久々の能開同窓会
f0066555_17483159.jpg 私が退職した(3年前)直後、職安からの紹介で職業訓練として、東海能力開発大学校というところで、4ヶ月間パソコンの教育を受けた。 EXCELLは仕事でも使っていたが、WORDは使ったことが無かったので、受けてみることにした。
 最初はよそよそしさがあったが、さすがに4ヶ月も一緒に学んだ仲なので、終了時にはすっかり打ち解け、3ヶ月あるいは半年に1回くらい同窓会をしている。 勿論、再就職を果たして忙しく、あるいは新しい職場の方との交友の方が大事で、私たちの集まりには顔を出さない人もある。
 が、28名の同窓生のうち、17名は毎回ではないが顔を出してくれている。 これも、最年長のKさんのリーダーシップのおかげだと思う。

 直前に、幹事が都合悪くなり、そのKさんにお願いした。(私も少々のお手伝い) そしてKさんの在職中のコネで、岐阜の梅林公園のそばの中電の寮が会場。
 安い会費で美味しいお料理が味わえた。(私はまったくの下戸) お酒も美味しかったそうです。

 今回は出席者8名と少なく、同窓生の仲でも年配者のほうが多かった。(1人50才で、次に若い私が60才) 皆さんに聞いてみると、再就職された方も定年その他で辞められ、今も現役で働いておられるのは3名。 その代わり、現役の方は以前より小さい会社ながら、その経験を買われ工場長、営業所の責任者とバリバリに活躍されておられるので、私にもうれしく誇りに思える。
 今回はジジィばかりだったが、念のため付け加えておくと、ちゃんと女性も出席していただいているし、その仲には20代、30代の若い人も含まれている。 年齢も経歴も様々な私たちのこのグループが同窓会や、メールの交換などで交流を続けられることを驚きながら、楽しみにしている。
[PR]
by t_ichib | 2005-04-24 21:30
<< 春音とリンゴの花 赤坂お茶屋敷のボタンは >>