リンゴの街路樹
f0066555_20553578.jpg なんだか分かりますか。 そうリンゴなんですよ。
 近くの大垣市の街路樹は通りごとにハナミズキだったり、リンゴだったりするんです。

 最近近くを通りかかって、たくさんの実が付いているのを見つけました。 昨年のもう少し遅い時期に、赤い実がなっているのに気がつきましたが、こんなにたくさんだったとは思いませんでした。
 赤くなる前に自然に落ちてしまうのでしょうか。 それとも、赤く熟す頃には通りがかりの誰かが、味見をしてしまったのでしょうか。
 今年はその辺りを観察してみたいと思います。 それにしても、車が行きかう通りで実を付けるんですね。

 実は我家の庭にも、孫娘の誕生記念にリンゴを植えています。 実がなるにはまだまだですが、順調な成長をしています。
 知ったかぶりの友人に「3年間は剪定も何もせず、ほおっておけ」と言われています。 というわけで、ひたすら来年あるいは再来年を待っています。
 で、たった1個だけ実がなった時、誰に食べる権利があるんでしょう。 それどころか食べたりすることができるんでしょか。
[PR]
by t_ichib | 2006-08-20 21:24
<< 霧が峰高原の花 春音in京都&琵琶湖 >>