<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ぐりとぐらとなかまたち
 岐阜県美術館で開催中の「山脇百合子絵本原画展」に出かけてみた。

 「ぐりとぐら」は、中川梨枝子さんが文を書き、山脇百合子さんが挿絵を書いた絵本。 わが家の2人の子供たちが幼い頃に買った、ゆうに100冊を超える絵本の中でも、子も親も大好きだったうちの1冊。
 孫の春音には少し内容が難しいと思い、今はまだもう少し「年少版」の絵本を読んでやっているが、その内読み聞かせてやれることを楽しみに…。

f0066555_1458315.jpg 美術館の中ではたぶん撮影禁止なので、ロビーのポスターを撮影。
 ぐりとぐらがサンタクロースに出会う「ぐりとぐらのおきゃくさま」

 第1作の「ぐりとぐら」が秋、春の「ぐりとぐらのえんそく」、夏の「ぐりとぐらのかいすいよく」と、春夏秋冬全てが揃う。

 懐かしい思いの中で、いくつか発見も。

 最初の「ぐりとぐら」は「たまご」という原題で、「母の友」という雑誌に掲載されたらしいこと。 それまで「母の友」という雑誌の名前さえ知らなかったのに、創刊50周年を超え「こどものとも」より歴史が長いこと。

 「ぐりとぐら」のおしまいの方で、森の動物達が焼きあがったホットケーキを食べるシーン。 原画では象が2頭いるのに、お話の文を入れるため1頭が消されていたりする。
 さらに、絵本のバランスをとるため大胆に原画にはさみが入り、動物達が上下左右にずらされたりもしている。

 この日は先生に引率された小学生たちが、「(原画と絵本で)どこか違うところがありますか?」と聞かれ、「木がなくなっている」、「象がいない」などと。
 「色が違っている」という声には、「さすが子供はするどい」と感心も。

 小さい子を連れた若いお母さんもいたが、私たち同様ずいぶん以前に子育てを終えたご夫婦の姿も多かった。
[PR]
by t_ichib | 2008-01-25 16:05 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
あけましておめでとうございます
 1日遅れの新春のご挨拶です。
 初積雪が元日になるのは、ここ数年でも記憶は有りません。 それに年末からはずーっと強い風が吹いていました。

 暖かく晴れて風も無く穏やかな春を、啄木が
             「なんとなく今年は良いことあるごとし…」
     と歌っています。
 それとはまったく違った年明けですが、それでも心が浮き立つのを覚えます。 今朝はその雪も融けてしまっていますし。


 年末はず~っとブログを更新していませんでした。
 忙しかったわけでは有りません。

 どういうわけか、例年になく早く息子が帰省してきたこと。 合わせて3日間ほど娘と春音が来ていて、わが家は賑やかでした。
 娘のダンナは休みは3ケ日のみ。 この時期、忙しいのはいいことなんですが、少し気の毒。

 その間、私はただデレ~ッと過ごすのみ。 1足早く正月が来た気分。
 身体を動かすことも無く、妻が(息子や孫のために)張り切って作る料理を食べるだけですから、また少し太りました。

 ノンビリも今日2日まで。 午後からは京都の下宿まで息子を送っていきます。
 8日までに提出しなければならないレポートとかがあるらしい。

 取って返して、その後は豊橋の妻の実家へ出かけます。
 今年はUターンラッシュが早く、2日3日といわれていますので、高速の渋滞が心配ですが。

 と言う訳で、今日から今年の始動です。 よろしくお願いします。
[PR]
by t_ichib | 2008-01-02 11:23