マレーシア旅行① 出発~世界遺産マラッカ
 9月以来、久々のブログ投稿となってしまった。

 なんとなく億劫になっていただけで、別に寝込んでいたわけではない。 (年末に孫たちからありがたくない贈り物=ノロウイルスをもらってしまい、2日ほどダウンはしたが)

 10月には7度目となる北海道にも出かけ、たまたま奥尻島にいたころに台風が近づき、「島から帰れなくなる?」との心配したこともあった。



 朝早い出発だったため空港内のホテルに前泊し、1月17日に中部空港を出発。 香港で乗り継ぎクアラルンプールに到着。 プトラジャヤまでバス移動しホテルに。

 直行便のある東京・大阪なら、もう少しユッタリできる出発か、あるいは初日に少し観光が加わったのに…と、路線が減る一方の中部空港に悲哀を感じる。

f0066555_910372.jpg 【プトラジャヤのホテル】

 プトラジャヤという(私にとって)聞き覚えのない地名は、マレーシアの行政の新首都
 (商業の首都はクアラルンプール)

 経済関係を除く行政機関はすべてここに移転したというのだが、周辺はホテル・ゴルフ場のほかには、民家もあまり見かけない「郊外」といった雰囲気。


 マレーシアは日本と比べ、四国分少ない国土、5分の1くらいの人口。
 人口の半分を占めるマレー人、4分の1弱の中国人、先住民、インド人、その他と続く多民族国家。

 国の財政を支えるのは、スズや原油などの鉱物資源(産油国なので、ガソリンは1リットル60円くらい)、油ヤシや紅茶の栽培などを含めた農業(暖かいので米は2年で5回の収穫)、観光業などの順。

 マハティール大統領の時代に工業化に成功し、GDPは東南アジア第2位。 経済の発展で人手不足の状態にあり、ネパール・バングラデシュなどからの出稼ぎ労働者も多い。


 国教はイスラム教だが、宗教の自由が認められており、各地で仏教寺院・ヒンズー寺院・キリスト教会を見かけた。

 ただし、イスラム教徒は女性の服装など厳しく戒律を守っており、飲食物は中東以上と思ってしまうほど。
 日本のしょうゆなどは、わずかにアルコールが含まれているからダメとか。



 旅行2日目からいよいよ観光開始。
 バスで2時間ほど揺られ、マラッカに向かう。

f0066555_9541724.jpg 【マラッカ海峡】

 行ったことはなくともマラッカ海峡の名は知っていた。 知らなかったのは、この海岸近くの海が泥海だってこと。

 写真の海が青くないのは空が曇っていたからではなく、泥の色だから。
 地元の人もこの海では泳がない。


 海峡を望むこのあたりは「ポルトガル広場」と呼ばれる。 (何にもないけど)

f0066555_104527.jpg 【ポルトガル広場近くの住宅】

 広場の名のいわれは、最初にヨーロッパからやってきたポルトガル人がこのあたりに住み、今もその末裔たちがここに暮らすから。

f0066555_1064228.jpg その家々の玄関の上には、キリスト教徒であることを示すように、キリストの像や絵が必ず掲げられている。


 スマトラ島との間の狭い海峡は、見ている間にも何艘もの船が通過していくが、海岸には何のモニュメントもなく、ただ海を眺めたというだけで…。


f0066555_10145870.jpg 【マラッカ旧市街】

 昼食後、マラッカの旧市街を散策。
 ジョンカーストリートは骨董品街という意味だそうだが、その名に反し今は飲食店・土産物屋のほうが多い。

 マレーシアでは旧正月が近く、通りに吊るされた赤いちょうちんはその飾りつけ。

 古い通りなので一方通行になっているが、その上にこんなに車が駐車している。
 大きな観光バスがここを通るが、交差点を曲がるときなどはヒヤヒヤする。

 町で見かける車には、トヨタ・ホンダなど日本車が多く、ダイハツとの合弁企業プロドゥア社の車などを加えると、半数近いのではと思うほど。



f0066555_10265952.jpg 【青雲亭】


 お寺らしからぬ名だが、れっきとしたそしてマレーシア最古の仏教寺院。

 元々町の人々が寄り集まる場所だったここに、後にお寺が建ち名前だけを受け継いだ。
 左側には海運を司る仏様がいるなどは、マラッカらしいかと。



f0066555_10365312.jpg 【オランダ広場】

 植民地だったマレーシアはポルトガル⇒オランダ⇒イギリスと支配国が変わったが、そのオランダ時代の建物がこの付近に多く残る。

 広場の中心のこの噴水の台座に刻まれたレリーフは、そのあとの英国女王の横顔。


f0066555_10421428.jpg 【同じくオランダ広場の周辺】

 近くにはオランダらしい風車などもあったが、それはきっと観光用。 (必要性もないし)

 赤いオランダレンガで建てられた質素に見えるキリスト教会には、豪華な装飾の石造りのカテドラル同様の歴史的価値があるのだろうと。


f0066555_1056913.jpg 【セントポール教会】

 ポルトガル時代のこの教会には当然屋根があったのだが、今は壁だけが残されている。

 この教会は日本史でおなじみのフランシスコ=ザビエルとは縁がある。

 日本での布教を終え、中国で亡くなったザビエルの遺体は本国に向かったが、ここで季節風の風向きが変わり、再び船旅ができるようになるまでここに数ヶ月安置された。

 教会のそばにザビエルの像が建つが、後に聖人となったとはいえ、彼の名は日本以外でも有名なのだろうか?


f0066555_11681.jpg 【サンチャゴ砦】

 実はオランダ広場、セントポール教会、サンチャゴ砦は歩いて回れる近さにあり、この写真も教会から降る途中で撮った。

 同じくポルトガル時代のこの砦の城壁は丘全体を取り囲むほど広いものだったが、イギリス時代に取り壊され、この門だけが残されている。



 マラッカの観光を終え、クアラルンプールまで戻りそこで夕食。 宿はプトラジャヤに連泊。

f0066555_11151285.jpg 【クアラルンプールのスズ採鉱跡の湖】


 夕食レストランのすぐ横に広がる湖(というよりは大きな池)は、スズを露天掘りにした後にできたもの。

 クアラルンプールの観光は明日だが、たまたま目にした光景と、その成り立ちが面白かったので。
[PR]
# by t_ichib | 2014-01-18 08:51 | 今日もまた旅の空
南米旅行⑧ リマ市内観光、そして帰国
 今日の観光はつけたし程度、車窓から市内の何ヶ所かを見て、【世界遺産:リマ歴史地区】を1時間ほど散策する程度。



f0066555_8481416.jpg 【三輪タクシー】

 ペルーは地球の裏側ほど日本から遠いのに、意外に日本車を多く見かける。

 車窓から撮ったので写りが悪いが、東南アジアなどで見かける「ツクツク」みたいな車。
 ガイドは日本の「ホンダが作っている」と言っていたが。



f0066555_952420.jpg 【アルマス広場:リマの大聖堂】

 インカ帝国を滅ぼし、ペルーを征服したフラシスコ・ピサロの棺がここに納められているという。

 リマ歴史地区の中心であり、ペルーのカトリック信者の拠りどころとなっており、大統領もここのミサには参列すると言う。



f0066555_923586.jpg 【大統領府】

 征服者ピサロがかって住んでいた住居が、現在の大統領府となっている。

 ピサロに対するペルー国民の思いは複雑なようで、かってどこか(リマ? クスコ?)に建っていたピサロの銅像が、国民感情に合わないと言う理由で撤去されたという反面、棺が安置され、住まいが大統領府となっている。


f0066555_9362630.jpg 【大統領府を守る衛兵】

 この少し前に衛兵交代の儀式が行われており、車窓からチラッとだけ見えた。
 口の悪い人から「ダレている」との声が出るほどで、イギリスや台湾などのように観光の目玉になるようではない。

 さすがに大統領府なので敷地内だけでなく、周囲の路上にも警護に着く兵士の姿も見られる。


f0066555_943395.jpg 【リマ市庁舎】

 これも当時のスペイン人の住まいだったものを市庁舎にしている。

 特徴のあるバルコニーは、その婦人や令嬢の姿が外から見られず、中から外が見えるようになっているとか。

 大聖堂・大統領府・市庁舎などはアルマス広場を取り囲むように建っており、広場を中心に町が広がっていくヨーロッパ風の町づくりが、リマにも持ち込まれているな。




 その後、リマを出発、LAのホテルに着く。 (ここで、「オリンピック東京開催」のニュースを聞く)
 1泊した後、さらに成田へ。 途中日付変更線を越えるので、


 成田着は9月9日、10日間の日程を終了。

 この旅行で飽きるほど飛行機に乗った。
 特に名古屋出発の私たちは、名古屋=成田、成田=LA、LA=リマ、リマ=クスコ、リマ=イグアスと、平均すると1日1回は乗っていた。(ピスコのセスナを除いても)
[PR]
# by t_ichib | 2013-09-07 20:39 | 今日もまた旅の空
南米旅行⑦ ナスカの地上絵
 今日の観光はナスカの地上絵のみ。
 朝7;00にホテルを出発し、4時間ほどかけてピスカという町に着く、そこからセスナ機に乗りナスカ上空を目指す。


f0066555_1173087.jpg 【沿道に続く砂漠】

 今日明日の2日間のガイドは、日系のペルー女性。 そのガイドが「今日は砂漠地帯に、向かいます」と。
 その通りに、進行方向左に砂漠が連なる。 (右手側は海岸線)

 写真の左の建物はセメント工場、砂漠を利用してこの後もいくつもの工場を見かける。



f0066555_11292393.jpg 【不法占拠の街】

 少し時間を戻って、リマの郊外あたりでガイドが「左に続くのは、不法占拠の街です」と。

 不法占拠といっても、元々は誰のものでもない土地(あるいは国の?)で、20年間をそこに住み続ければ所有が認められる。

 見るとなかなか立派な家もあり、すぐには納得できなかった。



f0066555_11373282.jpg 【占拠し始めたばかり?の家々】

 ①丸太4本とムシロさえあれば、とりあえず雨露をしのげる。

 ②国道近くなので、バスなどを利用して働きに出かけられる。

 ③少しお金に余裕ができれば、もっとマシな家に改築する。

 以上がここに住み(不法占拠)つく理由だ。
 そして、教育は無料なので、子供を学校に通わせられる。

 ここに来るまでに、もう少し発展した「占拠集落」も見てきた。
 家々の間に道路ができ、電気が通る

 水道がひかれるのには時間がかかるだろうが、水売りが来ると言う。
 水はバケツなどにためるが、やがて屋根の上に水タンクを持つ家になる。


 「不法占拠」という言葉の悪さに反し、説明するガイドの口ぶりにもそのたくましさを肯定するニュアンスがある。

 中南米の各国とも、「そんな風にして町ができてきた」という。
 私が行ったことがあるのは、ほかにはメキシコだけだが、たしかにそんな雰囲気の町を見かけた。

 国も道路を作るなどをしているようで、将来の労働力・納税などに期待しているのでは。



f0066555_1331494.jpg 【砂漠地帯に緑】

 砂漠地帯とはいえ、海流の影響で1年中穏やかな気候なので、人口の多くがこの地方に住む。
 砂漠を流れる川の流域などでは、農業が営まれこうした緑が出現する。

 この地方は日本人移民が最初に入植した地でもあった。
 各国の移民たちが持ち込んだ農作物などが今も根付く。 中国からミカン、日本からカキなど。




f0066555_13374586.jpg 【ピスカから乗り込んだセスナ機】

 ピスカに着くとまず昼食、その後搭乗を待つ。

 ピスカは国際空港なので、(既に? この先のこと? とにかく今は飛行場の中は滑走路などの工事中)搭乗手続きにパスポートが必要。

 わずかだが空港税が徴収される。 機長へのチップも、こちらは国際空港らしくない。



f0066555_1346201.jpg 【上空からの眺め】

 搭乗したセスナは2タイプ、左右1席づつのシートがあるのと、左に1席右に2席のもの。
 真ん中になった席は少し見づらいはず。
 ここでも私たちはクジ運の悪さを発揮。 (良かったときのことは覚えていない?)


 ピスカからナスカ上空までは、行き帰りに30分づつ。 ナスカの地上絵の観賞が30分。

 添乗員から「最初は目が慣れないので、なかなか見つけられない。 まず目を鳴らすこと」、「右からも左からも見えるように、同じ所を旋回してくれる。 あまり左右に首を動かすと、乗り物酔いしてしまう」などの細かな注意が。


f0066555_1415456.jpg 【宇宙人】

 岩山に立つ。 これは比較的見つけやすかった。



f0066555_1433244.jpg 【ハチドリ】

 左斜め下向き。 分かりやすい方。



f0066555_1443156.jpg 【コンドル】

 分かりにくい。 頭は右斜め上を見上げ、左上から右下に翼を広げる。
 左下に足が伸びる。



 吹く機長の女性がカタコトの日本語で、「ミギ、ハネ(翼)のシタ、サル」などと教えてくれるのだが、見つけられないものも多かった。

 せっかく見つけられても、カメラが間に合わなかった利で、何とか撮影できたのは上の3枚のみ。


 この写真を見る人たちには、何とか目が慣れて見つけていただけるだろうか?
[PR]
# by t_ichib | 2013-09-06 21:01 | 今日もまた旅の空
南米旅行⑥ イグアスの滝(アルゼンチン側)
 今日は陸路をバスで、アルゼンチンとの国境を越える。
 日系ブラジル女性のガイドと添乗員とで、私たちから集めたパスポートを持って、出国・入国の手続きに走る。

f0066555_19544783.jpg 【ブラジル側税関】

 本来税関は撮影禁止なのだが、特に「アルゼンチン側は厳しいので、絶対に...」とガイドから。
 ブラジルはいいと言われたわけではないが。

 日ごろの募る恨みからか、「アルゼンチン側は手続きに時間がかかる。 急いでいると言うと、わざと遅くされる」などと。

 アルゼンチンの通貨は以前ドルに対し1:1くらいだったのに、今は5:1くらいまで下がっている。 経済不況が原因だが、一向に本気で対応しようとしない。
 それというのも、他の南米各国と違い白人の比率が多く、プライドが高いからだ。 だから、他の南米諸国からは好印象をもたれていない。

 ・・・と、いいたい放題が続く。


f0066555_2038354.jpg 【国境をつなぐ橋】

 ブラジルの税関とアルゼンチン側の税関との間の国境の橋、中央からそれぞれの国の国旗の色に塗り分けられている。

 下を流れる川がイグアス川で、橋の名前に少し以前のブラジル大統領の名が付けられている。
 それはブラジルが「橋の建設費を出したからだ」と、声が少し得意そう。



f0066555_20531545.jpg 【公園内のトロッコ列車】

 駅は入り口側の中央駅と中間駅、先端駅の3つだけ。

 どういうわけか、行きは中間駅で列車を乗り換え。 帰りは先端駅から中央駅まで直行。

 帰りは「途中で降りないで!」などと、細かい指示が。



 先端駅から滝展望台までは、(川幅が広いため)長い遊歩道というか、長い橋が続く。
 その途中で川の中の小さな島や林を抜ける。 そこにいろいろな花・虫・鳥がいて、目を楽しませてくれる。 おかげで滝までの遠さを感じない。

f0066555_21164596.jpg 【最もポピュラーな鳥】

 餌付けされてしまっており、観光客が手にするお菓子などの餌を、ぴゅ~っと飛びながらさらっていく。

 カモメみたいだが、こちらのほうがかわいい。


f0066555_21212074.jpg 【じっと動かないワニ】

 うっかりすると見落としてしまいそうな所にいたが、前の観光客がカメラを構えているせいで気が付く。

 なんとも奇妙なことだが、尻尾だけを水の中につけた姿でしっと動かない。

 滝の見学を終えた帰りにも、ほとんど同じ場所に同じ格好で、「まさか作りモノ?」と疑ってしまうほど。



f0066555_2130893.jpg 【南米のツバメ】

 日本のツバメと少し違い、飛んでいるところを上から見ると、背中に鮮やかな青い筋がある。

 この鳥はクスコやマチュピチュでも見かけた。

 ここでは滝のしぶきの中を飛び交う。 エサとなる虫を追っているのか、あるいは滝の背後に巣があるのか?



f0066555_21354850.jpg 【これも日本では見かけない?蝶】

 飛んでいるところはとても撮れないので、止まっているところをソロリソロリと。
 気づかれないよう、逃げられないようにと。

 トロッコ列車に乗っているとき、もっと珍しくきれいな蝶がヒラヒラしていたが、当然撮れるはずがない。



 こうやって本当に広い川幅を退屈もせずに、「悪魔の喉笛」の上部にまでやってきた。

f0066555_21443040.jpg 【遊歩道の先端、いよいよ悪魔の喉笛】

 右端に連なっているのが今まで歩いてきた遊歩道、その先に白く舞い上がる滝のしぶき。

 少し手前に林があったせいか、あるいは前の人の背中ばかり見て歩いていたせいか、突然水しぶきの上がるこの光景が目に飛び込んできた。



 そしていよいよ【悪魔の喉笛】の真上に
f0066555_22524.jpg


f0066555_2222234.jpg 【展望台から右側:上流側】

 滝の下半分がしぶきで見えない。 (それでもツバメの飛ぶのが見えた)

 この滝をバックに何枚か記念写真を撮ったが、レンズが曇ったり水滴が付いたりで、満足な写真ではなかった。

 滝より上にいるはずなのに、舞い上がるしぶきで、髪も体も見る間に濡れてくる。

 カメラにとって、昨日今日の2日間で最も過酷な瞬間だった。


f0066555_2216029.jpg 【展望台より左側:下流側】

 本当は右手側の方が迫力があり、角度の違う写真を何枚も載せたいくらいだが、それではあまりにくどいので。

 少し劣るとはいえ、こちらの迫力も。

 この近くに船などが流されてきたら、右であろうが左であろうが「悪魔」からはのがれられそうもない。



 滝の観光を終え、公園内で昼食をとったあとに、アルゼンチン・ブラジル・パラグアイの3国の国境の観光へ。

f0066555_22495870.jpg 【3国の国境が接している地点】

 手前は当然アルゼンチン、対岸がパラグアイで間の大きな川はパラナ川。
 右上がブラジル、隠れてしまっているが間にイグアス川が流れる。

 なんとあの膨大な滝の水が流れるイグアス川は、パラナ川の支流。



 この後は、イグアス空港=リマ空港からリマのホテルへと移動。
 ホテル着は23:40、翌日は朝7:00出発と告げられる。 「ゆっくりお休みください」との添乗員の声が空々しく聞こえる。
[PR]
# by t_ichib | 2013-09-05 20:20 | 今日もまた旅の空