<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
1年ぶりの花フェスタ記念公園
 大野町のバラ祭りに出かけてから、もう10日あまり。
 雨の日、風の強い日が続き出そびれている間に、我が家のつるバラの花がその強い風に吹き散らされるようになった。

 出そびれている間に、花フェスタのバラの時期が終わってしまったら大変…。 と言うわけで大急ぎで出かけた。
 数日続いた雨も昨日くらいから上がり、公園の駐車場もいつもよりずっと遠いところまで、車の列が続く。
 土日などは、公園から離れた駐車場に誘導され、そこから無料シャトルバスで 往復することになるようだ。 平日の今日はそこまでではないが、それでも入り口にはたくさんの人が。


f0066555_1445871.jpg この時期はなんと言ってもバラなのだが、池のフェンスに咲くクレマチスの花も、色・形がとりどりでいつも楽しみにしている。

 今日はそれほどの暑さではなかったけれど、暑さの厳しい時は池の噴水をバックに咲くクレマチスに、しばし涼しさを味わうことも。


f0066555_14533159.jpg もう一つこの時期に楽しみにしている、土手に咲くポピー。

 今年はどうしたことか、ポピー畑の中に背の高い雑草が目立つ。
 苦心して雑草の入らないように撮っては見たんだけど。

 毎年妻が旅や花の写真を入れたカレンダーを作っていて、たまたま今月は去年のポピーの写真を使っている。
 それに比べると数段劣る。 手入れが行き届かなかったのかなぁ?



f0066555_1541585.jpg 花のタワーに向かう通路の壁に作られたツバメの巣。
 10数個も巣があり、半分ほどはもう巣立った空き家。 このツバメも巣立ち間近らしく、親鳥に負けないほどの体つき。

 巣の下には糞を受けるように四角い板が置いてある。 知らずにそこを通る人が被害を受けないように注意する効果もあるのかもしれない。



f0066555_15132633.jpg 「ヒマラヤの青いケシ」
 以前ホームページでも紹介されていたが、うまく花をつけない年も多く、私たちもこの花を見るのは2度目でしかない。

 先ほどのポピー畑でも赤や黄はあるが、青いポピーはない。

 先日、ケシの花が誤って販売されていたというニュースがあった。 その時のポピーとケシの簡単な見分け方、葉のつき方の違いを確認してみる。



f0066555_15325662.jpg そしてバラ。
 水路に沿って白いバラがずらりと並ぶ。 こんな光景は広い庭園でしか見ることができない。

 さらにその左右には赤いバラが並ぶのだが、今年は花の時期が少し遅く今は白一色。



 この公園には岐阜県で作られた青いバラ「ブルーヘブン」と言うのが咲いている。 バラは赤・白・黄と色とりどりだが、青はなく世界中で青いバラを咲かそうと競争なのだそうだ。

 「ブルーヘブン」も(身びいきでありたいと思うものの)私には白いバラ。 言われて見るとうすく青い色が着いているような…。

f0066555_15461837.jpg それとは違い、こちらは「緑色」だと自信をもって言える。

 花の種類は、えーっとなんだったか…

 とにかく始めて見たようなので。




f0066555_15501927.jpg 我が家にはフェンス沿いに這わせるツルバラしかないので、ついついこの公園でもツルバラに目が行く。

 アーチの左右から伸びた赤と白のバラが見事に絡み合って…

 こんなになるまでには、さぞ手入れが大変なんだろう。




f0066555_163619.jpg 最後に少々あつかましいが、我が家のバラ。
 種類はアンクルウオーター

 カクテルが貧弱なのに比べ毎年見事な花をつけ、我が家の優等生。

 ほかにピース、サマースノーも優等生。
[PR]
by t_ichib | 2010-05-28 22:26 | 今日もまた留守にしています
大野町バラ祭り
 手近な所にある大野町のバラ公園。 そこで「バラ祭り」が15、16日に開催されていると言うことなので、久しぶりに出かけることに。
 毎年、バラの時期には出かけているが、祭りに出演する近くの保育園児が、会場で練習をしている頃だったり、祭りが終わった頃だったりと。

 だから、当日の混雑ふりにはびっくり。 平日に訪れることが多いので、いつもならガラ空きの駐車場には停められず、係員の誘導で近くの小学校のグランドに駐車。



f0066555_14215376.jpg 私たちが会場に入ったのは、ちょうどお昼ごろ。
 祭りのイベントは午前と午後に分かれ、休憩時間だった。

 大野町と隣の神戸町は「バラ作りの町」としても知られるている。
 この時間は大勢のお客さんは、そのバラ苗の即売会場に流れ、公園の方には人影はまばら、ゆっくりバラを見られる。



f0066555_14303648.jpg 先日買ったばかりのカメラに慣れるため、妻がバチバチ撮った写真のいくつか。

f0066555_143247.jpg




 同じ岐阜県には「花フェスタ記念公園」があり、そちらのほうが敷地も格段に広く、バラの種類も多い。
 そちらはここより気候が寒いのか、少し花の時期が遅い。 いつもここより1週間ほど後に出かけることにしている。


 我が家のフェンス沿いにも、ここで買ったつるバラが10本ほど植えてあり、けっこうきれいに咲いている。

f0066555_1442243.jpg が、悔しいのはこの一重の赤いバラでカクテルと言う種類。

 1本の木から数え切れないほどの花を付けるのに、我が家のカクテルはさびしい位の数。
 木も弱弱しく、一斉には咲いてくれない。
 「育てやすい」というお店の人の勧めで、2~3本は買ったのに、枯れてしまったものもある。

 即売会場で、バラの消毒法を教えてもらった。 いつも悩ませられる「黒点病」がカビだったなんて。 湿気を好むので、雨の後に消毒すると良いと。



 会場に入るのがお昼過ぎになったのは、ネットで知ったビュッフェ形式のお店のランチタイムに寄ってきたから。
 実はこの日のイベントに、妻の友人のサークルが出演。 「見に着てね!」とお誘いを受けていた。
 会場のプログラムを見ると、その出演時間は11時。 ランチの順番を変えれば、見てあげられたのに。
[PR]
by t_ichib | 2010-05-16 23:11 | 今日もまた留守にしています
不謹慎ながら…
 しばらく前から「ユーロを少し買っておかなければ…」と思っていた。
 「ドバイショック」時は少し安かったが、4月中は125円を超えていて。


 「せめて124円位になったら…」と待っていたら、降って湧いたような「ギリシャ危機」。
 思ってもいなかったような、120円を切るようなユーロ相場。


 ドルなら近くの銀行でも変えるが、ユーロとなると岐阜市の郵便局まで駆けつけなければならない。
 窓口で聞くと、手数料が上乗せになって1ユーロ124円ほど。 が、午前中で売り切れてしまったとのこと。

 残念! 私たち同様にニュースを知り駆けつけた人が多かったらしい。
 あきらめきれず近くの銀行で聞くと、こちらは手数料込みで128円と言う。 ちょっとね…
結局買わずに引き返す。



 そして翌日、なんとさらにユーロが下落している。 郵便局に問い合わせると、「在庫あり」との返答。
 1700ユーロほどを買う。 しかも手数料込みで119円。 昨日売り切れだったのは、私たちにとってラッキーだった。



 そして今、いったんは持ち直したものの、再び114円台の相場が続く。
 相場はともかく、何人もの人が亡くなっていると言うニュースを聞き、安く買えたことばかりを喜んでいるのは「少し不謹慎かな…」と。



 私たちが少し多めのユーロを必要としたのは、6月に妻が学生時代の友人と2人でドイツに行くため。
 その友人がドイツ語が達者なので、ツアーでなく個人旅行。 宿も格安の宿を現地で探すと言う。
 カードが使えない宿も多く、日本円で15万円くらいのユーロが必要と言う。



 その間、私は留守番。
 悔しいので、その直前位に「モロッコ旅行」を申し込んだ。 外国語はまったくダメなので、私はツアーで。

 今まで旅のしたくは全部妻に頼りきっていたので、今は図書館で借りてきたモロッコのガイドブックで勉強中。 大変だ!
[PR]
by t_ichib | 2010-05-15 15:25 | 今日もまたなにごともなく
社交デビュー?
 毎年、楽しみにしている春音たちの「親子遠足」。 いつも金曜日の行事なので、娘夫婦に代わって私たちの出番となる。
 私たち以外には、ジジババはほんの一握り。 実家を離れ若夫婦だけのマンション暮らしで、遠くの親たちに頼めず、休暇をとってきた…?


 私にとっては楽しみだが、妻は大変。 朝5時半に起きて、おにぎりやお弁当のおかず作り。
 そして前日から我が家に泊まった孫2人をたたき起こして出発。


 妻たち3人を保育園で降ろし、私はそのまま138タワー公園に先回り。 車で15分ほど、これ位の距離なのも保育園児らしい。
 先回りした私はそこで30分以上も待つ。 出発直前にトイレに駆け込む子もいるだろうし、園からバスに誘導するのも大変だし、これ位は当然かかるだろうな。

 クラスごとの記念撮影も大変。 シャッターチャンスと思った瞬間、横を向く子・隣の子の頭をたたく子… 「こちらを向いて」と必死のカメラマンは、声がかれるほど。



 その後クラスごとに輪になってゲームを一つしたら、もう昼食の時間。

 そして、去年まで見られなかった光景が。
 最初は隣同士の女の子2、3人でおやつの交換をしていたが、そのうち反対側に座った男の子・女の子ともあげたり、もらったり。

 特別人気があったり、仲間はずれになる子もなく、ほほえましく見ていられた。
 来年は小学生、社交風景はどんな風になっていくんだろうか?



f0066555_16382044.jpg 2時間弱の自由時間になると、大きい子たちは親など見向きもせず、友達同士で走り回る。
 滑り台などの遊具の周りに群がる親たちの向こうは、年少の子供たちのみ。

 去年もこうだったんだろうか? 去年は綾乃がいなかったので、必死で春音の後を追いかけたのかもしれない。


f0066555_1775986.jpg 私たちはゆっくり歩いて着いていける方に、集中。

 姉より少し慎重な妹は、「これなら安全」と見極めた遊具のみ挑戦。
 その代わり気に入ったのには何度でもしつこく乗ろうとし、引き離すのが大変。


f0066555_17173730.jpg ようやく捕まえた姉娘。
 スタンプラリーなどイベントに使われるスタンプに興味が。
 イベント中でないので、台紙などはない。 それで手にスタンプ。
 その後、遊びに夢中になっている間に自然にスタンプは消えていた。



f0066555_17253437.jpg 娘からも「超」が付くほど好きだと聞かされていた水遊び。
 「もう終わり」とか「帰ろう」と言うと、泣き叫ぶとか。

 幸いこの日は、お昼寝タイムに入ったため、泣かれずにすんだ。
 が、公園の一番奥から駐車場まで抱いて歩くのは、2才児とはいえズシリと重かった。



f0066555_17343358.jpg 自宅で母親の帰りを待つ間、妹に絵本を読んでやる春音。
 彩乃の服が変わっているのは、公園での水遊びの結果。

 兄弟げんかもするけど、普段は仲良しの2人。 特に「悪いこと」をする時は…。
 この後、台所を水浸しにしてババに叱られた。
[PR]
by t_ichib | 2010-05-14 23:53 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか