月になってからのようだ。

 湿原を一回りした後、入口の所の掲示で花の名を確認していると、横からパークボランティアの方が、気さくに花の名前を教えてくださる。
 その一つ、キバナノヤマオダマキ

f0066555_10574576.jpg 今回是非見たいと思っていたのが、ニッコウキスゲの大群落。
 霧が峰自然保護センターで場所を聞き、車山肩へ。
 駐車場は満杯。 歩いて15分くらい離れた駐車場に停めることに。
 散策路はバスツアー、マイカーの観光客でイッパイ。 土曜日曜はどうなんだろう。
f0066555_1172730.jpg
 中には何度も来ているらしい人が、口々に「まだ5分咲きくらい」、「いやまだ3分」とか言っておられる。 私はこれで十分堪能できたのだが。

 後で聞いたのだが、ニッコウキスゲは「1日花」(=1日とか1日半くらいで花を閉じる)とか。
 この花の後に見える蕾が次々に開いていくのか。

f0066555_11195535.jpg もう一つ期待していたのが、霧が峰自然保護センターの「ガイドウォーク」。
 200円の参加費で、1時間ほど散策路をガイドしていただける。
 とてもユニークな案内で、花を触って、匂いを嗅いで「花を見る診てみましょう」と。
 ある子供は「お父さんの足の匂い」と言ったとか、確かにあまり良い匂いではない。
 イブキトラノオの名は形からだけでなく、動物のしっぽの匂いからも来ているのだろうか。 「でも、人間には良い匂いでなくとも、虫たちが集まってくる匂いなんです」と。

f0066555_1134367.jpg このノアザミには手で触ってみるようにと。
 花のつけねはネバネバしている。 茎は毛でザラザラ。
 地べたを這ってくる虫を寄せ付けず、飛んでくる虫だけを受け入れる。
 遠く離れた花との受粉をしようとする、花の戦略だとか。
 花を指先でトントンと叩くと、白い花粉が出てくる。 虫たちが花に止まった時だけ、花粉を有効に利用する花の戦略。

f0066555_11431812.jpg ウツボグサの謂われは、戦国時代弓矢を入れた「うつぼ」と言われる武具に似ているからだと。
 花の名を聞いてもすぐ忘れてしまう私にも、この花の名は覚えられそう。

 草原の中に林が広がる一角がある。 そこで1本の木に触ってみるようにと。
 幹が水を含んでいるよう。→「ミズナラの木です」と。
 霧が峰は雨が少ないのだが、霧から水を取り込んでいるのだと。

 草原と林、それが多様な生物が住める環境を作っている。
 その草原は人間が牛などを育てるため、一部の林を焼き作り出し、手入れをしてきた。
 今、その草原に木々が増えてきている。 国定公園であるため自由に木を伐採できず、草原が少なくなれば、多様な生き物が生息できなくなることを心配しておられた。
[PR]
by t_ichib | 2007-07-20 12:12 | 今日もまた留守にしています
あ~あ
 台風4号が通り過ぎていった。 その前の豪雨の被害が出ていた九州・四国では、被害も大きかったようだ。
 私の住む東海地方では南の海上を通過したようで、三重県の一部で被害が出ているようだが、比較的影響は小さかったのかなと思う。

 14日夜、台風そのものではない梅雨前線による雨で、近くの川が警戒水位を超えた。 最も接近したと思われる15日朝、小雨が少し残る程度。 これなら河川の氾濫とかは心配ない。

 それなのに、台風が伊良湖岬、そして伊豆半島を過ぎても吹き返しの強い風が止まない。 まだ、3年目の若いリンゴの木が大きく揺れる。 そしてリンゴが次々に落ちる。

 各地で亡くなられた方、けがをされた方が多いのに、不謹慎にもわが家のリンゴのことを嘆いてしまう。 台風そのものでなく、吹き返しの風になんて…

 2本のリンゴの木のうち、王林の方は元々実の着きが悪く10数個だったが、残ったのはたった1個。 細い枝先に頼り気なく揺れている。

f0066555_8335575.jpg もう1本のフジは隣家の建物の陰で、風の影響が少し弱められ、やや影響が少なかった。
 それでも、1/3は落ちてしまってすっかり淋しくなった。

 ブログを書いている17日の今も、細い枝は大きく揺れている。
 街路樹に良く見られる樹木の支えをしてやらなくてはと、真剣に考えている。
[PR]
by t_ichib | 2007-07-16 08:55
ハスとヒマワリ
 愛西市のヒマワリを見に行く。 車を停めるつもりでいた道の駅は満車だった。
 そのため、少し離れた所にある臨時駐車場に車を停める。 そこで思わぬもうけモノ。

f0066555_13344871.jpg ハス田に向う道にヒマワリが満開。
 ハス田に向う観光客が何人もカメラを構えている。
 岐阜にも休耕田を利用したひまわり畑があるが、それに比べ時期も早く、何より花が大きい。
 観光よりも栽培を目的に作られているような気がする。

 ちょうどこの日、帰ってからテレビでウクライナのヒマワリの話題を目にした。
 ウクライナのヒマワリは、まだ東西冷戦時代にソフィアローレン主演の「ひまわり」の撮影の場にもなり、とても有名だそうだ。
 そして今、ウクライナ政府はバイオ燃料として利用する為、ヒマワリの栽培に力を注いでいるそうだが、今年は天候不順なため思うように育たず、2度、3度とタネを蒔きなおしているいるという話題。

f0066555_13534498.jpg さて、目的のハス田。
 木曽川下流の愛西市は大半が海抜0m地帯。
 見るからに水はけが悪そうな泥田には、レンコンの栽培が適しているのかもしれない。
 周囲にはこの花バスいがいにも、レンコン畑が広がっている。
 そちらの方は花の時期が遅いのか、緑の葉の間に白い花が時折ちらりと見える程度。

f0066555_14114633.jpg ハスは花が開き始めところが、もっとも形もよく美しいと思う。
 私達が来た頃には、かなり開ききった花が多く、もっと早く来るべきだったか。
 朝花が開き、夕方閉じるというが、一度それを見てみたいとも思う。

f0066555_14115967.jpg 何年も前、初めて花びらが散った後のこの形を見て、ビックリした。
 「ジョーロの先みたい…」と。 でも本当はたとえるなら、蜂の巣。 (ネットで調べてみたら)
 特にタネが抜け落ちた後はと書いてあった。
 そしてヒマワリ同様、種子も食用になるらしい。
[PR]
by t_ichib | 2007-07-10 14:42 | 今日もまた留守にしています
会いたくなったら
 「ユキちゃん(妻の名)に会いたくなったら、ちょっと熱を出したらいいよ」と、妻は春音に言い聞かせている。
 5月頃までは時々熱を出し、娘に代わって保育園にお迎えに行くことがあった。 会いたいと思っているのは、妻や私の方。

 春音はそう弱い子ではないが、保育園では望まぬ病を貰ってしまうこともあって、月2回くらいわが家に来ることが多かった。
 それが、もう1ヶ月会っていない。 前回は6月4日、娘が残業で遅くなるので、お迎えに行ったのが最後。

 昨日の朝9時頃、娘から切迫した声で電話が入る。 「保育園から、春音が39℃の熱と連絡が…」と。
 心配しながらも、久しぶり春音に会えると少し不謹慎な思いで迎えに走る。
 娘の声に心配と失望の響きがあったのは、実は翌7日には「たなばた発表会」という、お遊戯会があるため。 熱が下がらないと、両親ともに楽しみにしている行事に参加できない。

 今朝になって何とか熱は治まっていた。 保育園では、「ぱっと高熱が出て、すぐ熱がおさまるカゼ?」が流行っているというのだが、ともかく良かった。
 おかげで春音たちを送って行きがてら、私達も発表会を見に行くことに。 妻が日頃、春音に言い聞かせていた成果かも。

f0066555_20431087.jpg 会のオープニングで、園児たちが勢ぞろいしたところ。
 最前列に並んだのが、春音たちさくら組。 後列は大きい子達、きく・すみれ・ゆり。
 去年まで春音がいた0~1才児のもも組さんは、別室で出番待ち。


f0066555_20554784.jpg 実は保育園は狭いので、親達はすし詰め状態。
 あまりの大勢の人に、キョトンとして立ち尽くす子も。

 自信があふれたようすの大きい子に比べ、春音も少し緊張がかくせない。
 手を振っても、笑顔が返ってこない。

 不謹慎な私達の願いがかなって、春音からの思わぬご招待の1日だった。
[PR]
by t_ichib | 2007-07-07 21:26 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
なんで、写真撮らなかったの
 妻の所へは退職して3年にもなるのに、元の職場の仲間からの連絡が絶えない。 (妻は今も定年には少し間がある年令。) 同世代あるいは少し若い看護師長仲間からのお誘いが多い。

 同じ立場にいただけに、悩みやグチを話しやすいからかもしれない。 が、そういう話の内容はあまり聞いていない。
 それとは別に、「一緒に旅行に行こう」と誘われているらしい。
 暇な立場なので、パンフレットなどを取り寄せている。 が、彼女達の希望のグァムあるいはバリ島には、あまり乗り気ではないようだ。 どうなることやら。

 先日、それより20才くらいは若い元看護師さん2人がわが家へやってきた。 彼女達は妻がNICU(新生児集中治療室)の師長をしていた当時の部下、結婚あるいは出産を機に退職した。
 それぞれ2才と1才の子供を持つ若いママさん。

 わが家で、けっこう孫の春音のめんどうを見ることが多いのを知っていて、子育ての話などもしやすいと思ったもかもしれない。
 気兼ねなく話せるようにと、私は外出。 というか逃避。

 帰宅してから様子を聞く。
 台所の流しには汚れ物がイッパイ、彼女達はサンドイッチなどを持参し、わが家で昼食を摂ったようだ。 小さい子がいると、外でゆっくりランチという訳にもいかない。
 私達の若い頃もそうだった。 娘と息子の間が離れていたので、その期間も長かった。

 2才の男の子(春音より4ヶ月くらい遅い)は、さすが男のだけあってチョコチョコとじっとしておられなかたようす。
 母親達が話してばかりなので、退屈して家の中を引っかき回す。 母親が気にするので、皆で芝生の方へ出ていたらしい。

 私が帰宅すると部屋の中ばかりか、芝生に棒ッ切れが転がっていたり、普段閉めたことがない雨戸が半分引き出されていたり。 小さくても春音以上に活発なようすが伺われる。

 1才の女の子はお母ちゃんベッタリ、チョット離れると泣き声を上げる。
 それでも、1~2m離れて一人遊び。 母親によるとそれでも珍しいことのようで、「ここは(雰囲気が)あっているのかも」とのこと。

 話を聞きながら、「春音が一緒にいたらどうだったのか」と、春音がいないのにもかかわらずジジ馬鹿な想像。

 男の子の方は、以前メールに添付の写真や年賀状に印刷された写真で見たことがある。 それより「可愛くなっていたよ」と妻。
 なんで、写真を撮っておいてくれなかったの。
[PR]
by t_ichib | 2007-07-05 10:45 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか