<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
栂池高原
 連日の猛暑。 岐阜県の多治見市が、その中でも日本一の暑さを続けている。
 少し離れているとはいえ、同じ岐阜県なので我が家の暑さも相当なもの。 前日の熱気が冷め切らないうちに、再び強い日差しに焼かれているようで、朝から部屋の中にいてさえ30℃近い暑さ。


 その暑さに耐え切れず、衝動的にわずか2日前に宿を予約して、長野まで出かけることにした。 季節は違うが、去年栂池の紅葉を見に行った時に利用したペンション。
 宿代と栂池・八方のロープウェー代をセットにし、少しお得になるらしい。

 朝5時半ごろ自宅を出て、宿でロープウェーの割引券を受け取り、ロープウェーに乗ったのが10時。
 まだ記憶に残っている栂池自然園を、展望湿原に向かって歩き始める。


f0066555_108216.jpg 最初に目に飛び込んできたのは【ニッコウキスゲ】。
 いく筋かあるコースの中で、私たちの選んだ木道の近くには無くて、別コースのほうばかりに咲いている。
 道が合流してから少し戻りその花を撮った。

 夏の高原ではおなじみの花だが、数年前に近くの息吹山で「ニッコウキスゲウォーク」とかのイベントに参加して、(天候不順のせいとか)そのメインの花にお目にかかれなかったことを思い出す。
 「ねっ、いつも会えるとは限らないんだよ」と言うのは、となりのトトロのお父さんのセリフ。

f0066555_1054297.jpg 【ワタスゲ
湿原の中で、無数の星のように点々と咲いているのが、この花にふさわしいように思える。

 写真を見返してみて、湿原の沼地に向こう側を歩く人がくっきりと写っているのに気がついた。
 沼と呼ぶには申し訳ないような澄んだ水だった。 そして天気も。


f0066555_1049201.jpg 【タテヤマリンドウ
 花の名前は1ヶ月もしないうちに忘れることが多いので、自然園で買った花の写真集と付き合わせてみた。 たぶん、違ってはいないと思うけど。

 リンドウの花は、濃い青や紫が多いと思っていたが、白(縁は淡い青)も清楚な感じがして、私の好み。


f0066555_1175410.jpg 一面に咲くピンクのこの花は?

 妻と二人で首を傾げていて、ようやく【チングルマ】の花が散った後だと気づく。

 散る前のチングルマも岩陰などに少し残っていた。


f0066555_1117254.jpg この花の名前も分からなくて、ちょうど回ってきた自然園の係員に聞いてみた。
 【エンレイソウ】とのこと。

 栂池の写真集に載っていないのは、もう遅いからだと言う。
 チングルマと同様に花びらが散った後なのか、時期遅れで咲いたのかは、今ひとつ分からない。


f0066555_1133599.jpg もう一つ「なれの果て」と言っては悪いが、花の終わった【ミズバショウ

 北海道の知床五湖で、巨大に育ったミズバショウの葉を見て、思わず居合わせたガイドさんに聞いた時の衝撃は忘れられない。
 こちらはそれほど大きくはないが、北海道では背丈ほどもあったような。



  【ゴゼンタチバナ】         【キヌガサソウ
f0066555_11402068.jpgf0066555_11403472.jpg 自然園の入り口の展示で、「違いが分かりますか?」と写真つきで紹介されていた。


 写真に撮って比べてみれば、葉の枚数が違う。 花びらが丸い・とがっている。
 …といくつも違いが目に付くが、ただ歩いているだけでは、やっぱり分からない。


f0066555_115276.jpg ようやく展望湿原に着く。
 途中の登りがけっこうきつくて、昼食を含め何度も休憩を取る。

 風に乗ってガスが流れ、大雪渓もこの程度しか見えない。
 「もう少し、稜線がくっきり見えれば最高なのに」と、20~30分ほども待つ。
 待つためと言うよりは疲れた足を休めるために、なかなか腰を上げることができない。

 一緒に待っている人の中からは、1年に何度も登る地元の人でさえ、写真のようなすばらしい雪渓は、「数回しか見られない」との話し声も。
[PR]
by t_ichib | 2010-07-31 23:50 | 今日もまた旅の空
こんな機能は?
 乗り始めてほぼ10年になる私の車の前面パネルに、赤い警告ランプが点いた。 「えっ、何だろう?」とさっそく車の修理屋へ。

 「ブレーキランプが切れたんですよ」と。
 さっそくランプを交換してもらったものの、10年乗って初めて働いた機能。
 数年で車を乗り換える若者なら、こんな機能がついていたことを知らずにいるかもしれない。

 「こんな機能がついていたんだ!」という驚きと、「こんな機能が必要なの?」と言う疑問も。
 確かにエアーバッグなどは、一度も経験したことはないが、こちらはあったほうが良いと思うが。


 教室に通ってまで、使い方をマスターしようとするパソコンなどは当然だとしても、携帯電話などの説明書の厚さには驚いてしまう。 小中学校の教科書より厚い?


 アナログ放送がまもなく終了すると言うことで、止むを得ず買ったテレビも同様。 (後ろの面倒な配線をしなくても済むよう、ビデオ一体型を買ったからか?)こちらも教科書2年分位の厚さ。

 そのテレビには、多分購入して人が一度も見ないアナログチューナーが付いている。 部品代はお店の人によれば「500円くらい?」だそうだが、全体の購入台数を掛ければ…。


 もう一つムダと思うだけでなく怒りすら覚えるのが、B-CASカード
 これがないとテレビが映らないのだが、お店の人によると「総務省とかの『天下り』先の確保のためらしい?」とか。



 冒頭のほぼ10年乗っている車、「買い替えを」と思わないでもない。 「買い換えるなら、ハイブリッド車を」と、先日インサイトの試乗をした。
 こちらも(10年分の進化で)目新しい機能が付いている。 が、多くはオプションで納得の上、選択できる。

 結論は(もう少し)先延ばし。 今の車の乗り心地・加速性…に愛着がある。
 不満はカーナビの性能、「もう少し賢い道案内ができないの?」と。
 もう一つの問題は燃費で、新車の時から変わらず7~8Km/l。 ただし、遠出をするとき以外は、もっぱら軽自動車に乗りエコを心がけてはいる。
[PR]
by t_ichib | 2010-07-25 11:52 | 今日もまたなにごともなく
花火
 春音たちが通う保育園は仏教系の保育園。 (娘夫婦はもちろん敬虔な仏教徒と言うわけでなく、マンションから一番近いと言う理由で、春音たちはそこに通うことに。)

 その母体となるお寺が、毎年この時期に「水薬師まつり」と言うものを催す。 当日は保育園がお休みとなり、毎年その日は我が家が臨時託児所になる。

 私たちも久しぶりに二人に会えるし、うれしいことに二人も我が家に来られることを喜んでいてくれる。

 前日に保育園に迎えに行くのも無い年のことだが、折から35℃を超える猛暑が続いており、午前中から妻はビニール製のプールを用意する。 バケツに何杯もの水をプールに運ぶのは私の役割。


 保育園に迎えに行き我が家に着いたのは、夕方もやや遅い時間(それでも気温は30℃くらい)だが、うれしそうにプールで遊ぶ二人の笑顔に「用意しておいて良かった」と。



f0066555_22211187.jpg 仕事を終え我が家に帰宅した娘を加え、これまた妻が用意した花火を楽しむ。

 娘のマンションではこんな花火を楽しめる場所が無い。
 我が家で花火ができ、娘も喜んでいた。 (妻のファインプレー?)

 妹の綾乃は写真では母親の膝に抱かれているが、この後で自分で花火を手に持って楽しんだ。

 2才を過ぎて言葉もやることも、ずいぶん達者になった。
 しばらく前の春音を思い出し、よく似ているところや「あぁ、ここは違っている」と二人それぞれの個性の違いを発見するのも面白い。


 春音たちのマンションではこういう花火はできないが、あと2、3日もすれば全国的にも有名な長良川の花火を見ることができる。
 夜空に広がる大きな花火、そしてドーンという大きな音にびっくりすることだろう。


 夏はまだこれから。 8月には海に連れて行ってやることになっている。
 春音はもう2度ほど海を楽しんでいる。 初体験になる彩乃の反応が楽しみ。
[PR]
by t_ichib | 2010-07-21 20:55 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
うだつの上がる町並み
 妻の旅行中、出かけるのは近場ばかり。 雨に閉じ込められて、外の空気を吸わなかった日まである。 それでは悔しいので久しぶりに晴れた今日、カメラを持って出かけることにした。

 といっても、遠出ではない。 同じ岐阜県の美濃市、我が家から高速を使わずに1時間半の距離。


f0066555_19494137.jpg 美濃は「卯建(うだつ)の上がる町並み」として有名。 (少なくとも岐阜県では)

 町並みは広い通りが2本、その間に4本の横丁が通り、漢字の「目」の字のようになっている。
 以前に四国に出かけた時、やはりうだつの上がる町並みを見たが、それに比べても高々と上がるうだつが見事。 (身びいき)

 ここには、こうしたうだつの上がる家が19戸も残されている。



f0066555_2075666.jpg 最後に行った長良川河畔にある川湊灯台の写真を先に紹介。
 この灯台は、我が家からも近い大垣の灯台と同じ形式の作り。

 江戸時代から明治にかけ、この湊は木材や和紙の流通で繁栄した。

 灯台は長良川より1段高いところにあり、町並みはさらに2、3段高い丘の上にある。 洪水からは守られているが、火災が起こったときの消火が難しい。
 それで、類焼を免れるためうだつが設けられ、さらにそれが華美なものになっていった。




f0066555_20334832.jpg 町並みの中にある資料館「旧今井家住宅

 江戸時代末期には庄屋を務めたという和紙問屋で、もちろんうだつが上がっている。

 間口もなかなかだが、奥行きはその3~4倍もあり、奥の方の半分は土蔵が並ぶ。

 中庭に面した奥座敷は8畳ほどだが、続き部屋・仏間・中座敷・帳場などで100畳くらいになるのだろうか?



f0066555_20512191.jpg 2階は納戸・使用人部屋などで30畳あまり。

 屋根の傾斜がそのまま天井の傾斜になっており、窓側では頭がつかえそう。

 1階の豪華な床の間などの造りより、使用人部屋の広さに和紙問屋の繁栄がうかがわれる。



f0066555_210740.jpg 暑い日だったので、中庭に設けられら水琴窟の音色に、しばし涼を味わう。

 涼やかないい音色だが、意外に音が小さく縁側からでは聞き取れない。
 玄関近くで流されている「紹介ビデオ」の音が邪魔をしているのか?

 静かな夜更けであれば、奥座敷から音色を楽しめた?



 通りを歩いていて、ごく些細なことで町の人に質問をしたら、わざわざ奥のほうにいたご主人を呼んでくれた。
 恐縮するやら、暖かい親切さに感激するやら。
 しかも、その質問よりももっと興味深いお話を聞けた。

f0066555_2192645.jpg 鈴木忍家の「引上げ大戸」

 ほとんどの家が普通の引き戸に改造されてしまい、残っているのはこの家だけと言う。

 部分だけを写したので分かりにくいが、夜間防犯のため大戸を下ろした。
 下のほうに少しだけ開いたくぐり戸。
 その上ののぞき窓のように見える小さな穴、夜間外出した家人が手を差し入れて、くぐり戸の鍵を開ける。 外出から帰れば、小窓も鍵をかける。

 私に説明するために、わざわざ吊り上げてある大戸を下ろしていただいた。 その感謝のため、少し長めの説明を。



f0066555_2131966.jpg 他にはない丸みを帯びた屋根とうだつ。

 「面白いな」とたまたま撮ったものが、国の重要文化財「小坂家住宅

 江戸時代から続く造り酒屋で、現在も居住されている。




f0066555_2139362.jpg 美濃市は毎年10月に開催される「あかりの町並み」のイベントでも有名。

 「美濃和紙あかりアート館」に展示されているイベントの写真と、その時に町に並べられた「あかりアート」

 暑い今より、少し寒くなった10、11月にこの暖かそうな明かりを見たら、「ちょっといいかな」と。


f0066555_21493536.jpg どの作品も暖かさを感じたり、幻想的だったりして…

 美濃和紙をいろんなアイデアで、うまく使っている。

 町並みと美濃和紙のPRも。



 このブログをアップしているちょうど今頃、時差が8時間ほどあるのでドイツのレーゲンスブルグでは、妻が最後の市内観光をしている頃だろうか?
 2週間あまりもいないと、寂しいとか不便と言うのではなく、歯が抜けたような感じで…

 その妻が帰ってくるのが、ちょうど七夕。

[PR]
by t_ichib | 2010-07-05 21:00 | 今日もまた留守にしています
久しぶりのジジ馬鹿
 春音と綾乃が通う保育園の「七夕発表会」が、明日3日(土)に開かれる。
 7月以外には、もう1回3月に「ひな祭り発表会」として開催される。 昨年の7月の発表会までは、狭い(本当に狭い)保育園のプレィルームで開かれていた。

 今年の3月からは、別に会場を借りて発表会が開かれる。 狭かった以前の会場だと、わが子の晴れ姿をビデオやカメラに撮影しようとする、お父さんやお母さんの陣取り合戦で大変だった。
 会場が広くなったことで、そうしたわずらわしさが無くゆったりと楽しめるようになった。 (と言っても、私たちはその会場に行っていない。 土曜日の開催なので、両親が出席)

 良いことばかりではない。 その会場の準備のため、保育士さんたちは前日からそちらへ出かけなければならない。
 そのため、前日は午後3時までの保育。 共働きの両親だと、どちらかが職場を早退せざるを得ない。


 ただ、私たちにとっては久しぶりの出番。 2人ともずいぶん丈夫になったので、「臨時託児所」への声がかからなくなり、今回も1ヶ月以上ぶりに春音・彩乃に会うことになる。
 しかも、妻がドイツ旅行中なので私の独占。 私1人だけなので、不安もあるが



 お天気さえ良ければ公園にでも連れて行って、両親の帰りを待つ間思いっきり遊ばせることもできたのに。
 こんな時のジジの悪い癖は、食べ物で孫の笑顔を見ようとすること。 買ってきたブドウは2人とも大好き。


f0066555_947672.jpg その後の(両親の帰宅までの)長い時間をどうすごすか? 妻が一緒ではないし。

 そんな心配はいらなかった。
 食べ終わった食器を台所に持っていき、椅子を移動して洗い出す。 妹もその姉を追っかけて、自分もその椅子に乗ろうとする。

 延々とその洗い物は続く。 (母の)お手伝いというよりは、水遊び。 床も濡れてしまう。



 その後も、妹は姉のすること・言うことをまねる。 飛び跳ねたり、ぐるぐる回ったり、歌ったり、よくしゃべり、よく笑う。
 姉のマネなんだが、それでもずいぶん成長した…と、ジジ馬鹿は思う。


 もちろん、姉のほうも。
 「テレビやパソコンを使ってもいいよ」とか、「冷蔵庫の〇〇を食べてもいいよ」など、娘から私への伝言を、ちゃんと伝えてくれる。
 そして扇風機のスイッチを入れてくれたり… 私をもてなそうとしている?



 その春音の一番の成長は、「一人で寝れる」こと。
 「赤ちゃん返り」とかで、母親と一緒でしか眠れなかったのに。 とはいえ、妹の綾乃が2才になったのでから、2年間それが続いたともいえるが。

 毎日顔を合わせていないので、1ヶ月の間の2人の成長はまぶしさを感じるほど。
[PR]
by t_ichib | 2010-07-02 22:49 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか