<   2014年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
南アフリカ旅行⑨ 最終日もいろいろ
 最終日はザンビア側からのバスが、私たちをホテルまで迎えに来てくれる。
 3日前に出迎えてくれたザンビアのガイドの顔が、懐かしい。


 ジンバブエへの国境を越える前に、最後のイベント。 地元の小学校を訪問する。

f0066555_2065027.jpg ず~っと旅行中だったので、私たちの誰もが忘れていたが、今日は土曜日。
 当然学校はお休み、私たちのために何人かが集まってくれた。

 右端の男性は、この学校の副校長。

 幼稚園から、中学校までがこの学校に通う大規模校。
 2部制で、午前中だけ通う子と、午後に通う子がいる。


f0066555_20274014.jpg 小学生から十あまりもの授業科目がある。

 英語の授業はもちろん、数学や理科、歴史などの科目はすべて英語で教えられる。
 地元のアフリカの言語は2つあるという。 (両親が話す方を選択するのだろうか?)

 アフリカならではの教科というか、HIVの予防が教科に組み込まれている。


 好きな教科、将来は何になりたいなどの質問には、ハイハイと活発に手が上がる。

 以前には逆に日本人への質問として、「どうして、大人なのに英語がしゃべれないの?」というのがあったそうだ。


f0066555_20501318.jpg あまり小学生に馬鹿にされないよう、教科書どおりの質問だが、 「May I take a picture of you?」などと話しかけてみる。

 そんな心配は不要だったようで、1枚写真を撮るたびに、写ったデジカメの画像に子供たちが群がってくる。

 ジンバブエではムガベ大統領が、独立後白人を追い出しその資産を国有化するなど、その強引さに国際的な非難を受けていたりする。

 添乗員がガイドに「あなたは、ムガベが好きか?」と聞いたところ、「それには答えられない。 もし嫌いだと言ったら、ここに生きておられないだろう」とのこと。



f0066555_21321120.jpg ジンバブエを出国し、ザンビアに入国するまでの間に、ビクトリア・フォールズ橋がある。

 一応は橋の中央には、ここから先はザンビア、あるいはジンバブエだと示す標識がある。

 私たちは「この橋を歩いとて渡ろう」と。
 ここを歩いて渡る人も多いようで、橋の上にはお土産を売る人も。


f0066555_2214661.jpg バンジージャンプは営業中だったが、残念ながら私たちの目の前で飛び込んでくれそうな人はいなかった。


f0066555_228883.jpg


 橋の下を覗いてみるとこの高さ、ここまで来て飛び降りずに帰る人もいるんじゃないか。

 あるいはここでの収益に対する税金はどちらの国に納めるのだろうか?

 と思いつつ、国境を越える。

 リビングストン、ヨハネスブルグ、香港と飛行機を乗り継いで、中部空港に着いたのは日曜の夜。
[PR]
by t_ichib | 2014-11-15 19:55 | 今日もまた旅の空
南アフリカ旅行⑧ 空から、陸から、水上から
 今日の出発もゆとりがあり、朝食前にホテル周辺を散策。
 ケープタウンでは、「ヨハネスブルグほどではないけど治安が悪いから・・・」と、外出を控えるように言われていた。
 ジンバブエでは、あまり心配しなくても良いのだろう。

 もっとも、ホテルはビクトリア・フォールズの町のずっと郊外、散策したのも広いホテルの敷地内だけ。


f0066555_9501226.jpg 敷地内に何本もあるバオバブの木。

 バオバブにもいくつもの種類があるようで、どこかで見たような「上と下とをひっくり返しても、区別がつかない」ような木ではない。

 それでも、幹はバオバブらしい太さ。


f0066555_9593561.jpg こんな珍しい木も。

 太い幹に直接いくつもの実がなっている。
 逆に枝先には実を見つけられなかった。

 実がなっているってことは、その前には幹から直接咲いていた花もあったはず。


f0066555_105168.jpg そしてイボイノシシとインパラが普通に朝の食事を

 至近距離にいるお互いにも、私たちをも意識することなくのんびりと。

 昨夜ボナ・ディナーに出かけたことを知っていたら、少しは意識しただろうか?


f0066555_101367.jpg 最初はヘリコプターに乗って、上空から滝を見る。

 一度に3、4人づつ分乗して、上空からの眺めを楽しむ。
 パイロット横の特等席をかけたじゃんけん勝負に、私たち2人は負けた。

 販売用のビデオ撮影していたスタッフは、じゃんけん勝負をする4人を、きっと不思議な思いで見ていただろう。


f0066555_10234042.jpg 国境のビクトリア・フォールズ橋

 どちらがザンビアで、どちらがジンバブエ側か、添乗員が傍にいないので聞くこともできない。

 2日前あそこをバスで通過し、明日は歩いて渡ることになる。


f0066555_10285036.jpg そしてその両国のどちらかの税関の建物。

 いつも税関通過の時には、「写真を撮らないように」と言われるが、上空からなら...。

 妻は発電所も見えたと言うのだが、私は見落とした。


f0066555_10441585.jpg ビクトリアの滝を上空から見る。

 左端がデビルズ・キャタラクト、中央に見えるのがメイン・フォール。
 さらに写真より右に、レインボー・フォールなどへと続く。

 滝の上流に見える中州の岩などは、雨季には隠れてしまうらしい。


f0066555_10591445.jpg せっかくヘリコプターに乗ったのだから、滝の写真をもう一枚。

 滝から上がる水けむりは、乾季の今でも日によってずいぶん高くまで上がり、私たちの泊まったホテルからでも、滝の方角の見分けがつく。





f0066555_1174715.jpg 短いが十分満足できたヘリコプター搭乗を終え、今度は歩いてジンバブエ側の滝を見る。

 公園内に入ると、まずジンバブエの民族舞踊の人が歌と踊りで、そのあとリビングストンの銅像が私たちを出迎えてくれる。



f0066555_1113188.jpg リビングストンの銅像のところから、少し石段を降りてデビルズ・キャタラクトへ。

 「水しぶきを避けるため」傘やレインコートが必要なところらしいが、乾季の今はその必要もない。

 やや狭いところなので水量が多い時なら、さぞ「悪魔の大滝」だろうと、想像するしかない。


f0066555_11211863.jpg 遊歩道を歩きながら、不思議な花を見つけた。

 ファイア・ボール・リリーという花だとか。

 ファイア・ボールまでは納得できるが、最後のリリーには違和感が。


f0066555_11305684.jpg メイン・フォール

 渇水期とはいえ、せめてこれくらいでないと。
 2日前のザンビア側から眺めただけだったら、がっかりだろう。

f0066555_14141783.jpg


 その時、「あんな所に!」という声によく見てみると、滝の上のプールのような場所で水につかる人たちの姿が。

 今日はペットボトルの水をがぶ飲みする暑さ、私たちの場所では滝のしぶきもかかってこない。
 「気持ちいいだろうな」と、うらやましくなる。


f0066555_14243019.jpg 高さ108mのレインボー・ファール

 水量不足の今は、スダレかレースのカーテンくらいにしか見えない。

 高さではビクトリア、滝の幅ではイグアス、水量ではナイアガラが世界一になるそうだが。
 しかしビクトリアは雨季になると、水量でもナイアガラを超えるらしい。

 個人的には、イグアスがもっとも迫力があったと思う。



f0066555_14413878.jpg この日の最後は、ザンベジ川のサンセット・クルーズ

 広くて静かな流れなので、勘違いしてしまいそうになるが、ここはビクトリアの滝の上流。

 少人数の私たち以外はフランス人の団体が乗船。
 すごい望遠レンズつきのカメラを持っているので、身振りでほめると、「覗いてみろ」とこれも立派な双眼鏡を貸してくれる。

 彼らの持つ立派なカメラは、ニコンとかキャノンとかの日本製、悪い気はしない。
 私たちの一行は、いずれもコンパクトなデジカメくらいしか持っていなかったが。


f0066555_1542689.jpg 貸してもらった双眼鏡で覗いたのは、川を渡るカバの親子?

 「3頭いる」と言っていたので、1頭は潜っていた?

 「カバは泳ぐのではなく、水中を歩く」と聞いていたので、あのあたりはそんなに深くない?


f0066555_1593698.jpg 対岸の子供のゾウ

 けっこう長い時間船が止まり、もっとも良い位置で写真を撮ろうと、乗客たちが船内を右往左往したのが、対岸にゾウの群れが現れた時。

 子供でも大人にまけず、太い枝を鼻でバシッと折り、むしゃむしゃ食べる。
 枝そのものを食べてしまうのか、樹皮の部分だけを食べているのかは、遠くてよく分からない。


f0066555_15161673.jpg ようやくサンセット・クルーズらしくなってきた。

 ただし空には雲が多く、今夜も南十字星は見られそうもない。

 後半の3連泊の宿は郊外にあり、星空を見るには絶好なので、「南十字星はどの方角に見える?」と、みんなが気にし始めた。

 残念ながら、3日間とも空振り。
[PR]
by t_ichib | 2014-11-14 09:28 | 今日もまた旅の空
南アフリカ旅行⑦ チョべ国立公園
 チョべ国立公園へ行くには、アフリカ4カ国目となるボツワナに入る。

f0066555_9385189.jpg その道中、あたりはまばらな林が続く。

 その木々の中に黒くこげたものもある。
 ブッシュ・ファイアといって、油を多く含んだ木が太陽の熱で自然発火するんだそうだ。

 その後からは、新たに太陽の光を浴びた若い木々が育つ。

 もうこのあたりの林の中でも、さまざまな動物の姿が見える。
 チョべ国立公園では見られなかったバブーン(ヒヒ)の姿も。



 前にも書いたが、ボツワナではビザ取得は無料。
 しかも建物に入る手前で、係員がビザ申請書類(だと思う?)を記入してくれる。 その書類とパスポートを提示して入管を通過。


f0066555_946371.jpg 【チョべ国立公園:ゲームドライブ】

 国立公園内にはトイレがないので、ドライブインでトイレ休憩を取った後、いよいよ公園内に入る。



f0066555_9572852.jpg マイクロバスから、四輪駆動車に乗り換える。

 添乗員を入れても8名なので、全員が1台に。

 2時間ほどの短いドライブだが、最初にチョべ川(ザンベジ川の支流)沿いに。
 水辺のほうが、動物が多く見られる。


f0066555_10242182.jpg 車のドライバーは、目がいいのかコースを熟知しているのか、時々車を止め、遠くや見分けにくいヤブ陰の動物を教えてくれる。


 動きがすばやく警戒心の強い生き物は、教えてもらっても気づく前に隠れてしまうこうとも。



f0066555_10402943.jpg 動物(特に鳥など)の名は、日本にいないものなど訳しようがない(添乗員)ので、写真だけ並べる。
 聞いたけど忘れたものも多いが。

 これも、どうやらサギの仲間らしいことぐらいしか。


f0066555_10472196.jpg 空を飛んでいる鳥までは、ドライバーや添乗員の説明は追いつかない。

 広げた羽の色がきれいに見えたので。


f0066555_10512453.jpg

 こちらはワシやタカの仲間?


f0066555_1055441.jpg


 これはホロホロ鳥
 ・・・たぶん。



f0066555_10583742.jpg よく見かけたのはインパラ
 (実はホテルの庭にもいた。)

 角がないから、こちらはメス。

f0066555_1112835.jpg




 そして立派な角を持つこちらが、オス。 クドゥという別の種類のシカ。 (←妻からの指摘)


f0066555_1194849.jpg イボイノシシは同じくホテルの庭でも見た。

 ...というか、それよりずっと前に、車が行きかう町の通りで見かけた。

 イボイノシシも近くを車が通り過ぎても平気だし、買い物をしている客もイボイノシシのことを気にもしない。
 そういう国なんだ!


f0066555_11175994.jpg そして、ドライバーが不意に車を止め、指差す先にフンコロガシ

 別名スカラベ。
 日本では見かけない虫なので、その愛らしい姿をしばらく眺める。

 ファーブル昆虫記にも登場し、エジプトの王の墓にも描かれる立派な虫なんだと。



f0066555_11275894.jpg アフリカゾウ

 添乗員から、「キリンを見るのは難しいが、ゾウなら確実に...」といわれていたのになかなか見つけられなかったゾウにやっと遭遇。

 さすが動物園での最大人気者。 この前での滞在時間もかなり長い。

 チョべ国立公園の土にはカルシウム分が少なく、そのためこのゾウたちの牙は大きくならないのだとか。


 車でのサファリ体験はここまで。


 ドライブイン(船着場)で昼食を摂ったあと、今度はチョべ川をボートサファリ

f0066555_11405093.jpg 人数は少なかったが、何とか乗合わせとならず、私たち一行だけのボートサファリとなった。

 上流に向かって進む。
 左側がチョべ国立公園、右側は何キロにも続く長い中州。 さらに右は隣国ナミビアになる。


f0066555_12592457.jpg 今回のサファリではキリンはもちろんのこと、ライオンやヒョウなどの怖い動物にはお目にかかれなかった。

 その中で、草食動物であるにもかかわらず、地元のレンジャーが「ライオンより怖い」と恐れるのがカバだという。

 のんびりしているようで、走り出すとけっこう早い。
 怒らせたら、あの巨体には対抗できそうもない。


f0066555_13115895.jpg とは言っても、親子のカバが並んで草を食べている様子など、ほんわかとしてほほえましい。

 もっとも動物園で見るのと同じで、こちらは船でカバは中州のはるか向こう。
 安全距離をとってのカメラ撮影だから。



f0066555_13323616.jpg もう一つ怖そうだったのが、ワニ。

 ガイドによるとワニに襲われて亡くなるのは、ボツアナでは、年間で1、2名。
 意外に少ない。
 生活に川の水を利用することの多い対岸のナミビアでは、2、3倍被害が多いとのこと。

 カバと同様に離れて見ているから、「ハンドバック何個分?」などと言っていられる。


f0066555_1340461.jpg やや上流の小さいな島の砂地のあたりに、舞い上がったり地面に降りたりしている鳥がいた。

 船は、そこでエンジンを止めしばらく動かない。


f0066555_13445775.jpg
 するとそこに、砂地と区別がつきにくく分かりにくいが、ひな鳥が何羽も顔を出す。

 船のエンジン音や他の動物の気配がすれば、ヒナたちは砂の中に隠れてしまうのだろう。



f0066555_1412598.jpg 意外に目にしていなかったシマウマをボートサファリの最後になって発見。

 サバンナなどのドキュメント映像で、よくライオンの餌食になっているシマウマだが、食べてみても「まずい!」というのが、ケープタウンのガイド、アンジェラさんの意見だったが。




f0066555_14182491.jpg 【ベルベット・モンキー】

 バブーン(ヒヒ)の姿をチョべ国立公園の中では見かけなかったと書いたが、サルも見なかった。

 写真はホテルの庭で見たもの。
 庭といっても、ずいぶん広い。 むしろ林の中にホテルがあると言った方が。

 このサルはホテルのどこにでもいて、ふと窓の外を見るとベランダに上がってきていたという人もいた。



 その夜は、ボマディナー。 昼間に見た動物たちの何種類かは、食材として出されるとか。
f0066555_1425326.jpg

 写真はそのショータイムのもの。

 この後観客たちに太鼓が配られ、教えられながら懸命にリズムに合わせる。
 かなり難しいが、時々リズムにうまく合わせられる時もあった。

 肝心の食材、ワニの肉は普通に並べられており、気づかないうちに食べていて、まずまずおいしかった。

 イボイノシシとホロホロ鳥は、皿に載せてもらったが、たまたま小骨が多いところだったので、口から吐き出してしまい、よく味が分からなかった。
 他の人はおいしいと言っていた。
[PR]
by t_ichib | 2014-11-13 09:08 | 今日もまた旅の空
南アフリカ旅行⑥ ザンビアからジンバブエへ
 今日で南アフリカを出国し、ザンビアへ、さらにジンバブエと向かう。
 早朝の出発にかかわらず、朝食はお弁当ではなくホテルで。 そのほうがうれしいが、荷物のパッキングなどあわただしい。

 ヨハネスブルグの空港から、ザンビアのリビングストン空港に向かう。

 ザンビア入国時には、ビザの取得が必要。
 といっても添乗員に80ドルとパスポートを預け、私たちの人数分の手続きをしてもらう。

 時々思うのだがこの査証代というのは、この国の外貨獲得の手段なのだろうか?
 ビザは、一度だけ入出国する「シングル」と、2回以上入出国するビザとでは値段が違う。
 それにしても80ドルとは、円安の今だと1万円に近い。

 この後のジンバブエでもダブルのビザが必要で、費用は45ドル。
 その先のボツワナでは、ビザの費用は無料だった。



 ザンビア空港で私たちを出迎えてくれた現地ガイドは、温和そうな青年。
 短い時間だが観光の案内と、ザンビア=ジンバブエの国境の入出国のお手伝い、そのあとホテルまで送り届けてくれる。

 好ましく思えたのは、まだ勉強中らしい日本語でたどたどしく説明してくれたこと。


f0066555_9462714.jpg その彼の案内で、ザンビア側からのビクトリアの滝の見学。

 今は乾季だそうで、滝はやせ細って見る影もない。
 雨季にあたる1月になると、水量も増え細い筋が一面の水の壁になるそうだ。

 そんなことを言われても、ナイアガラやイグアスの豪快さは微塵もない。


f0066555_956495.jpg 少し奥の方に見える滝を、少しアップで撮ってみる。

 雨季だと、傘やレインコートが役に立たないほど、着ている服がぐしょぐしょになるそうだが、こんなに遠くへもう一度やってくる気にはなれないし。

 ジンバブエ側からなら、もう少し豪快な滝が見られるかもしれないと、期待を残して...。


f0066555_1055786.jpg 【ビクトリアフォールズ橋】

 この後通過する国境の橋が見える。
 かのセシル・ローズが計画したアフリカ鉄道が通り、バスや車などでも通ることができる。

 近年この橋からのバンジージャンプも有名。


 橋の架かるザンベジ川はビクトリアの滝の下流にあたる。
 ザンベジ川はザンビアが源流で、アンゴラやザンビア=ジンバブエの国境を流れた後、モザンビーク海峡に注ぐ。

 このザンベジ川には目の前のを含め、橋は4つしか架かっていないそうだ。
 アフリカで4番目に長い川だというのに...。


 バスで国境を越えるのは初めてではないが、この近くの国々では「添乗員がまとめてパスポートを預かって・・・」というやり方ではなく、一人ひとりが並んでスタンプを押してもらう。


f0066555_10303749.jpg 2つも国境を越えてきたため、観光は滝のみ。

 早めにホテルにチェックインし、夕食前にちょっと一息。

 写真はマンゴウの実。
 熟す前の青い実だと、教えてもらわないと区別がつかない。


f0066555_10374323.jpg ホテルの部屋の前に生えている不思議な木。

 見た目どおりのソーセージツリーという名だそうだ。
 むろん食べられない。

 ホテルの広い庭には、サルやシカ、イボイノシシの姿も見える。
[PR]
by t_ichib | 2014-11-12 08:39 | 今日もまた旅の空
南アフリカ旅行⑤ 3つの首都
 経済発展の著しい新興国をあらわす BRICS という言葉を始めて聞いたのはいつだったか?

 4つまではすぐに分かったが、Sが分からなかった。 それが南アフリカ。
 (BRICs、最後のsは複数形で4カ国だとする説も有力)

 5つの国のうちすぐ近くの国だけは、近いがゆえに隣接する国々と摩擦を繰り返す姿に、眉をひそめることが多い。

 南アフリカはどうなんだろうか?
 アパルトヘイトの時代は、もちろん周辺国から孤立していただろう。

 著しい経済発展は、周辺国から警戒感をもたれているだろうが、どこかの国のようには大気汚染の輸出や、軍事的脅威をもたらしてはいないように見える。


 南アフリカには首都が3つあるという。
 立法の首都は、今朝までいたケープタウン。 確かに車窓からではあるが、国会を目にした。

 司法はブルームフォンテン、行政は今夜宿泊するプレトリア。

 ただし、経済面ではヨハネスブルグ、人口の面も含め南アフリカの最大都市。
 19世紀に金鉱脈が発見され、爆発的に人工が増加した。 貧富の差が原因で、治安が悪いとされる。



 今朝は早朝7時にホテルを出発し、ケープタウンからヨハネスブルグまで飛行機で移動。

f0066555_9555121.jpg サッカーワールドカップ南ア大会のメインスタジアム。

 残念ながら、日本はここに来るまでに敗退したので、日本のサポータたちはこのスタジアムを見ていないかもしれない。

 今日はこの旅行中唯一の雨。
 雨の少ないこの国では恵みの雨なのだろうが、観光にはやはりうっとうしい。


f0066555_101937.jpg ソエト地区にあるマンデラ元大領の元住居。

 ソエトは、アパルトヘイト時代に多くの黒人たちが、ヨハネスブルグから強制移転された地区で、実際にマンデラ氏がここに住んだ期間は短い。

 近くにツツ主教の住んだ住居もあって、2人ものノーベル平和賞受賞者が住んでいた町は珍しいとされる。


f0066555_10254181.jpg ヘクター・ピーターソン(ソエト蜂起の時に殺害された少年)記念碑

 1976年、南ア政府はすべての黒人学生にアフリカーンス語を学ぶように強制した。
 アフリカーンス語は、イギリスとともにもうひとつの特権階級であったオランダ系のアフリカーナーの言語だったため、これに反発した学生のデモに対し警官が発砲、死者は176人に達した。

 抗議行動は間もなく鎮圧されるが、その後も続く衝突により経済は混乱し、南アフリカ政府を危機に陥れた。



 今回の旅行の大きな目的の一つが、満開のジャカランダの花を見ること。
 その一面のジャカランダを見られるというのが、プレトリアだということだったが、残念ながら季節的にプレトリアではもう終わりだという。

 南半球ではジャカランダ前線は北から南へ下がってくる。 ヨハネスブルグでなら、少しなら見られるという。

f0066555_10593186.jpg ヨハネスブルグの住宅街に咲くジャカランダ並木。

 中南米が原産とされるが、私が始めてみたのはスペインだった。

 色が異なるがサクラにも似ていて、ハワイに移住した日本人にも愛され、ハワイザクラの異名もあるとか。


f0066555_1110090.jpg あいにくの雨が残念だが、地面に散り敷いた花びらを見ると、いっそうサクラっぽい。




f0066555_11131513.jpg

 さらに「珍しい白いじゃガランだがある」と。

 この花はタネでは増えず、接ぎ木で増やすそうだ。
 そのあたりもソメイヨシノと同じで、ますます日本のサクラのよう。



f0066555_1624308.jpg 【スタークフォンテン洞窟】

 1947年、この地域の石灰石の採掘場から、類人猿の頭蓋骨が発見された。
 当初は中年婦人、ミセス・プレスと名づけられたが、後に若い男性と判明。

 気楽な観光旅行のつもりが、こんな学術的な場所まで来てしまい、ちょっとびっくり。


f0066555_16403070.jpg 1974年にエチオピアからほぼ全身に近い類人猿の骨格、「ルーシー」が発見され、人類発祥の地として東アフリカに注目が移る。

 今世紀に入りこの地で貴重な発見があり、再び南アフリカが注目を集めている。
 スタークフォンテン地区は、「人類のゆりかご」として世界遺産に登録。


 f0066555_17222553.jpg その洞窟の近くの木に不思議な鳥の巣を発見。

 枝の先に虫かごのようにきれいに編まれた巣がぶら下がっている。

 はじめは「何かな?」と見ていたところ、小鳥が飛んできてここに留まる。
 分かりにくいが、巣の左に黄色い小鳥が。



f0066555_17311844.jpg 【プレトリアのユニオンビル】

 いよいよプレトリアに。
 ここはヨハネスブルグやケープタウンよりは治安がいいのか、ガイドからも外出を止められなかった。

 夕食まで少し時間があり、雨も上がったので、少し散歩に出る。
 ホテル近くの大きな公園の背後にあるユニオンビルには、大統領府などの行政機関が入る。


f0066555_17405794.jpg 大統領府の前に建つ巨大なマンデラ元大統領の像。

 マンデラ氏は今も多くの人々から敬愛されているようだが、続く二人の大統領はいくらか評価が低い。
 自分の出身部族に利益を誘導しているというのが、その理由だ。
[PR]
by t_ichib | 2014-11-11 08:42 | 今日もまた旅の空
南アフリカ旅行④ 嵐の岬?
 今日の観光のメインは、喜望峰。

 行ったことはなくともケープタウンなどとともに、目にし耳にしてきた地名だ。
 どんな所なのか楽しみにして来た。


f0066555_11253954.jpg その途中で、ハウトベイという小さな漁村に立ち寄り、そこから船に乗り換えアザラシを見に行く。

 小さな貧しい漁村と言う説明だったが、露天でお土産品を売る人たちも見かけ、「それなりの恩恵もあるのでは?」と聞くと、「あの人たちは、不法移民の外国人」とのこと。

 今まで観光地で、路上に品物を並べる人たちを良く見かけ、地元の人と思い込んでいたが、中にはこういうケースもあったのかな?と。


f0066555_1137964.jpg アンジェラさんがアザラシとオットセイの違いを教えてくれた。

 アザラシは歩くのが苦手で、陸上では這って歩く。
 オットセイは左右の手を交互に動かし、上手に歩ける。
 水族館などでいろんな芸を見せるのはアシカを含むオットセイの仲間。


f0066555_1152274.jpg 旅行社の案内には、「シール(=アザラシ)・アイランドにオットセイを見に行く」となっていた。
 アンジェラさんの話を参考に、ちゃんと訂正して欲しいな。

 岩の上でのんびり昼寝をしている姿は「ぐうたら」というイメージだが、えさを採るためか荒い波間で、泳いだり潜ったりもする。


f0066555_12394091.jpg ハウトベイを後に、さらにドライブ。

 このあたりは眺めも良く、ニッサン・トヨタなどもここでCMを撮ったこともあるそうだ。

 その一方でここから転落し、奇跡的に一命を取りとめたドライバーもいる。

 その車は欧米の名車で、そのメーカーが「わが社の車だからこそ、無事だった」と宣伝し、対抗するメーカーは「わが社の車なら、転落しない安全設計」と宣伝したのだとか。

 景色は良いが、そんな話を聞くとちょっと怖い。



f0066555_12482316.jpg 喜望峰に近づくと、車窓には荒地としか思えないような風景が続く。

 しかしここもケープ植物保護地域の一部で、何百・何千の植物種の宝庫。

 黄や赤の花の塊が随所に見られ、後方の白い岩のように見えるものも、菊の仲間の花の群生だったりと。

 時おり、シカやサルの群れも見え隠れする。



f0066555_137693.jpg 【喜望峰】

 喜望峰という名からイメージする、春のようなうららかな地とはかけ離れ、この看板の前で記念撮影しようとしても、強風で転びそうになる。

 はじめてこの地に来たポルトガル人たちは、このあたりの海流の激しさから、ここを嵐の岬と名づけた。
 しかし、この航路は香辛料貿易の新たなルートとなったため、ポルトガル国王が「喜望峰」という名に改めさせた。

 そこに来たこともない人が、そこの「地名をつける」なんてことも、けっこうあったことなのかもしれない。


f0066555_1322219.jpg 喜望峰はアフリカ大陸の最南端ではない

 ...知らなかった。
 最南端は50Kmほど離れたところにあり、正しくは最南西端。

 しかも喜望峰付近には、小さな岬が3つもあり、古い灯台の建つこの岬はケープポイントと呼ばれる。


f0066555_1335015.jpg 旧灯台のところまで登り、下を見下ろす。

 灯台までの坂道はコンクリートで舗装されているが、強い風に吹き付けられ危ない。

 下りは舗装されてはいないが、風下側の安全な道を選ぶ。


f0066555_13405120.jpg その下り道の途中で、新しい灯台が見える。

 元の灯台のほうが高い所にあるのだが、霧が多いため岩場に座礁する船が絶えず、新たな灯台が築かれた。

 新灯台には、観光客が近づけそうなルートはなさそうだった。



f0066555_1353538.jpg 喜望峰からの帰り道には、ボルダーズビーチに立ち寄る。

 ボルダーズは年間6間人の観光客が訪れるペンギンの生息地。

 ペンギンを保護するため、観測通路や人工の巣箱などが設置されている。


f0066555_1421819.jpg 写真中央左寄りに、ボロボロの汚く見えるペンギンがいるが、これはひな鳥。

 もうすぐ毛が生え変わる。

 種類はケープペンギンというのだが、騒がしい鳴き声からジャッカス(ロバ)ペンギンとも呼ばれる。



f0066555_14163278.jpg 市内に戻り、ケープタウンの最後の観光になったのが、カラフルな家々が立ち並ぶ通り。

 ただ珍しいからと、写真撮影しただけだが、幼児が積み木を並べたような家。
 住み心地は、色とは関係ない?


f0066555_14224367.jpg 「この家の欠点は、車庫がないこと」と、ガイドのアンジェラさんが言うが、道路には駐車の区画を示す白線が引かれている。

 だったら、駐車違反ではないらしい。
 屋根はなくとも近くに車が置ければ、都会では御の字。
[PR]
by t_ichib | 2014-11-10 09:44 | 今日もまた旅の空
南アフリカ旅行③ 今日の世界遺産は監獄島
f0066555_16152031.jpg 今日の観光へのスタートはウォーターフロントから。

 写真は、その中心にあるクロックタワー。

 港を出入りする船舶の管制塔だったが、現在はもっと新しい施設がその役目を担っている。


f0066555_2123312.jpg 船に乗り換え、世界遺産:ロベン島に向かう。

 ロベン島は17世紀の終りごろ、当時ここを支配していたオランダにより、植民地の政治犯を収容する監獄として使われた。

 島の周囲を流れる海流は激しく、脱獄は困難だったとか。

 アパルトヘイト政策の時代に、当時の南アフリカ政府によりマンデラ元大統領など、多くの政治犯が収容され、負の遺産として世界遺産に登録。


f0066555_2211284.jpg いよいよ、島に到着。

 次々に島に着く定期船の観光客は、何台かのバスに分かれガイドに案内される。

 ガイドはパブリックと呼ばれる公式のガイドと、プライベートと呼ばれる元受刑者のガイドとがある。
 私たちは、たまたま数少ないプライベートのガイドに。


 反アパルトヘイトの指導者といえば、マンデラ元大統領の名くらいしか知らなかったが、ここでローバート・ソブクウェの略歴を聞く。

 彼が議長をしていたPACは、黒人に身分証明書を常に携帯するよう義務付けた「パス法」に対する抗議行動を起こす。

 警察署の前まで出かけ、身分証明書を投げ捨て「逮捕せよ」と迫るというものだった。
 それに対し、警察が一斉射撃を行い69名の死者が出たのが、「シャープビルの虐殺」だった。

 この後、PACもマンデラ氏の属していたANCも非合法化され、両氏とも投獄される。
 が、この事件により反アパルト運動は大きく前進していく。



f0066555_2241019.jpg 囚人たちが強制労働させられていた石切り場跡

 当初は、島の施設の建設や、細かく砕いて道路の舗装に用いられたが、後には使用目的のない無益の労働だった。

 写真中央の四角に切られた穴は、暑い時の休息場所だったが、政治犯たちはここで政治権力を取り戻した後の構想を練っていた。
 ガイドは「最初の国会」とジョークを飛ばしていた。


f0066555_2251242.jpg 写真のような抑圧する側の建物やテニスコートなども残され、島全体が博物館となっている。

 収容施設は当初は刑事犯なども一緒だったが、後に政治犯の思想が広がるのを恐れ、いくつかの施設に分離された。

 島からはテーブルマウンテンが眺められ、「世界遺産の中から、別の世界遺産が見られる唯一の場所」と、ガイドの自慢。


f0066555_232409.jpg いよいよマンデラ氏が収容されていた独房へ。

 マンデラ氏は釈放された時は別の監獄にいたが、あわせて27年もの間、収容されていた。

 政治犯の待遇も国際世論の高まりにより徐々に改善され、後には通信教育などを受けることができるようになった。

 政治犯たちは権力を取り戻した時には、そうした知識は必要だと認識していた。


f0066555_23114070.jpg 政治犯たちの独房の横の広場。

 そこに掲示されていた写真により、政治犯たちはここで石を砕くなどの単純作業をさせられていたことが分かる。

 マンデラ氏の目は石灰石の粉などにより悪化し、大統領就任後彼の写真撮影はフラッシュ禁止だった。



 ロバート氏のPACが、「白人を排し黒人による政権を」というものだったのに対し、マンデラ大統領は白人との融和を説いた。
 そのことが、流血を伴わない平和な政権移行となったのだろう。

 そのことにより、政治犯たちが受けた迫害という重苦しい思いから、少しほっとすることができる。



f0066555_8281538.jpg 監獄島の見学を終え、ウォーターフロントへ戻る。

 ここは港としてだけでなく、カフェなどの飲食店が多く、またお土産屋やスーパーマーケット、ブランド品のショップなどの商業施設となっている。

 私たちはここで昼食、ワイナリーへと出かけた後、もう一度ここに戻りお土産などのショッピング、さらに夕食もここ。

 何年か後に再びケープタウンに来たとしても、ここだけは記憶に残っているかもしれない。


f0066555_8403238.jpg ここで再び、優れものを見つける。

 船が通る水路にかかる歩行者用の橋。
 勝鬨橋のように上に持ち上がるのでなく、対岸の一ヶ所を支店に水平に回転する。

 歩行者が渡っていないのは、ちょうど今もとの位置に戻った直後。

 普通に渡れていたら、この仕掛けに気がつかなかった。


f0066555_8472557.jpg ワイナリーに向かうバスの車中より撮ったテーブルマウンテン。

 テーブルクロスも、しっかりと写っている。

 「今日は風が強くなるから...」というガイドの予言どおり、この後強風のためケーブルカーは運航停止。
 そればかりか、翌日にはロベン島への定期船も強風で休止。


f0066555_857036.jpg ワイナリーの写真を撮っていないので、その近くのブドウ畑の写真を。

 ウォータフロントに戻って以降、空に浮かぶ雲の形を「日本ではあまり見ない形だね」と言い、しきりに雲の写真をとっている人もいた。

 ワイナリーで少しと、ウォーターフロントのスーパーで少しお土産を買った後、ガイドのアンジェラさんの案内で、タバコの吸えるカフェへ。
 彼女もかなりの喫煙者、お酒もいけるので私より数段上。

 ただしコーヒーの味は想定外、今回の旅行では食後にコーヒー紅茶が出されることが多かったが、そちらのほうが何倍も上。


 口直しに、小高い山の上からの美しい夜景を。
f0066555_917934.jpg

 ただしここに向かう道は、舗装も悪く、狭いところもある坂道。 ハラハラドキドキの往復であった。
[PR]
by t_ichib | 2014-11-09 12:37 | 今日もまた旅の空
南アフリカ旅行② 一つ目の世界遺産
 ケープタウンで出迎えてくれたガイドは、日本語が堪能なアンジェラさんという白人女性。
 ワインと植物について詳しく、アルコールがまったくダメな私たちに息子へのお土産の相談にも乗っていただいた。

 日本語が達者だが当初日本に来た時には、「当然英語が通じる国」と思ってきたそうで、それからの猛勉強で話せるようになったとのこと。
 今も毎年のように日本に来ているそうだ。 観光ではなく、仕事で。


f0066555_9273261.jpg 【テーブルマウンテン】

 この写真は実は翌日、ウォータフロント側から撮ったもの。
 空港からケープタウンに向かう側からでは、この山の背後から近づくことになるので、あまりテーブルらしくない。

 そして山頂を覆う白い雲、地元ではこの雲をテーブルクロスと呼んでいるそうだ。


f0066555_9372366.jpg テーブルマウンテンにはケーブルカーで上る。

 このケーブルカーは優れもので、内側のフロア部分が回転する。

 登り降りの短い間とはいえ、どの位置に立っても不公平なく周囲を見渡すことができる。


f0066555_9455992.jpg テーブルマウンテンに登ると、珍しい生き物をいくつか目にした。

 このトカゲは名前も分からないので、アフリカ固有のものなのかどうか。
 ちょっと珍しい色だったので。


f0066555_104557.jpg ガイドの説明によれば、こちらは南アフリカの固有種らしい。

 ダシ(Rock Dasiie)という名で、見かけは太ったネズミのようだが、象の仲間と言う説明を受けビックリ。

 写真のように、大きな岩の上での日向ぼっこを好むようだ。


f0066555_10243859.jpg 一見カラスのようにも見えるが、ムクドリの仲間だとか。

 大きさもからすよりずいぶん小さく、泣き声もかわいらしい。
 飛んでいるときは下の方の茶色の部分が目立ち、きれいに見える。



f0066555_10284271.jpg 【カーステンボッシュ植物園】

 「世界遺産:ケープ植物区保護地域群」の中心。

 もっとも、世界遺産の保護地域はここだけでなく、テーブルマウンテンも、更に翌々日に向かう喜望峰までを含む広い範囲であるらしい。


f0066555_10314822.jpg 世界の植物群は6つに区分されるが、第1群が北半球の熱帯を除く大部分を含む広大面積なのに較べ、第6群は地球のわずか0.4%に過ぎない。

 左の図の赤い丸で囲まれた範囲がそれで、フィンボスとも呼ばれている。

 5000種の固有種を含む8000種の植物は、熱帯雨林の多様性を上回るという。


f0066555_1946274.jpg 植物園に入ってすぐに目につくのが、ネルソン・マンデラ元大統領の肖像の入った看板。

 マンデラ氏の肖像を見て、改めて南アフリカがアパルトヘイト政策により、長い間世界から孤立していたことを思い出す。

f0066555_2043724.jpg 看板の内容は、左の写真の花の説明のようだ。

 極楽鳥花の一種のこの花は、元大統領の名にちなんでマンデラ・ゴールドと名づけられた。

f0066555_20383682.jpg 植物園の中でも、いくつもの珍しい生き物を見られた。

 これはエジプトガンの親子。

 芝生に広がるいくつかの敷物は、ここでピクニックを楽しむ人たちのもの。
 ここは広々としているし、花々も美しく家族で遊びに来るには絶好の場所。


f0066555_20591235.jpg ホロホロ鳥。

 草の陰で、しかも2羽重なっているので少し分かりにくいが。
 実はこの数日後、ジンバブエでこのホロホロ鳥の料理をいただくことになる。


f0066555_2126928.jpg ガイドのアンジェラさんは植物に詳しい、この植物園では本領発揮で親切な説明をしてくれる。

 この花は来る途中の道にも、テーブルマウンテンでも見た。
 いくつもいくつも教えていただくので、聞いたそばから忘れてしまう。

 この花の名も3度目にやっと覚えることができた。
 ピンクッション、確かにまち針をいっぱい刺した「針山」、赤やピンクなどの色も有った。


 この小さな花に止まっている小鳥がいた。
 動きが早すぎてシャッターチャンスを逃してしまったが、花の受精を助けているのだそうだ。


f0066555_223889.jpg もう一つやっと覚えられたのが、キングプロテアという大きな花。

 南アフリカ原産で、南アフリカの国花になっている。

 他に覚えたのは、エリカというかわいい花。
 他の地区ではわずか26種しかないのに、このフィンボスでは600種もあるというから、この地区の多様性に驚く。


 南アフリカに来るまでは、ビクトリアの滝とジャカランダの花、それと喜望峰のことくらいしか予備知識がなかったが、この世界遺産はすっかり気に入った。


 そのジャカランダの紫色の花は、ケープタウンでも何度も見かけた。
 ただ、ジャカランダは外来種なので、世界遺産の指定を受けた後は、新たに植えられないよう規制されていると言うこと。
[PR]
by t_ichib | 2014-11-08 09:12 | 今日もまた旅の空
南アフリカ旅行① いつもながらの長い旅
 このところ、ブログへの投稿は旅行記ばかりとなってしまっている。
 もっともっと「日常のことを」と思いつつも、パソコンに向かうのが億劫になっている。

 せめて「楽しんできた旅行の後だけでも」と、自分にプレッシャーをかけて、数ヶ月ぶりのブログに。


 中部空港に集合し、添乗員に「今回の参加人数は?」と聞いたところ、「今お集まりの7名です」と。
 たしかこのツアーは「最少催行人数が15名」だったはず。

 「えっ」と絶句した後、「エボラ出血熱の関係で、キャンセルが...」と納得。


 今回の旅は、香港で乗り継ぎヨハネスブルグ、更にケープタウンに向かう。 その後ふたたび、ケープタウンからザンビア・ジンバブエ・ボツアナで、ビクトリアの滝や野生動物を目にする。

 ガイドの説明によると、以前はこの逆に回るのが普通だったが、南アフリカ政府がザンビア方面などから入国する場合には、「黄熱病の予防接種」を必要としたため、コースが逆になった。



f0066555_2171546.jpg 香港からは、南アフリカ航空の飛行機に乗り換える。

 香港までが3時間半、ここからヨハネスブルグまでは13時間半、さらにケープタウンまでが2時間。
 適当にうつらうつらしながらも、文庫本を2冊読了。 実に長い。


f0066555_2117474.jpg ケープタウン空港では、気の早いクリスマスツリーに出迎えられる。

 南半球では季節は初夏、ちょっと不思議な気のするクリスマス。 ・・・かな?

 実際にはヨハネスブルグ着が翌日の朝、ケープタウンは翌日の昼になっていた。

 さっそく2日目の観光に出発。
[PR]
by t_ichib | 2014-11-07 20:04 | 今日もまた旅の空