<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
夏休み最後の…
 春音の最初の夏休み、「楽しい思い出を残してやりたい」と毎日一度や二度は、春音や彩乃のことを思い浮かべるジジとババの二人。


 春音が言うこの夏の楽しい思い出は、水族館でイルカのショーを見たこと、お父さんに連れて行ってもらったプールの二つ。
 わが家でやった花火はもちろん、プラネタリウムも入ってない。 暑かった上に、入場までの長い待ち時間にウンザリだったのか?

 未練たらしいジジ・ババは最後の最後に、地元の伊吹山のお花畑に二人をご招待。 (8月も最後になって猛暑の日が続いているので、爽やかさを味わいたいという私たちの願いも加わえて。)


f0066555_92641.jpg この写真は頂上ではなく、山頂近くの駐車場の一角。
 ここから頂上へは直線コースで20分、西回り40分、東回り60分の3コースが通じている。

 急なコースを避け、西⇒東へと回る予定。 春音は問題ないだろうが、3才の綾乃は歩き通すことができるだろうか?


f0066555_9234218.jpg ちょっと最盛期を過ぎたかもしれないホタルブクロ
 今日のカメラマンは最初から最後まで妻一人、私はこのホタルブクロにはまったく気づかなかった。

 西回りのコースは日当たりが良く、林の多い東回りとは違った花、ツリガネニンジン・コイブキアザミなどはたくさん見かけたが。


f0066555_9363541.jpg 頂上間近のお花畑

 このコオニユリなど赤い花が目立つが、少し場所が変わるだけで、サラシナショウマなどの白、ルリトラノオなどの青が群生していたりする。
 今年は特にルリトラノオが多い年にあたるそうだ。


f0066555_9434319.jpg 頂上手前から、「まだぁ?お腹がすいた」としきりに言っていた二人。
 普段は食が細い二人なのだが、空気が良く歩いたことでおにぎり・いなりずしを完食。

 そのことだけでも、ジジ・ババは連れて来て良かったと思う。


f0066555_956296.jpg これも私が気づかないうちに妻が撮っていた花。
 きれいな花は名前を知らなくてもきれいなのだが、名前を知っているとなんとなく豊かな気になれる。
 花の名を調べてみると、姿かたちそのままのネジバナで良いそうだ。


f0066555_1092536.jpg イブキトリカブト
 西回りコースではまったく見かけなかったのに、東回りコースでは至る所で大群落を見る。

 根っこに含まれる「毒」の印象が強く、素直に花の美しさを味わえないが、毒草のほとんどは薬草でもあるのだと。


f0066555_1020412.jpg イブキフウロ
 伊吹山にはイブキトラノオなど、イブキの名がつく固有種が多い。
 ただ、フウロは大きさ色合いなどが似通ったグンナイフウロ・ハクサンフウロなどがあり、自信はないのだがとりあえず。



 東回りコースは道幅が狭く手をつないで並んで歩けない、岩場があったりぬかるみだったり。
 そのぬかるみだけ抱えあげたりしたが、ゆっくり2時間のコースを3才の綾乃も完走。 食べ物の好き嫌いはあるが、丈夫に育ったものと…



f0066555_10344457.jpg その夜は最後のダメ押しで、今年最後の花火。

 もう少し大きくなっても、ジジ・ババの家に来るのが「楽しみであるように」という下心丸出しで。


 来年は是非海に連れて行ってやろう。 それなら春音の夏休みの思い出、ベストスリーにランクインするに間違いない。
[PR]
by t_ichib | 2011-08-29 23:51 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
今年の鳥人間コンテストは…
 先日、息子から彼女を紹介されたことをブログに書いたが、それは「鳥人間コンテスト」の応援を兼ねた、同窓会の帰りだったことも記事にした。

 テレビの放映日が8月19日なのを記憶していたので、楽しみにチャンネルを合わせた。
 サークルは3回生で卒業となるのだが、実質的には大学院までの6年間を所属していたようで、親バカの延長で息子の後輩たちをず~っと応援し続けている。


 滑空部門・タイムトライアル部門・ディスタンス部門と分かれ、そのディスタンス部門。 番組の後半と思い、8時ごろに見始める。

 ちょうど出場順序が1番目の芝浦工大が画面に写る。 このチームは珍しくパイロットが2人という機体。
 学生たちは結構ガンコなようで、このチームは毎年このスタイル。 息子たちのチームもずっと「けつペラ」という後方にプロペラをつけた機体で参加している。


 後輩たちは4番目、「もうすぐ…」と思っているうちに6番目のチームの間寛平さんが登場。 …カットされた?

 がっかりしていると、その後で2~30秒ほどの短い時間だが、少しだけ映像が写った。
 駆動装置に「トルク変動キャンセラー」とかいう秘密兵器を組み込み注目されたが、その装置にアクシデント(「バネが切れた~!」)が発生し着水、1630mで4位だった。

 アクシデントがなければもう少し…。 来年の雪辱を期待。


 優勝した東北大学のフライトは見事だった。 序盤に風の影響か、コントロールを失い迷走したのに、18Kmを超える大記録。
 たぶん気持が切れそうになるのを、「被災地からの唯一のチーム」という責任感が驚異のネバリを生んだのだと思う。
[PR]
by t_ichib | 2011-08-19 22:32 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
初プラネタリウム
 先日私たち(というか息子)のために、一役かってくれた春音たち。 その時に2人が大はしゃぎで話してくれたのが、「お父さんとプールへ行ってきた!」という話。
 そのお父さんは少し前に骨折し、最近ギブスが取れたばかり。 プール中を走り回る娘たちを追いかけ、さぞ難儀したことだろう。


 春音の初めての夏休みに、楽しい思い出を残してやりたいと思うのは、ジジ馬鹿の私たちも同じこと。
 その昔、娘や息子を連れてきたこともある名古屋市科学館・プラネタリウムへ、春音を連れて行ってやることにした。

f0066555_9281324.jpg 夏休み中なので、ラジオ体操を済ませてすぐ出発。
 会場に着いたのは8時半、科学館前には入館を待つ人の列。

 プラネタリウムの入場券の発売開始は9時半。 私たちがチケットを購入できたのは、10時半を過ぎてから。 ようやく手にできたのは、1日に7回ある上映時間の4回目(13:50)。
 プラネタリウムが改装されて始めての夏休みなので、会場の人出は想像以上。


f0066555_954951.jpg 科学館の通常の展示ルームも、当然大変な混雑。
 楽しそうなコーナーには子供たちが群がり、なかなか順番が回ってこない。

 一部の展示は覗き込むのに身長が足りず、私たちが抱きかかえて見せてやらねばならない。


f0066555_10215828.jpg 手品のタネになるようなコーナー。

 他の子たちの姿を見て、自分がどんな風に見えているかを想像して楽しんでいるのだろう。

 自分では見えない分、是非写真に撮り見せてやらなければ。


f0066555_1033254.jpg チケットを購入するのに2時間、会場についてから5時間待ったプラネタリウム。
 上映時間はわずか40分。

 内容も、もう少し子供が楽しめるプログラムだったら良かったのにとも思う。
 季節々々に訪れれば、そうした楽しいプログラムに出会えるだろうが、今日のように時間がかかるのでは、少し躊躇してしまう。


 その昔、娘や息子を連れてきたときは近くの「電気の科学館」でも遊んだことがある。 今日はすっかり疲れてしまって、そこは素通り。 2時間の待ち時間がなければ十分に楽しむ時間が取れたのだが、それはまた次の機会に。


 友達と一緒に来て楽しそうにはしゃいでいる子供たちを見て、「まだ小さいから…」と連れてこなかった彩乃が一緒だったらもう少し楽しめたのではないかと、後から思ったりもした。

 素直な感想…、すっかり疲れ苦労したのに、プールで遊ばせたお父さんには勝てなかったと。
[PR]
by t_ichib | 2011-08-03 23:07 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか