<   2007年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
伊那路② でも木曽路も
 伊那路の旅から帰った翌朝、寝ぼけ眼で携帯を探す。 いつものように別の携帯から、私の携帯を呼び出す。 トイレからも洗面所からも着信音が聞こえない。 …と、「もしもし」と聞きなれない女性の声が?? えーっ、あの道の駅で忘れてきたぁ!

 【伊那路】

 すぐにも取りに行かねばならないが、遠い長野。 預かっていただいている道の駅の人には申し訳ないが、せっかく出かけるなら天気のいい日にと、今日になって出かけることに。
 まず、御礼を言って携帯を受け取る。

f0066555_9184197.jpg ここまで、やってきてこれで帰るわけには行かない。
 前回、目を奪われ続けたリンゴの果樹園。 車を止め、写真を撮る。

 気がかりは、通り過ぎる車のドライバーたちからの目。
 「李下に冠を正さず」、「果樹園で車を停めず」

f0066555_9285229.jpg 道の駅で頂いた長野観光ガイド、近くの観光名所を探す。
 箕輪ダム。 別名が「もみじ湖」とある。 ならば、行かなくては。

 15年前に完成した伊那谷の上水道用のダム。
 1万本ものもみじが植えられているそうだが、紅葉には少し早く、行き違う車も少なかった。


 【木曽路】

f0066555_9424156.jpg そこから権兵衛トンネルを越え、木曽路・奈良井宿へ。

 道の駅で車を停めると、すぐ目の前に大きな「木曽の大橋」が。

 総ヒノキ造りという豪華さ、橋脚の無い橋として日本一ということのほかに、橋の裏側の木組みにも目をひかれる。

f0066555_952736.jpg 木曽路の宿場では最も栄華を誇った奈良井宿の街並み。
 たまたま入った食堂の主人が、「1.1kmあります」と誇らしげに教えてくれる。

 現在は商売をしてなさそうな民家も、街並みに調和の取れたたたずまい。
 そして、そうした家々にも通常の表札以外に、「○○屋」という昔の屋号が。

f0066555_10123134.jpg 宿場の南のはずれ。 右側は、高札場。

 そして左側には、馬籠・妻籠では気がつかなかったもの。 鳥居峠を越えてきた旅人が喉をうるおした水場。

 沢の水を引いてきたものだろう。 宿場の地図で確認すると、6箇所もある。 そして現在もよく管理されている。

f0066555_10263572.jpg 奈良井の「鍵の手」、馬籠などでは「枡形」と言われるものと同じらしい。

 たしか、西国大名などが馬で江戸に攻め入らないように設けられたと、何かで読んだ。
 時代劇などでは、「鍵の辻」という名前も聞くこともある。

f0066555_10475931.jpg やはり、この宿場で始めて見た「猿頭」と呼ばれる庇を支える桟。

 盗人が2階から忍び込もうとすると、庇板が抜け落ちてしまう。
 防犯用の知恵らしい、思わずナットク。
 この支えの桟が、猿の頭に見えるってことか。

f0066555_1056172.jpg 長野には道祖神が多いとよく聞く。
 奈良井宿には、その道祖神や庚申塚を集めた場所があった。

 これはそれとは別で、実に立派な庚申塚。
 60日後との「庚申待ち」を3年関した人たちが、こうした塚を建てたとか。

 道祖神にしろ、庚申塚、あるいは「南無阿弥陀仏」と彫られた塚など。
 当時の信仰にこめられた旅の困難さを、少し分かるような気がする。
[PR]
by t_ichib | 2007-10-21 20:02 | 今日もまた留守にしています
伊那の旅 ①
 「あれっ、携帯どこへやったっけ」と、捜し回ることが多い。 そんな時便利なのが、別の携帯から呼び出すこと。 寝室で、シャツのポケットで、車の中などから呼び出し音が聞こえる。
 いつも思うことは、メガネ、車のキーなど、同じようにボタンを押せば、所在が分かるようになれば、便利だろうな…と。


 近くの紅葉が楽しめるのには、まだまだ1ヶ月ほど早い。 それじゃあと、駒ケ岳まで出かけることに。
 駒ヶ根インターで中央高速を降り、黒川平まで。 ここから先はマイカーの乗り入れ禁止。 バスに乗り換え、しらび平のロープウェー乗り場へ。

f0066555_20582766.jpg 2,600mの千畳敷駅まで、950mの高度差をわずか7分で登る。

 駅周辺の散策コース剣ヶ池へは、なんと一度急な勾配の坂を下らなければならない。
 そして散策コースの沿って、ロープウェー駅と同じ高さに戻るには、かなり息が切れる。
 期待の紅葉は、上がってきたロープウェーの中腹あたり。 駅周辺は元々森林限界で樹木も少ない。

f0066555_2128976.jpg ロープウェーを降りたのは、山登りが目的と分かる服装の人、バスツアーで来た軽装の人。
 私達はその中間というか、中途半端な服装。

 軽装の人たちが来ない八丁坂あたりまで登るのには、もう少し暖かな服装と手袋が必要と思う。
 先ほど降りたロープウェー駅が小さく見える。

f0066555_21574460.jpg 私達はどうあっても、駒ケ岳や中岳に登るという目的も無ければ、覚悟も無い。
 ただ、せっかく持ってきたお弁当を少しでも美味しい場所で食べたいと登ってきた。

 やっと宝剣山荘の近くまで来た。
 駒ヶ岳へ、宝剣、中岳への道しるべ。
 チョット負け惜しみだが、この先は今まで登ってきたより、いくぶんなだらかな道が続いているように見える。

 この写真を撮った直後、この付近には雪がちらつき始める。 それを口実にロープウェー駅まで下り始める。
 その後から、ガスというか濃い霧が追いかけてくる。

 駒ヶ根まで戻ると、山の天気とは違って快晴。 まだまだ時間も余っている。
 一度来たことがあるが、「早太郎伝説」の光前寺や妻籠宿を経て、中津川から中央高速で帰ることに。

 その途中で、真っ赤に色づいたリンゴの果樹園などを楽しみながら走る。
 で、そのリンゴを買いたさに道の駅に立ち寄ったのが、間違いだったとは。
[PR]
by t_ichib | 2007-10-18 19:58 | 今日もまた留守にしています
今度は私達が留守番
 昨日、春音たち親子がバリへ出かけていった。

 空港からは、妻の携帯に「やっと出国審査が終わった。 春音は興奮してちっとも言うことを聞かない」と、メールがあった。
 きっと、あまりに大勢の人混みに驚き、その人たちの興奮が伝わってくるのだろう。

 私達は、「小さな子を連れて何で海外なの」、「急に体調をくずしたらどうするの」と、あまり賛成できないでいる。
 が、私たち自身が今年2度も海外に出かけている。 もしかすると、娘達はうらやましく思っていたのかもしれない。 → だとすると私達の責任?

 今年の夏には、初めて海に連れて行った。 浮き輪につかまっているだけだが、本当にうれしそうだった。
 それ以外は、保育園の小っちゃなプールのみ。
 暖かな南の島で、広~い広~い海に喜ぶ春音を見たかったのかも。


 残念なことに、娘達の携帯は海外では使えない。 あと数日はどうしているのかも分からない。
 日本とはほとんど時差もないのだから、今頃は海で遊んでいるのだろうか。 あるいは、どこかを観光しているのか。

 今から、写真を見せてもらったり、話を聞くのが楽しみ。
[PR]
by t_ichib | 2007-10-17 11:24 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
北海道9 釧路~セントレア
f0066555_15215645.jpg 今日で最終日。 忘れてならないのは、お土産。

 北海道のお土産は色々あると思うが、何よりも蟹をはじめ海産物。
 ガイドブックにも出ているこのお土産屋さんを、ホテルのフロントで道を聞いてから出かける。 そして、最後の観光へ。

f0066555_15284233.jpg 12時過ぎには空港についていなければならず、空港の近く2ヶ所へ。
 阿寒丹頂の里。 真冬にはここにも丹頂が餌を求めて飛来するのだろうが、今は飼育されている3羽のみ。
 その代わり色々な展示や学習コーナーがあり、退屈はしない。
 ヒナの人工飼育の方法を説明してあり、私も右側から餌やりのまねごと。

f0066555_15452026.jpg 阿寒丹頂自然公園は空港のすぐ近く。
 こちらは展示などよりは、飼育されている丹頂を間近に見る施設。
 金網に囲われた中に、巣作りをする葦の藪や餌やり場などがある。
 つがいで飼われているので、ここで生まれた子供・孫たちもここで飼われていたり、各地の動物園に行ったりしている。

f0066555_16174451.jpg 飼育されているのが19羽と聞き、気になったのは半端な1羽。 それがこいつ。

 普通だと近づくと逃げられるので、妻の「そ~っと近づいて…」のアドバイスに従って、金網近くにいた1羽にカメラを向けると、いきなりくちばしで威嚇の攻撃。
 外側に黄色いテープがあり、「危険」の表示も。
 よくみると、面構えも少しこわもて。

 独り身のうっぷんがこうなったのか、それともこの性格が災いして独り身をかこつことになったのか。

 出かける前は、9日間はすごく長く思えたのに、終わってみればあっという間。 また今度…
[PR]
by t_ichib | 2007-10-13 20:24 | 今日もまた旅の空
北海道8 オンネトー~細岡展望台
 3年前は雨に降られたオンネトーを目指す。

 阿寒湖の少し手前に双岳台がある。 車を停めてみるが何も見えない。 本来なら雄阿寒・雌阿寒が見えるはず、木立が生い茂っているが、国立公園ゆえ展望のために切ることができないらしい。

f0066555_14115469.jpg その少し先の双湖台。
 下の湖パンケトーははっきりと見えるが、左上のペンケトーは小さくしか見えない。

 さらに同じ道筋にある阿寒湖にも立ち寄る。 湖岸を右手の方に、ボッケに通じる散策路がある。
 そこを歩いている途中、エゾリスを見た。 目の前の道を横切って林に隠れたのだが、あまりに素早くカメラを構える暇も無かった。
 旭岳で見たシマリスとは違い、縞は無く黒っぽかった。

f0066555_14274926.jpg 3年前には見られなかったオンネトー。

 湖岸を歩きながら、何枚も写真を撮る。
 見る場所が違うと、そして陽のあたり方の違いで、本当に湖の色が異なる。
 湖面を囲む紅葉も鮮やか。 今回の北海道では花の時期が終わってしまい、残念な気もしていたが、オンネトーは今がベストシーズン。

f0066555_14365783.jpg 鶴居村の鶴見台へ。
 丹頂鶴は渡り鳥ではないそうだが、真冬には何百と集まる鶴もこの季節にはあまり見られない。
 長年ここで餌やりを続けられている渡部トメさんに、車を停めた時に出会う。
 「さっきまでいたんだが、観光客の子供が騒ぐので逃げていってしまった」と、残念そう。

 私達が近くに行って見ると、幸いなことに戻ってきていた。 トメさんにも「良かったねぇ」と喜んでもらえた。
 中央の2羽は頭がオレンジっぽいので、「幼鳥かな」と思うのだが。

f0066555_1455255.jpg 明日が最終日なので見ておける内にと、ぐるっと回って釧路湿原の反対側、細岡展望台へ。

 やはり手前の方の木立が少しジャマをしているが、頭の中ではそれを消し去って雄大な風景を楽しむ。
 左での方はそろそろ沈みかけている太陽がまぶしいが、空の色・雲の白さ・湿原の中の沼などを堪能。
[PR]
by t_ichib | 2007-10-12 20:02 | 今日もまた旅の空
北海道7 霧多布湿原~摩周湖~美幌峠
f0066555_2217785.jpg 3年前は近くを通りながら、訪れなかった霧多布湿原。
 今回は時間をとって歩いてみることに。

 湿原センターから見下ろした霧多布湿原、ただセンター近くの谷内坊主(ヤチボウズ)木道は、あっという間に終わってしまうほど短い。
 そこで、国道沿いにあるビワセ木道へ。

 一見枯草ばかりの湿原に残るわずかな草花に、小さな蜂が忙しそうに蜜を集めていた。
f0066555_2229987.jpgf0066555_22292250.jpgf0066555_22294036.jpg
f0066555_22335636.jpgf0066555_2234945.jpgf0066555_22342463.jpg
 私たちも秋が残していってくれたものを探すのに、ちょっと忙しかった。

f0066555_22475735.jpg この近くに来たら定番ともいえる摩周湖に。
 霧の摩周湖とも言われ、なかなか晴れ渡った湖を見られないと言われる。
 ツアー旅行も含め4度訪れ、3勝1敗。
 駐車場に車を停めた時には、湖の方から濃い霧が流れてきていた。
 その霧がわずかな間に晴れてきたが、あえて霧が立ち込めるこの写真を。

f0066555_2345198.jpg 美幌峠を目指す途中、屈斜路湖に立ち寄る。

 「岸辺の砂浜を掘ると、温泉が出ます」との表示があり、掘ってみる。 ぬるいがお湯が出る。
 すでに掘られていた大きな穴には、「熱~い」というくらいの湯が。
 指先だけの入浴を楽しんだ後、さらに先へと。

f0066555_23265454.jpg 美幌峠に着く。
 峠から屈斜路湖を見下ろす。 登ってきた坂道のカーブも美しい。

 実はこの峠は越えない。 ここから引き返して、今日は弟子屈泊り。
 今度の旅で、唯一同じ宿をとった。 美味しい食事と親切なもてなしをもう一度と。
[PR]
by t_ichib | 2007-10-11 22:11 | 今日もまた旅の空
北海道6 知床峠~霧多布湿原
 結局、今日も知床の観光船は全便欠航。 知床の観光は昨日までに終わっているので、まっすぐ知床峠を越える。

f0066555_21324088.jpg その峠の紅葉、あまり素晴らしいので、後続の車の安全を確かめながら随所でシャッターを押す。

 今だに日本への返還が実現しない、国後が眼下に見下ろせることに複雑な気持ち。
 そこで生まれ育って人たちが生きているうちに…と。

 昨日同じ宿に泊まった人に「是非」と、勧められたサーモンパークに向かう。
f0066555_21472582.jpg そこにあったドクターフィッシュの水槽。
 手足の古い角質層をお掃除してくれるそうで、「手や足を入れてみてください」との表示も。

 手を入れると普通の魚だと逃げてしまうのに、群がり寄ってくる。
 私の場合、恐る恐る指1本を入れてみるが、くすぐったさに5秒と持たない。
 江戸時代なら、拷問に使える。 「お役人様、何もかも白状します」…と。

f0066555_21575559.jpg ここには遡上する鮭を捕らえ、人工孵化する施設がある。
 橋がある所から上流へは行けず、ここで一網打尽となる。

 元気あふれる鮭はさらに上流を目指し、何度も飛び上がってここを越えようとする。
 おもしろくもあり、物悲しくもある。

f0066555_22124027.jpg あまり観光マップにはなっていない落石岬。
 3年前、近くに宿泊したついでに立ち寄ったことがある。

 ここの林道沿いに水芭蕉が群生している。
 水芭蕉の白い可憐な花はよく知っているが、花の終わった大きな葉が水芭蕉の葉と知って驚いたことがある。
 この写真ではその葉も枯れ始め、中央に来年伸びる小さな芽をつけている。

f0066555_22293072.jpg この旅行中、釧路湿原あたりで「是非、丹頂を見たい」と思っていたが、思いもしていなかった所でそれを見た。

 今日の宿泊地霧多布湿原に向かう直前、幌戸(ポロト)沼。
 実は私が知らなかっただけで、調べてみるとポロトはタンチョウの生息地とあった。

 思いがけない出来事、思いもしなかった発見も旅の楽しみの一つ。
[PR]
by t_ichib | 2007-10-10 21:29 | 今日もまた旅の空
北海道5 小清水原生花園~知床五湖
f0066555_1937329.jpg 小清水原生花園、以前花の盛りの頃に訪れたが、この時期どうかなと行ってみた。

 一面、茶色い枯れ草に覆われている中で、チョットうれしいことに、けなげに咲いている花・目をひく赤い実を見つけた。

f0066555_19442997.jpgf0066555_19421544.jpg

f0066555_19541861.jpg 小清水を後にし、知床に近ずく。 鮭の遡上が見られると言うオンネベツ川。

 私たちが車を止めた直後に、バスが次々と停車し観光客を降ろす。
 写真では少々見にくいが、何匹もの鮭がいてびっくり。 ガイドさんによれば、「今日は少ない」と。

 知床で一番楽しみにしていた観光船。
 前日は雨の天気予報を、「晴れ女」を自称する妻の威力で覆すことができたが、知床の海の荒れはどうしようもなく、今日は全便欠航。 どうやら明日も。

f0066555_20254936.jpg で、もう一つ楽しみにしていた知床五湖へ。
 3年前はヒグマが出たと言うことで、1湖・2湖のみで後は立ち入り禁止だった。

 バスツアーの観光客で2湖までは、大変なラッシュ。
 3湖以降は、静かにゆったりと歩くことができた。


f0066555_20513030.jpg 思わぬ儲けものはコレ。
 5湖を過ぎたところで、間近に鹿を見た。 こんなに近づいても逃げようとはしない。

 もっとも、知床五湖の近くは鹿が多く、駐車場を出る時も数頭が車の前を横切ったりしたが…
 他の観光客より少し余分に歩いたご褒美として、独り占めで間近に見られたのか。
[PR]
by t_ichib | 2007-10-09 21:06 | 今日もまた旅の空
北海道4 コスモス~サンゴ草~ひまわり
 層雲峡を後にして、今日の最初の目的地遠軽へ。
 昨日ラッキーと思った旭川-紋別道路を走る。 通行料無料な訳が分かった。
 全線が開通していなくて、未完成部分は一般道路を走行する。 全線完成時には有料となるらしい。

f0066555_21465184.jpg とはいえ、予定していた時間よりは大幅に早く着いた。
 遠軽では「一面のコスモス」を見たいと思っていたが、やはり少し遅かったか。

 「太陽の丘えんがる公園」、旅行情報誌でコスモスのことのみ知っていたが、とてつもなく広い公園で、芝桜・チューリップから始まって1年中花が楽しめそう。

f0066555_2156368.jpg そこからサロマ湖・能取湖のサンゴ草へ。
 入り口近くのガソリンスタンドのおじさん、首をひねりながら「う~ん、半月ほど遅かったな」と。
 そのオジサンが勧めてくれた、中でも一番ましな一角。
 本当はもっと真っ赤だったんだろうけど…
 点々と白いのは、モチロンかもめ。

f0066555_2262042.jpg さらに、おまけにと「メルヘンの丘めまんべつ」のひまわり。
 とっくに花の時期を終えたのが大半だったが、遅れてやって来る観光客を失望させないように、蒔き時を遅らせた畑。

 チョットかわいそうだが、「もうすぐ霜が降りダメになりそう」と「メルヘンの丘」のオバサンの言葉。
 「油とかを取るんですか?」と聞くと、花の時期を終えたヒマワリは「畑にすき込んで肥やしにするんです」と。
 もったいないと言う気もするが、それも一つの役割か…と。

f0066555_22235291.jpg JR女満別の駅舎です。
 北海道にはメルヘンチックな駅が多いが、これもその一つ。
 向かって左側に女満別駅、右には図書館とある。
 一つの建物が多目的に使われているようだ。

 実は3年前、この駅のすぐ近くのホテルで甥っ子が結婚式を挙げている。
 かわいらしい駅と、近くに生えていたオバケのようにでかい蕗を、今も忘れられない。
[PR]
by t_ichib | 2007-10-08 22:39 | 今日もまた旅の空
北海道3 十勝岳温泉~天人峡~黒岳
 体育の日を含め、3連休なのでこの6日、7日の宿の予約にはどこも満室で苦労した。
 そして、当初今日は旭山動物園に出かけるつもりだったが、宿の同宿者から「すご~くいっぱいで、白熊など遠くからしか見られなかった」と聞き、急きょ予定変更。
 恐るべし、3連休。

 旭山には去年行ったことだしと、宿のご主人に「旭岳は…?」と聞く。
 「旭岳ロープウェーも混みますよ。 それに紅葉はもう終わってます」と、代わりに進められたのは、今が見ごろの十勝岳温泉の紅葉。

f0066555_2231204.jpg いともあっさりと、目的地を変え走り出す。
 温泉に向かう山道からすでに見事な紅葉が続く。

 昨日越えてきた峠道もそうだったが、北海道で赤く紅葉しているのはナナカマドが圧倒的。

 私たちは、紅葉の名所としての十勝岳は聞いていなかったし、駐車場にもレンタカーの観光客は少なかった。
 代わりに、そこからは十勝岳・富良野岳などへの登山客が多い。
 お気楽に「どこに登るんですか」「どの山なんですか」と聞く。 どれも近くの山の陰で直接には見えない。

 そこから望岳台へと向かう山道でも、すばらしい紅葉にたびたび車を止める。
 次の目的地、天人峡へは一度美瑛に戻らなくてはならず、以前に訪れた丘の名所に懐かしく立ち寄る。

f0066555_22502534.jpg さっきはナナカマドが圧倒的と言ったばかりだが、なぜか天人峡ではモミジが目立った。

 前回来た時は季節も違い、ここで二輪草を始めて見たのを思い出す。
 その時は、途中の道が崩れていたとかで、敷島の滝は見られなかった。

 駐車場から15分で羽衣の滝、さらに15分かなりハードな道をたどり敷島の滝に着く。

 ここからも直接層雲峡に向かうことはできず、いったん旭川の近くまで戻らなくてはならない。
 が、ラッキーなことに古い地図には載ってなかった「旭川-紋別道路」という通行無料の新しい道路(カーナビにも一部しか載ってない)で、快適に走れた。

f0066555_2363193.jpg そんな訳で、予定よりかなり早く層雲峡に着いたので、黒岳ロープウェーに乗る。

 ロープウェーの左右もきれいな紅葉。
 足元には少し遅いリンドウが咲いていた。 残念ながらロープウェーの動きが早く写真が撮れなかったが。

 そして、ここでまた3連休の恐さ。 観光客が多く、下りのロープウェーには長蛇の列。
 通常なら5時が最終なのに、乗れたのは5時半。 真っ暗な中、その日の宿を捜すことになった。
[PR]
by t_ichib | 2007-10-07 22:16 | 今日もまた旅の空