<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
スフィンクスが見つめているのは…
 前夜、シャワーを浴びたりして眠ったのは1時くらい。 そして6時にはモーニングコール。
 添乗員さんは「モーニングコールがなくとも、時差ぼけのせいで起きられる」と言っていたが、その通り。
 日本との時差は6時間(1時間の夏時間)、日本なら昼の12時なんだから。
 ついでにエジプトの通貨はポンドで、1エジプトポンド≒20円。

f0066555_23483466.jpg 朝8時にバスに乗り、最初の観光へ。

 エジプトにやってきたと言う実感は、やはりピラミッドを見た時。
 第1ピラミッド(クフ王)。 大きすぎて写真に収まりきらない。
 さっそく、携帯で日本の娘・息子や友人たちにメールを送る。

f0066555_2357968.jpg ピラミッドを見渡せる丘に、観光用のラクダがいた。
 1人30ポンドで、一回り乗せてもらえる。

 前足後足と順に、一度膝立ちになりながら4段階で起き上がってくれるが、それでも大きく揺れ、特に降りる時は恐い。

f0066555_0114010.jpg そのラクダの上から3つのピラミッドを。

 中央が第2(カフラー王)、右手前が第3(メンカウラー王)。
 サハラ砂漠の真ん中ではなく、写真のすぐ左側には大きな道路やギザの市街がある。
 この後何度も、バスの中から、レストランの窓から目にすることに。 ピラミッドが大きいこともあるのだが、ちょっと意外。

f0066555_0281132.jpg そしてもう一つがスフィンクス。
 上の写真のちょうど反対側で、右に第1左に第2が写っている。
 第2の上の方には、ピラミッドを覆った化粧岩が残っている。

 現地ガイドによると、日本のクイズ番組で「スフィンクスが毎日見ているのは何か?」と言う問題が出されたことがあったそうだ。
 答えはピザハットとケンタッキーフライドチキン。 本当に市街地のすぐそば。


f0066555_0453132.jpg さらにもう一つのエジプトの顔はイスラムの寺院。
 カイロ市内にはいくつものモスクがあるが、モハメッドアリモスクの中へ。

 ドームの左右の2本の塔は権威の象徴などではなく、お祈りが始まることを上から大声で呼びかけるためだそうだ。 現在は拡声器
 とはいえ、平民が立てるモスクは塔が1本、王族でなければ2本以上の塔は建てられなかったと言う。
 モハメッド=アリというのは、ボクシングの元チャンピォンではなく、昔の王様の名。

f0066555_0595537.jpg そのモスクの中。

 この後、トルコのブルーモスクなどいくつものモスクを見るのだが、実にきらびやか。
 高く丸いドームの屋根は、お祈りの声を厳かに反響させる効果があるのだろう。

 イスラム教徒は暗記しているので、コーランを読むのに窓からの明りはそんなに必要としないと言われる。 が、現代のモスクは十分な照明で明るい。
[PR]
by t_ichib | 2008-06-30 23:46 | 今日もまた旅の空
なんとも、強行軍…
 6月29日から7月11日まで、13日間のエジプト・トルコ旅行から帰ってきました。 疲れましたが、毎度ながらカルチャーショックとその国々のパワーに酔いしれています。
 日が過ぎていくのは、あっという間。 忘れない内にブログに書き留めておきたいと…


 エジプトまでは13時間。 中部国際空港からの直行便はなく、関西空港からの出発。 自宅を早朝6時に出て、名古屋駅で集合。
 当日は雨、駅周辺には色々なバスツアー(なんと103台とか聞いた)の客でごった返していた。
 ツアーは添乗員さんを入れ26名。 内2名は札幌からの参加で関西空港から合流。

 関西空港へ向うバスの中で、さらにカイロ空港からホテルへのバスの中で、現地の状況や注意事項などの説明がある。 頭に残ったのは、2点。

  ① 観光地やレストランのトイレを利用するのに、1ポンドほどのチップが必要。
  ② 水が合わないのか、現地では体調をくずす人が多い。 (下痢)
    エジプト人やヨーロッパ人はなんともないのに、日本人だけ。
    水道の水は飲まないこと。 生野菜はできるだけ食べないように。 …と。

 ②を聞いた時は、参加者が26名もいれば、2~3名くらいはと考えていたが、実は…

 11時過ぎには関西空港に着く。 軽い食事を取った後、出国審査、14:25離陸。
 さすがに13時間は長い、機内食が2回に間食にオニギリまで出た。 イスラムの国だからなのか、エジプト航空ではアルコール類は出ない。 (飲めない私には関係ないが)

 そしてひたすら読書。 なんと持参の文庫本1.5冊を読了。
 ようやくカイロの夜景が翼の向うに見えてきたときは、さすがにホッとする。

f0066555_2301934.jpg

 現地時間 21:15カイロ空港着。 入国審査と荷物の受け取り。
 エジプト入国時には、ビザ申請料が1人15ドル必要。 今回の旅行日程では、日本-エジプト-トルコ-エジプト-日本なので、2回30ドルが必要になる。
 22:30にバスに乗車。 そして23:45(日本時間にすると、翌朝の6時)にホテルに到着。 なんとも…
[PR]
by t_ichib | 2008-06-29 22:36 | 今日もまた旅の空
山あじさい
 しばらく前に見たテレビで、育児中の母親が夜ダンナが帰ってくるまでに話をしたのは、「レンジと冷蔵庫だけ!」なんてことを言っていた。
 娘を一人目の育児中はそれに近いことを言っていたのを思い出す。
 二人目の今は、孤独を感じることは少ないとはいえ、姉の春音が彩乃を(可愛がろうとして)かまって泣かせてしまう。 それも、食事の支度など忙しいときに限って…

 と、育児のストレスがたまっている娘が、「わが家にノンビリしに来たい」と言う。 月末から旅行に出かける予定でしばらく会えない私たちは、喜んで迎えに行く。

f0066555_1534090.jpg 保育園の終わる時間でよいので、少し寄り道をして去年も言った三光寺のアジサイを見に行くことにした。

 山門に向う急勾配の石段の左右に、見事にアジサイが咲く。
 もちろん、境内にも裏山にも。


f0066555_15401967.jpgf0066555_154038100.jpgf0066555_15432398.jpg
f0066555_1531669.jpgf0066555_15312111.jpg
 花の名前は分かりませんが、丸く手まりのような形の物、ガクが八重になっているものなど、色も形もさまざまです。


f0066555_15592219.jpg 所々にガクが下向きについているのを見つけました。 そういう種類なのか?
 ちょっと気になったので、若い住職に聞いてみました。

 「当寺には本アジサイも植えてありますが、山アジサイが本来なんです。 本アジサイに比べ、葉が小さいのが特徴です」と親切に教えてくれ、「花の時期が過ぎたので、ガクがたれさがっている」と。

 本アジサイに比べ、花の時期が1週間くらい早い。 「来年は少し早目においで下さい」と。
 馬鹿な質問に丁寧にお答えいただきました。
[PR]
by t_ichib | 2008-06-26 21:15 | 今日もまた留守にしています
今度はユリ
 娘達が岐阜に帰ってから、1週間近く。 以前(と言っても産休に入ってからだが)なら、パソコンメ・携帯などでしょっちゅう妻の所へメールがあったが、さすがに育児でおおわらわなのか、回数が減った。

 それでも、数少ないメールからその様子が分かる。 赤ちゃんの彩乃は当然夜中でもお腹がすけば泣き出す。 その泣き声で目を覚ました春音までが泣き出す。 そうなると、そちらを担当するお父さんまでが寝不足… という生活らしい。

 そのお父さん、「当分の間は残業を断って、できるだけ早く帰宅する」と言ってくれているようだ。
 振り返って、当時の私はどうだっただろうか。 そこまで表彰状モノだったとは思えないが、残業嫌い+通勤時間10分と言う好条件で、何とか及第点だったのか?


f0066555_1041721.jpg 鬼の天使のいない間の洗濯。 近くの谷汲のユリ園に出かけた。

 ここに訪れるようになって、もう4、5年。 来るたびに少しずつ広くなり、花も増えている。
 花を見に来る観光客が増え、好評に気をよくした(ここを運営する)高齢者たちが張り切っているのが、目に見えるようだ。

f0066555_10144699.jpg 山あいの平坦な所は花壇のようになっており、一筋ごと同じ種類の花が植えられている。
 そして斜面にはごちゃ混ぜに、いろんな色のユリが植えられている。

 妻も私も、少しだけこちらの方が好ましく。 斜面に作られた何本もの道をくまなく歩き回ることになる。


 そこに咲いていたユリのいくつかを。
f0066555_1023750.jpgf0066555_10232717.jpg
f0066555_10241643.jpg バラなどに比べ品種は少ないのだろうが、花壇の一筋ごとに付けれていた品種の名を覚えられない。 赤とか白としか。

 上の2つのように、ほとんどの花は上向きに花が咲くのに、左のピンクは横を向いている。
 チョット面白いと思って写真を撮ってきた。

 明日は、春音を歯のフッ素塗布に連れて行くのを頼まれている。 その確認とあわせて、妻は携帯で撮ったユリをメールしていた。
[PR]
by t_ichib | 2008-06-16 09:42 | 今日もまた留守にしています
久しぶりの遠出?
 親子3代5人の大家族、体力的には大いに疲れたが、賑やかで張り合いのある毎日。
 3人が帰った後は、一転して空気の抜けた風船のような気分…

 それではならじと、遠出とまではいえないが花フェスタ記念公園まで。
 「たぶん、バラには少し遅すぎるかも」と思いながら出かけたのだが、やはり少し盛りを過ぎていた。
 残っている花の一つ一つは綺麗なのだが、もう少し早ければ遠くから見ても、実にカラフルで華やかだったのに。
 もう一つ、斜面いっぱいに咲くポピーの花も、葉が茶色く枯れ始めていて残念。


 代って、楽しませてもらえたのは、池の周囲のフェンスに咲くクレマチス。

f0066555_2244090.jpgf0066555_2273080.jpg

f0066555_2285259.jpg 本当はもっとさまざまな色と形のクレマチスが咲いていたが。

 左の写真は、八重の花びら。 花に詳しくないのだが、八重の花は珍しいんじゃないだろうか。


 園内で、持参のお弁当を食べた後、もう一つの目的地の御嶽の森のササユリへ。

f0066555_2217221.jpgf0066555_22172352.jpg

 昨年は出かけるのが少し早すぎたが、今年はバッチリ。

 真っ白な花と淡いピンクの花。 よく見るとその中間の微妙な色と、3種類に思える。
 その場にいた人にそのことを言うと、「いやー、もっと多い」という意見も。

 この季節、クレマチス・ササユリだけでなく、何と言ってもアジサイ。 花フェスタでも、御嶽の森でも多く見かけたが、また改めてアジサイを見に行こう。
[PR]
by t_ichib | 2008-06-13 21:41 | 今日もまた留守にしています
あと少しの間
 明日でようやく彩乃も、生後1ヶ月。 10日(火)に1ヶ月検診を受けた後、11日には岐阜の自宅へ帰る。

 同じ頃に出産したお母さん方と娘が話していた所、ほとんどが3ヶ月くらいは実家でゆっくりしていくようだ。 が、春音の保育園もいつまでも休ませているわけにもいかず、単身暮らしのお父さんも大変だし…
 そのお父さんは、仕事で疲れているのにもかかわらず、週末にはわが家にやってきて、娘や私達の負担を減らすため、春音を公園などに連れて行ったりしている。

 春音は、何人もの人に心配していただいたとおり、典型的な「赤ちゃん返り」。
 私達が外に連れ出したり、おもちゃや絵本で一緒に遊んでやったりしている間はいいのだが、夜中に突然目を覚まして「おかぁさん」と、泣いたりする。
 それが、折悪しく綾乃にオッパイを飲ませている時などだったりすると、家中が大騒ぎになる。

 彩乃も彩乃で、食事時などに泣き出したりする。 そうなると交代で、一人が食事を中断して抱いてやらねばならない。


 と言う訳で、岐阜に帰ってから大変だろうなと心配になる。 特に、春音が保育園から戻り、お父さんが帰宅するまでの間が。
 …と、毎日見られた春音と彩乃の顔が見られなくなるという、寂しさの混じった心配だが。


f0066555_22201868.jpg そんな春音の気がまぎれるようにお天気さえ良ければ、公園のブランコ・砂場などに連れ出しているが、6日には私達の楽しみも兼ねて、曽根城公園の花菖蒲を見に行った。

 14、15日が「しょうぶまつり」と看板に出ていたが、確かにその通りでまだ蕾のものが多かった。

f0066555_22291032.jpg 上の写真の右手の方には、大きな池(釣りをする人が多い)と広い芝生が有る。

 楽しみにしてきた公園の遊具は滑り台しか無く、しかも前日の雨で濡れていて滑れなかった。

 釣りをしていた人と、しばらくお話をする。 その少し前に1匹吊り上げていたのだが、キャッチ&リリースとかで逃がしてやった後。 お魚を見せてやれず残念。


 今日は週末ごとにやってくるお父さんにいっぱい遊んでもらった春音、夕食後に一人で岐阜に帰るお父さんに「明日も会社に行くの?」と寂しそう。
 「今度来る時は一緒の帰るから」と、慰めてもらっていた。 …ジジババの限界。
[PR]
by t_ichib | 2008-06-08 22:54 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか